飛行機内のマスク着用と感染防止対策で安心・安全な旅を!ジェットスターの取り組みを紹介

「旅行に行きたい!」けれど、旅行に伴う移動や旅行中の感染対策を気にされているお客様も多いのではないでしょうか。新型コロナウイルス(COVID-19/以下コロナ)の感染防止対策をしながら、安心して旅行を楽しんでいだたくため、知っておいてほしい情報とご協力をお願いしたい感染症対策についてご紹介します。安心・安全に旅行を楽しんでいただくための「新しい旅のエチケット」として参考にしてみてくださいね。

飛行機内の感染症対策は
どうなっているの?

離陸してから着陸まで、数時間を機内で過ごすことになるので、客室内の空気やスタッフ、乗客同士の距離、感染症対策が気になる方も多いのではないでしょうか。まずは、飛行機内の感染症対策についての取り組みをご紹介します。

機内の空気の循環

機内の空気の循環

機内の空気は、常に機外から新しい空気を取り入れて循環しています。機内を循環した空気は機外へと排出される構造になっているため、機内の空気は約2~3分ですべて入れ替わります。

また、ジェットスターが運航する飛行機(A320型機)は、医療機関などで使用される高性能空気フィルター(HEPAフィルター)を搭載。これにより、0.3μmのサイズの粒子を99.97%以上捕集することができ、機内を循環する空気は高い清浄性を維持しています。

それに加え、機内の空気はすべて天井から床へ垂直に流れているなど、感染リスクは最小化されています。

客室の消毒

客室の消毒

その日のフライトを終えて各空港に駐機している夜間に、指定のアルコール消毒液とタオルを使った消毒を実施しています。テーブル、ひじかけ、窓などの座席周り、頭上のロッカー、トイレのドアノブや蛇口ハンドルなど、お客様の手に触れる部分をマスクと手袋を着用した清掃担当が念入りに消毒を行っています。

※機材繰りにより実施できない場合もあります。

スタッフのマスク着用

スタッフのマスク着用

お客様に安心してサービスを受けていただくため、また、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ジェットスター・ジャパンの地上係員およびキャビンクルーはマスクを着用しています。また、キャビンクルーは手袋やフェイスシールドを合わせて着用している場合があります。

お客様のマスク着用必須化

ジェットスターでは当面の間、ご利用いただけるすべてのお客様に対し、マスクの着用を必須としています。ただし、7歳未満のお子様や医療上または健康上の理由によりマスク着用が困難なお客様は対象外です。(医療上の理由でマスクの着用が困難なお客様は、事前にお申し出ください)
マスク着用が困難とみなされる例
● 呼吸困難や呼吸による胸や背中の痛みを伴う場合
● かぶれ、腫れ、痛みなど、外的な刺激を伴う場合
● 圧迫感、不安感、パニックに陥るなど、精神的な苦痛、感覚異常や神経過敏を伴う場合

医療上、または健康上の理由によりマスク着用が難しい場合は極力、会話をお控えください。また、会話・咳・くしゃみをされる場合は、ハンカチやティッシュで鼻や口を覆うなど、周囲のお客様へのご配慮をお願いいたします。

【マスク着用をお願いしているエリア】
チェックインカウンターエリアから到着ロビーまで 。

搭乗時に気を付けた方がいいこと

航空券を予約した後は、マスク着用や持ち物などルールの確認をしましょう。飛行機に乗る際のマスク着用のルールや、消毒関連の製品の持ち込み可否、密や混雑を避ける方法をご紹介します。

飛行機に乗る際のマスクは?

ワクチン接種後でも、空港・飛行機内は、引き続きマスクの着用が必須となります。マスクは、口と鼻を完全に覆うものを指します。フェイスシールドやマウスシールドなど、口や鼻を完全に覆うことのできない製品のみでの搭乗は認められません。これらの製品をご利用の場合でも、必ずマスクの着用をお願いいたします。

また、マスクを適切に着用しない場合、搭乗をお断りする場合がありますのでご注意ください。

【着用マスク例】
● 薬局やスーパーなどで販売されている「家庭用マスク」
● 医療用(外科・手術用)マスク
● ハンドメイドマスク

消毒関連の製品は持ち込んでもいいの?

消毒関連の製品は持ち込んでもいいの?

ジェルタイプの除菌剤など、直接肌につけるものについては、お持ち込み・お預けともに可能です。 ※現在、ほか除菌剤における制限はありませんが、今後変更となる場合がありますのでご了承ください。 ただし、ウイルス除去・除菌製品の多くは、主成分が二酸化塩素など腐食性物質(危険物)で構成されており、火傷などにつながることから、航空機での取り扱いが禁止されているものがあります。お持ち込みの前に、航空機内での取り扱いが可能な製品か否かを、必ず製造者にご確認ください。
安全性の確認ができない品物については当日お断りすることもあります。

なお、以下の製品は機内へのお持ち込み、およびお預けともにお断りしています。
【対象製品】クレべリン(置き型タイプ、スティックペン・フックタイプ)および、その類似製品

密を避けるには?

ジェットスターでは、ソーシャル・ディスタンスの確保を徹底しています。

一部空港のチェックインカウンターと搭乗ゲートには、ビニールシートを設置。足元の印に沿って並んでいただき、お客様同士の距離の確保にご協力をお願いしています。

また、乗降時や機内でお手洗いをご利用の際も、できる限りのソーシャル・ディスタンスの確保にご協力をお願いしています。

さらに、ジェットスターは人との接触を極力減らし、密を避けられる“ソーシャル・コンタクトレス”を実現しました。

スマホで簡単チェックイン

搭乗前は、スマホで簡単チェックイン。預ける手荷物がなければそのまま保安検査場へ進んでいただけます。

さらに成田国際空港・中部国際空港では、自動手荷物預け機を利用可能です。

手荷物の預け入れ

「オンラインチェックイン→手荷物のタグ発行→手荷物の預け入れ」という簡単3ステップで、有人カウンターに寄らずに搭乗できます。(一部例外あり)

まさに、ジェットスターの新しい空旅は「デジタル&セルフサービス」。感染リスクを減らしつつ時短もできる“ソーシャル・コンタクトレス”で安心な旅をお楽しみください。

▼ジェットスターの“ソーシャル・コンタクトレス”については以下をご確認ください。
https://www.jetstar.com/jp/ja/flycool-CP

混雑を避けるには?

北海道や沖縄・宮古(下地島)、四国3県、九州6県をつなぎ、国内15都市に運航しているジェットスターでは、密を避けて、かしこく、ちゃっかり楽しめる“避密(ひみつ)の旅”を提案しています。
旅行の時期を週末や連休から平日やオフシーズンに、そして観光を楽しむ時間帯を昼から早朝にずらす等、混雑や密を避ける工夫をしながら旅をもっと楽しんでみてはいかがでしょうか。

ジェットスターで行く避密の旅

▼ジェットスターで行く避密(ひみつ)の旅については以下をご確認ください。
https://www.jetstar.com/jp/ja/campaigns/himitsunotabi/

ルールを守って安心・安全な旅を楽しんで!

ルールを守って安心・安全な旅を楽しんで!

ジェットスターは、お客様に安心してご利用いただけるよう、スタッフのマスク着用と消毒を実施しています。また、オンラインチェックインやモバイル搭乗券、自動手荷物預け機など、デジタル&セルフサービスの“ソーシャル・コンタクトレス”で、安心・安全な空の旅をご案内しています。

航空会社はもちろん、空港やホテル、観光スポットでも感染拡大防止に努めていますが、旅行をされるお客様ご自身でも、ソーシャル・ディスタンスの確保やマスクの着用、こまめな手洗い・消毒を心がけ、健康で安全な旅行をお楽しみください。

空の旅がこんなに安心・安全に!
ジェットスターのクールでスマートな感染防止対策
Fly Well Topへ

Good Travel, No Trouble

事前準備でより快適な旅を♪スムーズな旅のコツをご紹介。新たなムービー公開!

セール情報をいち早くGET!

セール情報をいち早くGETするなら、マイアカウントからメール登録!

スマホひとつで空の旅

スマホで搭乗!モバイル搭乗券を使えばペーパーレス♪ 預ける手荷物がなければ、チェックインカウンターに並ばずにそのまま保安検査場、搭乗ゲートへ。

バウチャー払い戻しオプション

旅行の急な日程変更や取りやめの際に便利。運賃の払い戻しに対応した「バウチャー払い戻しオプション」で安心をちょい足し♪