サンゴ礁、ビーチ、アクアマリンの海が広がる74の島からなる楽園

国際的で魅力あるウィットサンデーは、エアリービーチ(Airlie Beach)の中心から絵のように美しいヒンターランド(Hinterland)まで見事な海岸線に沿って広がっている。ウィットサンデー本土の素晴らしさは、8つのビーチとビッグマンゴーのあるボーエン(Bowen)、自然の岩でできた円形競技場の美しいカスケードのあるシダークリークフォールズ(Cedar Creek Falls)、そしてひっそりした野生動物が豊富なハイダウェイベイ(Hydeaway Bay)。それから、ここにはアクティビティが満載で、グレートバリアリーフでダイビング、74の島々をセーリング、ホワイトヘブンビーチ(White Heaven Beach)の珪砂(けいしゃ)を触って、ハートリーフの上を空中散歩したり。その他にもハイキング、ジェットスキー、カヤック、ラフティング、パラセイリング、それからウィットサンデー、サウスモール島(South Molle)とフック島(Hook island)などの島々を組み合わせてその景色や散策を楽しめるンガロシートレイル(Ngaro Sea Trail)は特におすすめ。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • Green goodness

    緑の女神

    ウィットサンデー諸島が誇るのは美しい海岸線だけじゃない。周囲の見事な亜熱帯雨林も素晴らしい。多くの島々には、巨大な松の木を眺めたり野生生物に触れ合ったり、息を飲むような眺めの中にハイキングトレイルがある。特にシダークリークフォールズ(Cedar Creek Falls opens in new window)はピクニックにはうってつけ。雨季になると海岸の近くに天然水が湧き滝になる。それがまた絵に描いたように美しいのだ。

  • Sleepy haven

    静かな聖域

    エアリー(Airlie)から北へ約40分の所にあるボーエン(Bowen opens in new window)は、まだあまり多くの旅行者に知られていない。7つの美しいビーチが自慢の静かな海岸で、日帰りで訪れても泊まっても素晴らしい場所である。そして、その崇高なビーチ以上に、ジューシーなマンゴーとシーフードが有名な所でもある。特に、ホースシュー(Horseshoe)とローズベイ(Rose Bays)は海辺のサンセットディナーには最高の場所。

  • Sun, surf and sand

    太陽、サーフィン、ビーチ

    エアリービーチ(Airlie Beach opens in new window)は、ウィットサンデー滞在中の基点となるだろう。通りで耳にする様々なアクセントや言語と同じ数ほどの宿泊施設。ホステルから丘の上の高級なアパートやビラまで、いろいろなタイプのものが建ち並ぶ。そして、ウィットサンデーの中心地ということで、ダイニングやナイトライフの選択肢ももちろん多い。

  • Sweet solitude

    静かでステキな町

    プロサーパイン(Proserpine)とコリンズビル(Collinsville)はエアリービーチから少し内陸に入ったところにある魅力的な町。ここを訪れたらファッション、ジュエリー、家庭用品などが揃う「カラーミークレイジー(Colour Me Crazy opens in new window)」に寄らずしてプロサーパインを訪れたことにはならないだろう。そして、トレーラーハウス利用者には、人里離れた静かな場所が用意されている。

  • Tucked away

    隠れた場所

    ディンゴビーチ(Dingo Beach opens in new window)とハイダウェイベイ(Hydeaway Bay opens in new window)は素晴らしい海岸線を誇るこじんまりしたエリア。海辺のエコリゾートに泊まればこの上ない静けさと平穏を満喫できるだろう。コンウェイビーチ(Conway Beach opens in new window)はトレーラー旅行者たちのお気に入り。また干潮時の広大な湾を利用したセイルボーディングや凧揚げにも最適な場所である。

Topへ戻る

空港情報

エアリービーチ(Airlie Beach)まで 40km
所要時間 約35分
タクシー 約A$80
バス ウィットサンデートランジット社(Whitsunday Transit)は事前要予約。電話 +61 (7) 4946 1800。片道 A$18(大人)、 A$13(子供)。ウィットサンデートランスファーズ社(Whitsunday Transfers)、電話+61(7)4946 4940。片道A$18(大人)、A$13(子供)。

Topへ戻る

気候とシーズン

ウィットサンデーのベストシーズンは、晴天が多く湿気が少ない9月。この時期の気温は19℃~26℃で、ウォータースポーツ系が目的で訪れるなら同じく「毒クラゲが発生する時期(スティンガーシーズン/10月~5月)」を避けるためにもこの時期をおすすめする。12月~2月は夏で気温は30℃まで上がり、にわか雨が降る。そして、湿気の多い冬の時期なら熱帯雨林の観察には最適の時期だ。雨こそが野生生物を育むのだから。

Topへ戻る

アクセス

滞在中にウィットサンデーコーストへ車で行くならマッカイ、ウィットサンデー空港もしくはエアリービーチで車をレンタルすることができる。エアリービーチに宿泊していれば、ほとんどのアクティビィティに往復シャトルサービスが含まれる。公共の移動手段もある。ボーエン(Bowen)、シダークリークフォールズ(Cedar Creek Falls)、ハイダウェイベイ(Hydeaway Bay)へは、エアリーのメインストリートにあるファンレンタル(Fun Rentals opens in new window)でミニモーク(Mini Moke)を借りて行こう。

Topへ戻る