エコ生活に格別な料理にふりかけられたワイン、 それこそがアデレード

アデレードは100万を少し越すほどの人口の都市。世界で最も住みたい都市の一つにも上げられている。ここでは、自転車の貸し出しが無料で行われているうえ、世界初の太陽電池式のバスの利用でアデレードのランドマークであるグリーンビル(Green Builidng)の周辺に行けるため、 オーストラリアでもっとも環境に優しい都市と呼ばれています。ここが非常に便利な都市であるのは、 都市計画家である、コロネルウィリアムライト(Colonel William Light)のおかげと言われています。彼の計画した格子状に道路を配置するグリッドレイアウトは、広い大通りと広場を設け、それらを緑地で囲むようにしており、20分ほどで隅々まで満喫できると言われています。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • ドイツ文化に触れる

    ドイツ文化に興味があるなら、ぜひ、アデレードヒルズ(Adelaide Hills)でもっとも有名な町であるハーンドルフ(Hahndorf opens in new window)を巡ってみては? ハーンドルフは、オーストラリアで最も古い居住区で、ドイツの遺産として誇られています。またすぐ近くには、クリーランドワイルドライフパーク(Cleland Wildlife Park opens in new window)がありカンガルーに餌をあげたり、コアラを抱くことができます。また忘れてならないのが、 伝説的な豊富な種類のチョコレートと様々なワインを試飲できるということ! 伝���的なドイツ風味が堪能できますよ。

  • 食い道楽

    南オーストラリア州の食道楽である、テイストオブサウスオーストラリア(A Taste of South Australia opens in new window)が開催しているフードツアーに参加して様々な美食を堪能してみるのはいかがでしょう。 シェフやワインメーカー、生産者そして食通の方々にも出会えます。南オーストラリアで開かれるフェスティバルを旅の日程に合わせてリクエストすることも可能なので、興味があればぜひ問い合わせてリクエストすることも可能なので、興味があればぜひ問い合わせを。

  • アデレード随一のビーチへ

    ビーチへは、アデレードからグレネルグ(Glenelg)行きのトラムに乗って、水着に着替えて行こう。お腹が空いたら多彩な料理が楽しめる、ホールドファストマリーナ(Holdfast Marina)かジェッティロード(Jetty Road)へ。お腹がふくれたところで、ポートノアールンガ(Port Noarlunga)でダイビングやシュノーケリングを楽しんで、ポートウィランガ(Port Willunga opens in new window)の夕日に一日の別れを告げてみよう。

  • Flower power

    フラワーパワー

    最も有名なのが、アデレード植物園(Adelaide Botanic Garden opens in new window)で、市街地のオアシスと言われており、16ヘクタールの園内にはオーストラリア原産のエキゾチックで装飾的な植物で埋め尽くされています。ここでは、フレンズオブボタニックガーデン(Friends of the Botanic Garden)が提供するガイド付き無料ウォーキングツアーに参加することも。ツアーは毎朝10:30にショーンバーグパビリオン(Schomburgk Pavilion)から出発。ちなみに隣には南半球で唯一ジャイアントパンダ(ワンワン“Wang Wang”とフーニー“Funi”)のいるアデレード動物園がある。

  • 沿岸を走る

    馬車のトラムに乗ったことはありますか? フルリオ半島(Fleurieu Peninsula)にある海辺の町、ビクターハーバー(Victor Harbor opens in new window)では馬車トラムに乗ってグラニット島(Granite Island)にいるペンギンに会いに行けます。また、ストリームレンジャー(SteamRanger)電車に乗って南オーストラリアのホエールセンター(South Australian Whale Centre)に行ってみるという手も。 それから、屋形船に乗ってマレー川も満喫してみてほしいですね。その途中にあるクーロン国立公園(Coorong National Park)は忘れないように。そして、ぜひクナワラ地区(Coonawarra)で、地元で有名なロブスターをライムストーンコースト(Limestone Coast)で地元産ワインと共に食してみてください。

Topへ戻る

空港情報

CBD(中央ビジネス地区)まで 8km
所要時間 約15分
タクシー 約A$18
バス ルートJ1とJ2が30分毎に運行。運賃はA$3~。所要時間は約30分。

Topへ戻る

気候とシーズン

アデレードはオーストラリアの南端の海岸沿いに位置していることから、その地形の恩恵を受け、夏は暑いが乾燥しており過ごしやすく、冬も温暖な気候。

冬の時期は雨や時には雹(ひょう)に見舞われることもあるが、雪は殆ど振らず、少々の寒ささえ気にしなければ、年中行ける場所です。但し、アデレードヒル(Adelaide Hill)の丘陵地帯では停電が多いこともお伝えしておく。

2月と3月は快適な温度と降雨量が少ないため、良い天候が続きます。また反対に、6月は一年中で最も雨が多い月と言われており、冬の時期にあたる6~8月は冬服が必要。

Topへ戻る

アクセス

アデレードエアポートフライヤー社(Adelaide Airport Flyer opens in new window)が提供しているミニバスサービスでは、アデレード郊外とその周辺地域への往復ができます。また、市内及び北アデレードの14カ所にて無料のレンタル自転車 opens in new windowも。

アデレードメトロが提供しているバスサービス、シティループ(City-Loop opens in new window)は毎日運行されており、ノーステラス(North Terrace)の南オーストラリア大学(City West Campus of the University of South Australia)のシティウエストキャンパスからサウステラス(South Terrace)まで巡回しているシャトルバスも無料で利用できます。

ティンドゥー(Tindo)は世界初のソーラーパワーバスで、こちらも市街地と北アデレード間を無料で運行。

Topへ戻る