珠江のほとりに位置する街:広州

広東省の州都で以前は“カントン”という名称で知られていた広州は水辺の主要都市です。南シナ海へ流れ出ている珠江のほとりにある広州では、高層建築物と歴史的な建物、伝統と近代文明、取引と輸送が混在しています。周王朝時代(紀元前1045年~256年)初期、この一帯が飢餓に悩まされていた際に、天より5人の仙人が羊に跨り降りてきて、この地に豊かな天候と豊穣をもたらしたという伝説が残っています。広州の冬は短期間で終わってしまい、年間を通して晴天の日が多くなっています。沙面島は欧州人達の遺物的地域として有名ですが、寺院、儒教学校そして陳一族を祭る聖地でもある陳氏書院では、もっと伝統的な建造物に出会うことが出来ます。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • 白雲山

  • 広州タワー

    高さ600mを誇る広州タワーは広州のスカイラインに聳え立つランドマークです。夜間は虹色の照明を浴び、珠江を照らしています。地上455mにある球体のトラムに乗ってみたり、地上488m展望台から広州の街並みを見下ろしたりしてみて下さい。

    http://www.cantontower.com/en/Default.aspx

    北緯:23度10分65.53秒/東経:113度32分46.73度

  • 広州オペラハウス

  • 沙面島

    広州近くに位置し、ヨーロッパ式建造物が立ち並んでおり、日帰り旅行にオススメです。天主教露徳継母堂(フランス・カトリック教会:フランス人により1892年に建築)や島のメインストリートで、古い家屋、ギャラリーや絵に描いたように美しい木々が立ち並ぶ沙面大街をお楽しみ下さい。

    北緯:23度10分94.44秒/東経:113度23分94.44秒

  • 沙湾古鎮

    番禺区の南西に位置する沙湾古镇には、石畳の道、寺院、鎮南祠や道教信者寺院があります。沙湾はかつて岭南文化の中心地として機能し、街の建造物がその歴史を物語ってくれています。

    北緯:22度90分47.99秒/東経:113度33分37.85秒

Topへ戻る

空港情報

(広州白雲空港、北緯23度39分59秒/東経113度30分8秒)

市街地中心部: 40km

所要時間: 45分

タクシー: 約150人民元

シャトル: 約17-32人民元

電車: メトロ・ライン2番、所要時間40分、8人民元

Topへ戻る

気候とシーズン

広州は湿った亜熱帯気候に恵まれており、夏季(6月~10月)は長くて湿った気候が続きますが、冬季(12月~2月)は短く穏やかな気候です。年間平均気温は約22度。秋季(10月~12月)の天候は気温も適温で、全体的に晴天の日が多いながらも涼しい気候となっている事から、訪れるのに最適な季節と言えるでしょう。

2月の広州はSpring Flower Fairにより町中が花に彩られ、6月には蓮花山にて広州Lotus Flower Festivalが開催されます。4月~5月と10月~11月の年に2度、Canton Fairも開催されます。

Topへ戻る

アクセス

広州市内を回るのに最適な交通手段は、市内にある9本のメトロ(電車)です。電車は午前6時半~午後11時半まで運賃2人民元~14人民元にてご利用頂けます。期間中乗り降りが無制限な1日乗車券(20人民元)又は3日乗車券(50人民元)の購入も可能です。タクシーの初乗り(2.5km)運賃は10人民元で、初乗り後1km毎に2.6人民元とガソリン・サーチャージ(1人民元)が加算されます。

Topへ戻る