タイ南部の玄関口

タイで最も人口の多い都市の一つであるハートヤイは、経済的にも文化的にもタイ南部の中心地として機能しています。かつて4人しか住民のいなかったハートヤイは、1920年代に鉄道が開通してから急激な発展を遂げました。

ハーイヤイは、滝を見に出かけたり、湖畔の町やアンダマン海のビーチ等へ行ってみたりと、タイ南部の他の土地へ出掛けるのに便利です。マレーシアとの国境から近い為、マレーシア人やシンガポール人からも人気の観光地となっています。

何世代ものタイ人をはじめ、地元の民族性の高い中国人、マレーシアからの観光客、欧米諸国からの駐在員、そしてこの地を訪れるビジネス旅行客から影響を受けた様々な料理を街では堪能出来ます。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • トンガーチャン滝

    タイ南部にある滝の中でも指折りのトンガーチ��ン滝は、野生生物が生息するジャングルを抜けると見えてきます。装備が万端な探検心溢れる方々は、滝の流れる7つの崖の高い部分からの絶景をお楽しみ頂けますし、観光で来られた方々にも、崖の低い部分の散策を楽しんで頂けます。

  • ハジャイ市立公園(スアン サターラナ)

    高台にあるこの広大な敷地を誇る公園は、良くある緑地公園とは異なります。山の麓のパビリオンからの道を辿り、タイ南部で最も高い仏像の1つを見て来て下さい。頂上からは、市内を一望出来ます。

  • キムヨン・マーケット

    ハートヤイはタイ南部の買物天国として、タイ北部やマレーシアの人々をも魅了してやみません。この事から市内には沢山のマーケットがありますが、キムヨンは最も人気のあるマーケットです。2階建ての建物には、様々な商品が取り揃えられており、生鮮食品、ビンテージ物のカウボーイハット、電子機器や家庭用品が売られています。それに加えて、マーケットの外にはストリートフードの屋台が沢山あり、買物中のスナックが手に入ります。

  • ソンクラー セントラル モスク

    最近完成したソンクラー セントラル モスクは、ハートヤイとソンクラーの間に位置し、タイ国内で最大のモスクです。荘厳なイスラム建築のモスクは、金色のドームと4つの光塔が特徴的です。モスクは一般にも公開されており、オープンエアな構造の為、気持ち良い風が通り抜けるのでタイの暑さを凌ぐのにお勧めです。

  • ソンクラーへの日帰り旅行

    ハートヤイからミニバスで少し行った所にあるソンクラーには、絵に描いた様な旧市街地や穏やかなビーチがあります。ナンガム・ロードは、旧世界の魅力と近代ストリート・アートが混在しており、散策してみる価値があります。または1日中食べ物を楽しんだり、ゆっくりしたい場合には、人魚像のあるサミラ・ビーチへ向かい、近隣にあるシーフードレストランを堪能したり、砂浜でゆっくりするのがお勧めです。

Topへ戻る

空港情報

CBD(中央ビジネス地区)まで 13km
所要時間 約25分
タクシー 約THB300
シャトル THB100

Topへ戻る

気候とシーズン

タイ国内の他の地域同様、ハートヤイは雨季と乾期のある熱帯性気候です。雨季は5月~12月迄続き、乾期は1月~4月になります。観光のピークシーズンは3月~5月と12月ですが、ハートヤイは年間を通じて、週末の旅行先として人気です。

いくつかの有名な祭典が開かれるのも、観光客を惹きつける魅力の一つです。10月には、仏陀が地球上へ帰還した事をお祝いする仏教祭典のチャック・プラが開催されます。毎年日程は変更になりますが、新年の時期に開催されているハートヤイ提灯祭りも人気です。

Topへ戻る

アクセス

ハートヤイ市内では、沢山のトゥクトゥクとバイクタクシーが走っていますので、どのホテルからでも乗車して頂けます。市内だと40~100バーツ程ですが、市外へ行きたい場合には事前交渉をする事を強くお勧めします。

レンタカーも、ハートヤイ国際空港内にあるAvisから利用出来ます。

Topへ戻る