ベトナムの洞窟探検で知られるドンホイ市には、美しい白い砂浜のビーチもすぐそばに広がる

長年に渡りクアンビン省(Quang Binh)の省都となっているドンホイ市(Dong Hoi)が観光客の関心を集めることはまったくなかった。しかし、数年前に近くのフォンニャ-ケバン国立公園で世界最大級の洞窟ソンドゥン(Son Doong)が発見され、すべてが変わった。ドンホイ市自体は見るべき場所も多くない小都市だが、市の中心部から2km離れ、観光スポットとなっている白い砂浜が美しいビーチが素晴らしい。

フォンニャ(Phong Nha)はドンホイ空港から車で約45分。のどかな川辺の町で、観光客のほとんどはここに宿泊する。 国立公園でのエコツアー、近郊の旧非武装地帯へのジープツアー、さらにホーチミン・トレイルをサイクリングするなど、楽しみ方は様々。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • 天国の洞

    強烈なソンドゥン洞窟を探検する時間も資金もないが、周辺の巨大洞窟をやはり体験しておきたい人には、「天国の洞(パラダイス・ケーブ)」をおすすめしたい。規模はやはり非常に大きく、鍾乳洞と石筍に当てられた美しい照明が魅惑の情景を作り出している。冒険度を深めたければ、「7kmの洞窟探検ツアー(7km cave trek) opens in new window」を予約することもできる。

  • 6日間の洞窟探検

    旅行資金が潤沢なら、ソンドゥン洞窟(Son Doong Cave)の冒険が世界で類のない人生に一度の体験となるだろう。世界最大級の洞窟内部にキャンプしながら、6日かけて探検し、すり鉢状のドリーネにできたジャングルに驚愕することになる。探検の多くは、ソンドゥン洞窟の全容を最初に明らかにしたイギリス・チームに所属していた「ハワード・リンバートとデブ・リンバート(Howard or Deb Limbert) opens in new window」が案内してくれる。

  • ジャングルツアー

    フォンニャ(Phong Nha)で環境保護の活動を行なっているハイさんは、ユニークな「国立公園ツアー(Phong Nha Eco Conservation Tour) opens in new window」を企画している。本当に誰も足を踏み入れそうもないジャングルへと案内し、そこでの生態系を知ってもらおうというツアーだ。料金には昼食と野生センターの入場料が含まれている。

  • 砂浜とくつろぎのリゾート

    ドンホイ市の中心からわずか2kmのハットレビーチ(Nhat Le Beach)には、美しい砂浜が続き、透明度が高く穏やかな海が広がっている。週末は地元の人たちが集うが、平日は静かなことが多い。「サンスパ・リゾート(Sun Spa Resort) opens in new window」なら、砂浜のすぐ近くに宿泊でき、食事の選択肢も豊富。

  • 自転車に乗って

    ドンホイとフォンニャには幅の狭い道もあり、貴重なサイクリング体験ができる。自転車をレンタルしてひとりで行くのもいいが、「フォンニャ・アドベンチャー・サイクリスト(Phong Nha Adventure Cyclists) opens in new window」のツアーに参加すればなおさらいい。自転車で小さな村々を訪れ、ホーチミン・トレイルを進み、そして地元の文化を知るいい機会になる。

Topへ戻る

空港情報

CBD(中央ビジネス地区)まで 6km
所要時間 約15分
タクシー 約8万ドン(到着ロビーの外でメーター付きタクシーが見つかる)

Topへ戻る

気候とシーズン

12~2月までは��しいが、周辺の洞窟には地下河川の水位が上がるためアクセスできなくなるものがある。3~6月は気候がよく、フォンニャ-ケバン国立公園(Phong Nha-Ke Bang National Park)に数多くの蝶が舞う。また、6~10月 は気温が上昇する。

ベトナム旧正月(Tet festival/テット)の1週間は、休暇をとって家族が集まり、寺院を訪問する期間で、ほとんどの商店がシャッターを下ろす。この時期のフォンニャは、ホテルやレストランも閑散とする。旧暦によって毎年異なるが、だいたい1~3月頃になる。

Topへ戻る

アクセス

ドンホイは比較的小さな都市。ほとんどの場所は歩いて行けるが、タクシーとセオム(バイクタクシー)も多い。 料金が明確なのでメーター付きタクシーの利用が便利だが、セオムの場合は事前の料金交渉が必要になる。フォンニャへはタクシーの利用をおすすめする。

Topへ戻る