妊娠中/新生児をお連れのお客様

ジェットスターは、妊娠中のお客様にも安心してご搭乗いただくため、最大限の配慮をしておりますが、飛行中の環境は地上とは異なるため、お客様ご自身でも十分にご注意ください。そのため、ジェットスターでは、妊娠36週目以降(国際線をご利用の場合は29週目以降)のお客様には、医師の診断書の携帯をお願いしております。診断書をお持ちでない場合、搭乗をお断りすることもありますので、必ずご準備ください。なお、ご搭乗の可否は、フライトの所要時間とお客様の妊娠週数、妊娠の状態によって異なります。特に妊娠後期のお客様は、ご旅行前に必ず、主治医にご相談ください。

ジェットスターでは、お客様の妊娠週数にかかわらず、お客様にとってご搭乗が安全であるとのお約束はできません。
妊娠中のお客様は、ご搭乗前に主治医にご相談ください。下記に記載の期間は、ジェットスターをご利用いただく際の最低限の条件ですので、あらかじめご了承ください。

海外旅行の場合、国によっては、到着国の国籍を持たない妊婦の入国が制限されています。ご旅行前に、渡航先の大使館または領事館にご確認ください。



診断書の携帯


妊娠36週目以降(国際線をご利用の場合は29週目以降)に搭乗されるお客様はすべて、以下の事項が確認できる主治医またはかかりつけ助産師の診断書などを携帯してください。ジェットスター・ジャパン(GK)をご利用の場合は、ジェットスター・ジャパン(GK)のトラベルクリアランスフォーム opens in new windowをご利用いただくこともできます。

  • 診断書に記載する必須事項
    ご出産予定日
    単胎妊娠・多胎妊娠の区別
    妊娠合併症がないこと

診断書は、ご搭乗前10日以内に発行された場合のみ有効です。ご旅行の際には常に携帯し、当社がご提示のお願いをした場合はご提示ください。
注意:ジェットスターの往復便をご予約いただき、復路のご搭乗時に28週を超えるお客様は、復路便ご搭乗前10日以内に発行された診断書をご用意ください。

妊娠合併症を伴わない場合、妊娠28週までは診断書を携帯いただく必要はありません。



合併症を伴う妊娠の場合

妊娠合併症を伴う場合、医師の診断(メディカルクリアランス)が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。



ご搭乗いただける期間

  • ジェットスター・ジャパン(GK)、ジェットスター航空(JQ)、ジェットスター・アジア航空(3K) 飛行時間が4時間未満のフライト
    単胎妊娠の場合は、妊娠40週目までご搭乗いただけます。
    双子など多胎妊娠の場合は、妊娠36週目までご搭乗いただけます。

    飛行時間が4時間以上のフライト
    単胎妊娠の場合は、妊娠36週目までご搭乗いただけます。
    双子など多胎妊娠の場合は、妊娠32週目までご搭乗いただけます。
  • ジェットスター・パシフィック航空(BL)
    妊娠36週以降はご搭乗いただけません。
    生後7日以内の新生児はご搭乗いただけません。


非常口列のお座席

妊娠29週以降のお客様は、非常口列のお座席はご利用いただけませんので、あらかじめご了承ください。これは、妊娠第3期以降のお客様がご自身と胎児に影響を与えることなく、重量約15kgの非常口扉を操作することは一般に困難とされるためです。



ご出産後

ご出産後7日以内のお客様、および生後3日から7日以内の新生児のご搭乗の場合、医師の診断(メディカルクリアランス)が必要となります。詳しくはこちらをご覧ください。

生後48時間以内の新生児はご搭乗いただけません。(ジェットスター・パシフィック航空(BL)便は、7日以内の新生児)