ご搭乗の際の健康に関して

お客様の健康と安全はジェットスターにとって常に最大の優先事項です。ご搭乗に際して健康状態に不安のあるお客様には、ご搭乗をご遠慮いただく場合がございます。

ご搭乗によりお客様ご自身や他のお客様に影響を及ぼす可能性のある病気やその他の症状のあるお客様は、ご予約の前にジェットスターまでご相談ください。


BreakLine



医師による診断 - メディカルクリアランス

ほとんどの場合、お客様の健康状態によってご搭乗いただけないことはありません。ただし、病気やけがの状態によっては、ご予約が確定する前に医師による診断(メディカルクリアランス)が必要な場合がございます。

まずご利用の航空会社ごとのトラベルクリアランスガイドラインをお読みいただき、お客様の状態では、飛行機の利用を控えた方がよいのか、あるいは医師による許可が必要か、またご旅行いただくための条件をご確認いただくことをお勧めしております。航空会社によっては、事前にトラベルクリアランスフォームを提出していただく必要があります。

ジェットスター・パシフィック航空では、メディカルクリアランスに該当するお客様のご搭乗はできません。



急性アレルギーをお持ちのお客様

申し訳ございませんが、ジェットスターではアレルギー源のない機内環境を保証することができません。特にピーナツについては、他のお客様がご自分でピーナツやピーナツ入りのスナックを機内にお持ち込みになることがあるため、完全に排除した環境をご提供することはできません。

ジェットスターのキャビンクルーはアドレナリンやその他の薬を投与する訓練を受けておりません。お客様のご旅行に必要となる医薬品は機内持込手荷物の中にご準備ください。


伝染病や感染症

伝染病や感染症をお持ちのお客様は、他のお客様に影響を及ぼすことがなくなるまで、ご搭乗いただくことはできません。


深部静脈血栓症(DVT)

長時間動かないでいると下肢に血栓(DVT—深部静脈血栓)ができる可能性があることが、研究によってわかっています。DVTやその他の健康上の問題が生じる危険性があるとお感じになるお客様は、ご搭乗前に医師にご相談ください。


機内持込手荷物での医薬品のお持ち込み

皮下注射針をお持ち込みになるお客様は、空港の手荷物検査場にてご申告いただき、可能であれば、お客様の病状を確認できる書類や証明書をご提示ください。
医薬品には薬品名がきちんと印刷された識別ラベル、あるいは製薬会社の名前または薬事ラベルが貼付されている必要があります。



BreakLine



妊娠中のお客様/新生児をお連れのお客様

ジェットスターでは、妊娠されているお客様にも安心してご旅行いただけるように配慮させていただいておりますが、飛行中の環境は、地上での環境とは異なるため、お客様ご自身の注意も必要です。そのため、ジェットスターでは、妊娠29週目以降のお客様は医師による診断書の携行をお願いしております。診断書をお持ちでない場合、搭乗をお断りさせていただく場合もございますので、予めご準備ください。なお、ご搭乗の可否はフライトの所要時間とお客様の妊娠週、妊娠の状態により異なりますので、ご注意ください。特に妊娠後期のお客様は、必ずご旅行の前に、主治医にご相談ください。

ジェットスターはお客様の妊娠期間中のいかなる時点においても、お客様にとって旅行が安全であることを表明いたしません。
お客様はご旅行の前に、主治医から助言を求める必要があります。下記に記載された期間は、ジェットスターをご利用いただく際の最小限度の必要条件に過ぎません。

海外旅行の場合、国によっては、当該国の国籍を有さない妊婦の入国を制限している場合があります。ご旅行の前に、大使館又は領事館にご確認下さい。



診断書の携行
妊娠中のお客様

妊娠29週以降に旅行される全ての妊娠中のお客様は、以下の事項確認できる主治医またはかかりつけ助産師の診断書などを携行する必要があります。
ジェットスター・ジャパン便をご利用の場合は、ジェットスター・ジャパン指定のトラベルクリアランスフォームもご利用いただけます。

  • 診断書に必要な記載事項
    出産予定日
    単胎妊娠・多胎妊娠の別
    妊娠合併症がないこと

診断書はご搭乗日から10日以内に発行されたもののみ有効で、ご旅行の際には常に携帯し、当社の求めに応じて提示をする必要があります。
注意:往復の旅程で、復路ご搭乗の際に28週を超えている場合、復路のご搭乗日から10日以内に発行された診断書が必要となります。

合併症を伴わない妊娠である場合、妊娠28週までは診断書の携行の必要はありません。



合併症を伴う妊娠の場合

合併症を伴う妊娠の場合、メディカルクリアランス(医師による診断)が必要となります。詳しくはこちらをご覧ください。



ご旅行が可能な期間

  • ジェットスター・ジャパン、ジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空/バリューエア
    飛行時間が4時間未満のフライト
    単胎妊娠の場合は、妊娠40週が終わるまでの期間ご旅行いただけます。
    双子など多胎妊娠の場合は、妊娠36週が終わるまでの期間ご旅行いただけます。

    飛行時間が4時間以上のフライト
    単胎妊娠の場合は、妊娠36週が終わるまでの期間ご旅行いただけます。
    双子など多胎妊娠の場合は、妊娠32週が終わるまでの期間ご旅行いただけます。
  • ジェットスターパシフィック(BL)
    妊娠36週以降はご旅行いただけません。
    生後 7 日以内の新生児は旅行いただけません。


出産後

母親が出産後7日以内に旅行される場合、および生後3日から7日以内の新生児が旅行される場合、メディカルクリアランス(医師による診断)が必要となります。
詳しくはこちらをご覧ください。

生後48時間以内の新生児はご旅行いただけません。(BLは7日以内)



非常口列座席

妊娠29週以降のお客様は非常口列座席をご利用いただくことはできませんのでご了承ください。
これは、一般的に妊娠第三期以降のお客様がご自身および胎児に影響を与えることなく、重量約15kgの非常口扉の操作をすることが困難とされるためです。



BreakLine



医療用酸素ボンベ/携帯酸素濃縮器

ジェットスター便にご搭乗中に携帯用酸素が必要となるお客様は、次の要件にご注意ください。

*ご搭乗便に使用される機体のタイプを確認する必要がある場合には、時刻表ページをご覧ください。フライトの詳細を変更する場合は、ご搭乗前に必ずジェットスターコールセンターまでご連絡ください。

携帯用酸素の使用が必要なすべてのお客様は、ご搭乗の5営業日前までにジェットスタートラベルクリアランスフォームに必要事項を記入していただく必要があります。

ジェットスター航空(JQ)、ジェットスター・アジア航空(3K)およびバリューエア(VF)により運航されるA320型機またはA321型機にご搭乗の場合(一部のオーストラリア国内線、ニュージーランド国内線、オーストラリア-ニュージーランド便、短距離国際線):

  • ジェットスターでは「携帯用」酸素をご提供いたしません。お客様ご自身でご用意ください。
  • ジェットスターではBOC社、Air Liquide社、Supagas社の酸素ボンベのみ、お持ち込みを認めております。各社の連絡先は、BOC社が電話:1800 050 999、Air Liquide社が電話:1300 360 202、Supagas社が電話:13 77 72となっております。
  • お持ち込み可能な酸素ボンベの最大サイズは「C」となっております。ただし複数のボンベのお持ち込みは可能です。ご搭乗中、酸素ボンベのために余分な座席が必要な場合は、その座席をご購入いただく必要があります。
  • その他の機器はすべてお客様ご自身でご用意ください(酸素、レギュレータ、マスク、鼻カニューレなど)
  • また、ジェットスターでは以下の型式の携帯酸素濃縮器のお持ち込みも認めております。
    • AirSep LifeStyle
    • AirSep FreeStyle
    • SeQual Eclipse
    • Respironics EverGo
    • Inogen One
  • 携帯酸素濃縮器用の100 Wh~160 Whの強力リチウムイオンバッテリーは2つまでが機内持込手荷物として認められておりますが、危険物承認が必要です。160 Whを超えるバッテリーの機内へのお持ち込みはご遠慮ください。
  • 機内における酸素の制御は、お客様または介助者の責任で行ってください。
  • 医療用酸素の供給元から医師の診断書が必要です。
  • この診断書には、お客様に必要な酸素の流量の詳細を必ず記載してください。またお客様が補助なしで酸素を使用することができるか否かも記載されている必要があります。
  • チェックイン時に、記入済みのジェットスタートラベルクリアランスフォームの提出が必要です。
  • 遅延(迂回を含む)の可能性を考慮し、飛行時間およびその後のご旅行の長さに十分な量の酸素(予備を含む)を、お客様ご自身の責任において確保してください。
  • BOC社またはAir Liquide社へのすべての機器の返却はお客様ご自身の責任で行ってください。
  • お客様はジェットスター単独搭乗者の要件を満たしている必要があります。
  • 他の航空会社(ジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空、バリューエア以外)が運航する便との乗り継ぎがある場合は、そちらの航空会社にご連絡いただき、搭乗許可の手配をしてください。

ジェットスター・ジャパン(GK)をご利用の場合は、ジェットスター・ジャパンの トラベルクリアランスの必要条件について、コールセンターにご連絡ください。

A330型機にご搭乗の場合(長距離国際線):

携帯酸素濃縮器以外では、ご自身の携帯用酸素をお持ち込みいただくことはできません。機内用酸素ボンベはジェットスター提供のもの(カンタス特別手配による)のみお使いいただけますが、有料となります。お申し込みいただくには、医師によりジェットスタートラベルクリアランスフォームを記入のうえジェットスターに提出していただき、ご搭乗日の5営業日前までに事前承認を得てください。

  • ご搭乗中、酸素ボンベのために余分な座席が必要な場合は、その座席をご購入いただく必要があります。
  • ジェットスターでは以下の型式の携帯酸素濃縮器もお持ち込みを認めております。
    • AirSep LifeStyle
    • AirSep FreeStyle
    • SeQual Eclipse
    • Respironics EverGo
    • Inogen One
  • 携帯酸素濃縮器用の100 Wh~160 Whの強力リチウムイオンバッテリーは2つまでが機内持込手荷物として認められておりますが、危険物承認が必要です。160 Whを超えるバッテリーの機内へのお持ち込みはご遠慮ください。
  • チェックイン時に、記入済みのジェットスタートラベルクリアランスフォームの提出が必要です。
  • 機内における酸素の制御は、お客様または介助者の責任で行ってください。
  • お客様はジェットスター単独搭乗者の要件を満たしている必要があります。
  • 他の航空会社(ジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空、バリューエア以外)が運航する便との乗り継ぎがある場合は、そちらの航空会社にご連絡いただき、搭乗許可の手配をしてください。
閉じる
loading