カンタスグループが100%出資するジェットスター航空(本社:豪メルボルン)は、同グループが展開する2ブランド戦略の重要な一翼を担うLCC(Low Cost Carrier)としてレジャー市場を中心に事業を行っています。ジェットスター航空のオーストラリアおよびニュージーランドベースの保有機材数:76機

ジェットスター航空(オーストラリア)について

ジェットスター航空(Jetstar Airways Pty Limited)は、カンタスグループの完全出資会社として2004年5月にオーストラリアのLCC事業に参入しました。オーストラリアを代表するLCCとして、現在オーストラリア国内19都市、海外13都市へ短・長距離路線を運航しています。現在、オーストラリアの国内線マーケットシェアでは3位、国際線の提供座席数シェアでは5位に位置付けています。



ジェットスター航空(ニュージーランド)について

2009年6月10日に運航開始したニュージーランド国内線は、同マーケットシェアの約20%を占めており、週200便(往復)以上運航しています。
就航都市:オークランド、クライストチャーチ、ダニーデン、ウェリントン、クイーンズタウン、ネルソン、ネーピア、ニュープリマス、パーマストンノース

エアバスA320型機8機で、ニュージーランドの国内線および国際線を運航しています。


ジェットスター航空受賞歴およびランキング

  • 世界で安全なトップ10ローコストキャリア(airlineratings.com 2019)
  • ベスト・ローコストエアライン賞 - オーストラリア/太平洋地域(Skytrax 2011–2019)
  • パートナー・オブ・ザ・イヤー(Changi Airline Awards 2012)
  • 取扱貨物量伸び率トップ5エアライン賞(Changi Airline Awards 2012)
  • ベスト・インターナショナル・バジェット・エアライン(About.com Readers’Choice Award 2011)
  • 旅客数伸び率トップ5キャリア賞(Changi Airline Award 2009)
  • オペレーショナル・エクセレンス賞(Airline Business 2007)