ジェットスター・アジア航空(シンガポール)について

ジェットスター・アジア航空は、ジェットスターグループのLCCネットワークを構成する一社として東南アジアにおける人気観光地への定期便を運航しています。

ジェットスター・アジア航空は、2004年12月13日の香港への就航を皮切りに、シンガポールから3都市への運航を開始しました。

カンタスグループの完全子会社であるジェットスター航空(オーストラリア)と異なり、ジェットスター・アジア航空は、シンガポール出資比率が過半数を超えるシンガポール拠点の航空会社です。ニュースター・ホールディングス(Newstar Holdings Pty Ltd)により運営管理され、シンガポール系企業ウェストブルック・インベストメント(51%保有)を筆頭株主とし、残り49%の株式をカンタスグループが保有しています。

ジェットスター・アジア航空のCEO(最高経営責任者)はバラタン・パスパティが務めています。

ジェットスター・アジア航空は、A320型機18機を所有し、シンガポールを拠点にバンコク、ホーチミン、香港、マカオ、クアラルンプール、ペナン、シェムリアップ、プノンペン、マニラ、台北、大阪、福岡、ヤンゴン、バリ、ジャカルタ、メダン、スラバヤ、プーケット、杭州、汕頭、海口など、26都市に運航しています。


ジェットスター・アジア航空受賞歴およびランキング

  • 世界で安全なトップ10ローコストキャリア(airlineratings.com 2017–2019)
  • 定時運航率トップ8エアライン(OAG Punctuality League 2018)
  • ベスト・ローコストキャリア賞(Travel Weekly Asia 2017)
  • ベスト・アジア・バジェットエアライン賞(SmartTravelAsia.Com 2017)
  • 5つ星ランクのオンタイムパフォーマンス(OAG 2017)
  • 乗客数トップ5エアライン賞(Changi Airline Awards 2017)
  • 乗客数トップ10エアライン賞(Changi Airline Awards 2007–2015)
  • ベスト・バジェットエアライン賞(AsiaOne People’s Choice Award 2013–2015)
  • プラチナ賞 (Foreign Airline)(Kuala Lumpur Mayor’s Tourism Awards 2014)
  • ローコストキャリア・オブ・ザ・イヤー(Payload Asia Awards 2014)
  • フォーリンエアライン・オブ・ザ・イヤー - 東南アジア(KLIA Awards 2013)
  • パートナー・オブ・ザ・イヤー(Changi Airline Awards 2012)
  • 最もシンガポール発の旅客数を伸ばしたエアライン賞(Changi Airline Awards 2011)