Fly Well 新しい空へ、みんなで安心·安全に。 Fly Well 新しい空へ、みんなで安心·安全に。
いつでも心から安心・安全な旅を楽しめるように。 わたしたちジェットスターは、
マスクの着用やソーシャル・ディスタンスの確保など、
お客様からの声をもとに
徹底した安全対策に取り組むとともに、
あなたと大切な人の
笑顔をつなぐ翼であり続けます。

体調がすぐれないと感じたら……

以下に当てはまる場合は、ご旅行の延期をお願いいたします。

  • 出発日までの直近の14日間で、体調がすぐれず、新型コロナウイルス(COVID-19)への感染が疑われる症状が出ている。
    (例)発熱・疲労感・疼痛・鼻水・せき・のどの痛み・息切れなど
  • COVID-19検査で陽性反応が出ている。
  • COVID-19の陽性者と濃厚接触している。
  • COVID-19の検査結果の待機中である。

ご予約の変更は、以下のライブチャットよりご連絡をお願いいたします。旅行会社などを通じて予約されている場合には、ご利用の旅行会社に直接お問い合わせください。

ライブチャット (9時~21時)

これから旅行されるお客様へ

チェックインから搭乗、旅先での安心・安全のために

ジェットスターの
安全への取り組み

この動画は、2020年入社の新卒総合職により
制作されました。

空港に着くまで

オンラインチェックイン
オンラインチェックイン 空港のカウンターに並ばずに、jetstar.comまたはジェットスターアプリで事前にオンラインチェックインが可能です。詳しくはこちら
オンラインチェックイン

空港・機内で

マスク・手袋着用
マスクの着用 ​地上係員/キャビンクルーのマスク・手袋の着用
お客様に安心してサービスを受けていただくため、当社が就航している空港の地上係員はマスクを着用しています。また、キャビンクルーは国内線・国際線の全路線でマスクおよび手袋を着用しています(追加でフェイスシールド着用の場合も有)。​
キャビンクルーのマスク・手袋の着用 ​お客様へマスク着用のお願い
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面の間、ジェットスターをご利用のお客様のマスクの着用を必須といたしております。(7歳未満のお子様や医療上の理由によりマスク着用が困難なお客様を除く)​ 【着用エリア】チェックインカウンターエリアから飛行機を降りるまで​ 【着用マスク例】
  • 薬局やスーパーなどで販売されている「家庭用マスク」
  • 医療用(外科・手術用)マスク
  • ハンドメイドマスク
※フェイスシールド、マウスシールドなど、口や鼻を完全に覆うことのできない製品のみでのご搭乗は認められません。これらの製品をご利用の場合でも、必ずマスクの着用をお願いいたします。
空港の検疫体制強化
空港の検疫体制強化 日本を含めて各国の空港では、検疫体制強化のため健康確認(発熱、咳、呼吸困難など)が行われているほか、国や地域によっては到着後の隔離措置、交通機関(電車、バス、タクシー、航空機(国内線)など)や宿泊など行動を制限する場合があります。​
サーモグラフィーを設置
日本に帰国されるお客様へ  厚生労働省は、全ての国または地域を出発し、日本に到着する方に対し、入国の前後で以下の対応をお願いしております。
健康状態に異常のない方も含め、検疫所長の指定する場所(自宅など)で入国の次の日から起算して14日間待機し、空港等からの移動も含め公共交通機関(国内線の乗り継ぎも含む)を使用しないこと。このため、入国前に、ご自身で入国後に待機する滞在先と、空港からその滞在先まで移動する手段(公共交通機関以外)を確保すること。入国の際に、入国後に待機する滞在先と空港から移動する手段について、検疫所にご登録いただくことをお願いしております。また、検疫強化対象地域として追加された日にかかわらず、入国した日の過去14日以内に「入管法に基づく入国制限対象地域」に滞在歴のある方については、これまでと同様、全員にPCR検査と、保健所等による定期的な健康確認を実施しています。状況によっては、ご搭乗をお断りさせていただくこともございます。
厚生労働省からのお願い opens in new window
検温
空港での検温の実施 国土交通省より、発熱など症状のある方の航空機の利用の自粛要請が出されております。これに伴い、一部の国内空港では国土交通省、地方自治体の要請などに基づき、サーモグラフィーを設置し、航空機に搭乗される方の体温を確認する取り組みを実施しています。状況によっては、ご搭乗をお断りさせていただくこともございます。
チェックイン
お客様の健康状態の確認 有人チェックインカウンター、 ホームページやジェットスターアプリでご搭乗手続き(チェックイン)を行うにあたり、お客様の 健康状態を確認しています。ご旅行前に体調がすぐれないお客様のご搭乗をお断りする場合もございます。体調がすぐれないと感じたお客様はこちらをご確認ください。
有人チェックインカウンター お客様の健康状態を確認
ソーシャル・ディスタンスの確保
ソーシャル・ディスタンスの確保 一部空港のチェックインカウンターと搭乗ゲートにはビニールシートを設置しています。列に並ぶ際には2mごとの足元の印に従い、お客様同士の距離の確保にご協力をお願いいたします。​ また、乗降時や機内でお手洗いをご利用の際には、できる限りのソーシャル・ディスタンスの確保にご協力をお願いいたします。​
2mごとの足元の印
こまめな手洗い・消毒
こまめな手洗い・消毒(ウイルス除去・除菌製品の取り扱い) ウイルス除去・除菌製品の多くは、主成分が二酸化塩素など腐食性物質(危険物)で構成されており、火傷などにつながることから、航空機での取り扱いが禁止されているものがあります。お持ち込みの前に必ず製造者に航空機内での取り扱いが可能な製品か否かをご確認ください。安全性の確認ができない品物については当日お断りすることもあります。 ​ なお、以下の製品は、機内へのお持ち込みおよびお預けを共にお断りしています。​
対象製品:大幸薬品(株)クレべリン(置き型タイプ、スティックペン・フックタイプ)およびその類似製品​
​ ※ジェルタイプの除菌剤など直接肌につけるものについては、お持ち込み・お預けともに可能です。現在、ほか除菌剤における制限はありませんが、今後変更となる場合がありますのでご了承ください。 ​消毒液の設置
​一部空港の搭乗ゲートエリアでは数か所に消毒液が設置されています。​
機内の空気
機内の空気 機内の空気は、常に機外から新しい空気を取り入れ機内で循環させ、その後、機外へと排出する構造となっており、概ね2~3分で全て入れ替わります。またジェットスター・ジャパンが運航する全てのA320型機には、医療機関などで使用される高性能空気フィルター(HEPAフィルター)を搭載しているため、0.3μmのサイズの粒子を99.97%以上捕集することができ、循環される空気は高い清浄性を維持しています。また、機内の空気はすべて、天井から床へ垂直に流れており、感染リスクが最小化されています。
客室の消毒
客室の消毒 夜間駐機の際に指定のアルコール消毒液でテーブル、ひじかけ、窓などの座席周り、頭上のロッカー、トイレのドアノブや蛇口ハンドルなど、お客さまの手が触れる部分を消毒しています。(機材繰りにより実施できない場合もあります)
消毒作業 消毒作業

旅先で

マスクと手洗い
マスクの着用やこまめな手洗い・消毒を心がけ、3密(密集・密接・密閉)を避けるなど、健康で安全なご旅行をお楽しみください。

予約の変更に関して

FlexFly
変更手数料無料キャンペーン(終了) 以下に該当する場合は、キャンペーンの対象となるため、変更手数料無料で日時をご変更いただけます(1回分)。諸条件が適用されます。詳しくはこちら
  • 【予約期間】2020年4月6日(月)~7月31日(金)
  • 【搭乗期間】12月31日(木)までに出発するフライト
  • 【対象便】ジェットスター・ジャパン(GK)運航便(国内線・国際線)

Good Travel, No Trouble

事前準備でより快適な旅を♪スムーズな旅のコツをご紹介。新たなムービー公開!

セール情報をいち早くGET!

セール情報をいち早くGETするなら、マイアカウントからメール登録!

スマホひとつで空の旅

スマホで搭乗!モバイル搭乗券を使えばペーパーレス♪ 預ける手荷物がなければ、空港カウンターに並ばずにそのまま保安検査場、搭乗ゲートへ。

FareCredit(払い戻しオプション)

急な予定変更でも安心♪フライト運賃の払い戻しに対応したオプション「FareCredit(フェアクレジット)」が新登場!