ホイール、ハンドル、ケースを含めて1辺の長さが1mを超える場合は、追加料金が適用されます。サイズの大きな手荷物の受託手荷物の重量に加えて必要アイテムごとに追加される手数料であり、受託手荷物の手荷物許容量を増やすものではありません。自転車の重量が事前に購入された受託手荷物の重量範囲内に収まらない場合は空港で超過手荷物料金を申し受けますのでご注意ください。受託手荷物の重量は予約時に購入するのが一番おトクです。予約後は予約の確認/変更から追加で購入いただけます。

自転車の梱包
自転車用ケースに適切に収納されている自転車のみお預かりします。ジェットスターは空港で自転車用ケースを提供しておりませんので、お客様ご自身でご搭乗前に自転車用のケースをご用意ください。タンデム自転車、リカンベント自転車、バイクトレーラーについても、寸法と重量が制限範囲内であればお預かりしております。折り畳み式自転車はケースに収納されていなくてもお預かりしますが、安心してお預けいただくため、ケースへの収納をお勧めいたします。


重要: お手荷物1個あたりの最大重量は32kgです。32kgを超える荷物は別途、貨物として輸送される必要があります。
※路線により貨物としても輸送が出来ない場合もございます。詳しくはコンタクトセンター/ライブチャットまでお問い合わせください。

自転車は以下の状態で梱包されている必要があります。

  • タイヤの空気を抜いた状態
  • ペダルを取り外した状態
  • ハンドルがフレームに並行して固定されている状態
  • 自転車の全長が180cmを超える場合には、前輪を取り外してケース内の後輪の横に固定した状態

電動自転車
リチウム電池が内蔵された電動自転車は、リチウム電池が内蔵・装着された電子機器類をご確認ください。