航空機外の設備と無線通信を行う状態にあるすべての携帯電話および電子機器(ノート型パソコン、携帯情報端末、電子ゲーム機など)は、離陸のため航空機のすべてのドアが閉ざされたときから、着陸後の滑走が終了するときまで、ご使用いただけません。ただし、一部機能は、フライトモード(機内モード)に設定の上、ご使用いただけます。

フライトモードに設定のできない携帯電話や無線通信を行う電子機器は、航空機のすべてのドアが閉ざされたときに、電源をお切りください。フライトモードに設定されている携帯電話、電子機器および電波を発射しない電子機器は、常時ご使用いただけます。フライトモード設定時、通信機能は停止しますが、携帯電話や携帯情報端末の基本操作ができます。フライトモードでは、電話をかけたり、SMSやEメールを送信したりすることは出来ません。

着陸走行終了後は、携帯電話および電子機器の通信機能はご使用いただけますが、携帯電話はマナーモードに設定し、通話をご遠慮いただくなど、周りのお客様へのご配慮をお願いいたします。 なお、保安上、また緊急脱出時の妨げにならないように、離着陸の際、ノート型パソコンやiPadなどの大きめの電子機器は、すべて座席の下、または頭上のロッカーにご収納いただいておりますので、ご協力をお願いいたします。 なお、これらの機器の使用におきましては、乗務員の指示に従い、適切な使用をお願いいたします。また、運航状況により、機長判断により使用を制限させていただいたり、ペースメーカーなど、医療機器をご使用のお客さまが近くにいらっしゃる場合、電子機器の使用をお控えいただくことがあります。あらかじめご了承ください。

トランシーバー、送受信可能なページャー、GPSなどの機器を使った電波の発信は、航空機の通信システムや航法システムに妨害を与える可能性があるので、運航のいかなる時にも使用することはできません。

※キッズ携帯など、電源を切っていても、定期的に電源が入り、位置情報などを送信する機能がある機種は、ご搭乗前に「完全電源OFF」機能を使用するか、あらかじめ設定を解除した後、主電源をお切りください。詳しい操作手順は、各社の取扱説明書などでご確認ください。


携帯電話/電子機器の使用ルール

※1 電波を発する電子機器*(フライトモード非対応)
※2 電波を発する電子機器*(フライトモード状態)
※3 電波を発しない電子機器**

*携帯電話、PHS、パーソナルコンピュータ、携帯情報端末、電子ゲーム機など
**テレビ、ラジオ、ポケットベル、ビデオカメラ、ビデオプレーヤー、DVDプレーヤー、デジタルカメラなど