ジェットスターでは、肉・魚類や冷凍の食品について、以下の条件を満たす場合、受託手荷物として輸送を引き受けます。

  • 肉・魚類や冷凍の食品は、完全に冷凍状態にあり、蓋のある適切な容器(クーラーボックスなど)に収納してください。
  • 容器を含む総重量が32kgを超える場合は、お預かりできません。
  • 氷(冷凍用のプラスチック容器を含む)はご利用できませんが、保冷材はご利用いただけます。
  • すべての容器はビニールなどのカバーで二重に包み、臭いの流出がないようにしてください。
  • 肉・魚類や冷凍の食品は、臭いの流出の可能性があるため、機内持込手荷物としての持ち込みはできません。但し、ジェットスター・ジャパン(GK)のみ水や臭いの漏れがないように適切に梱包されている場合に限り、機内持込手荷物としてお持ち込みいただけます。*
  • 冷凍を維持するため、ドライアイスを利用する場合、適正な通気を確保してください。また、危険物の扱いとなりますので、事前の承認が必要です。

*機内持込手荷物には、重量やサイズに制限がありますのでご注意ください。