ご予約の前に必ずご確認ください。

  • ジェットスターでは医療用酸素ボンベなどの貸し出しは行っておりませんので、お客様ご自身でご用意ください。
  • 携帯用酸素濃縮器もしくは医療用酸素ボンベは、機内に持ち込みご利用いただけます。持ち込みの可否は、運航会社、運航機材によって異なりますので、下記の表にてご確認ください。
  • 機内で医療用酸素をご利用になる場合は、トラベルクリアランスフォームの提出が必要です。詳しくはメディカルクリアランスの項目をご確認ください。
  • 医療用酸素のご利用に際しては、下記に記載された要件を満たす必要があります。
  • ジェットスター・ジャパン(GK)およびジェットスター・パシフィック航空(BL)のフライトでは、医療用酸素はご利用いただけません。

*携帯用酸素濃縮器および医療用酸素ボンベは当局により承認されたもののみ、ご利用いただけます。詳しくは下記をご参照ください。

お客様がご利用になるフライトの運航機材を、必ず事前にご確認ください。運航機材はお客様の旅程表もしくはコンタクトセンター/ライブチャットでご確認いただけます。


携帯用酸素濃縮器

ジェットスター航空(JQ)およびジェットスター・アジア航空(3K)のフライトでは、アメリカ連邦航空局(英語) opens in new windowによって承認された携帯用酸素濃縮器のご利用が可能です。

ジェットスター航空(JQ)では、携帯用酸素濃縮器、医療用酸素ボンベやその他のバッテリー式の医療機器をご利用の場合、危険物としての事前承認が必要となります。詳しくは危険物のページをご確認ください。

ジェットスター・アジア航空(3K)では、 医療用酸素ボンベ、携帯用酸素濃縮器やその他のバッテリー式の医療機器をご利用の場合、危険物としての承認が必要となります。コンタクトセンター/ライブチャットをご利用いただき、事前に承認の手続きを行ってください。承認の手続きはご出発当日、空港でも可能ですが、お時間がかかる場合もございます。


医療用酸素ボンベ

ジェットスター航空(JQ)およびジェットスター・アジア航空(3K)が運航するA320/321型機およびQ300型機では、医療用酸素ボンベをご利用いただけます。ご利用いただける製品は、BOC社Air Liquide社またはSupagas社の製品に限ります。

各社の連絡先は下記をご参照ください。

オーストラリア

  • BOC社 1800 050 999
  • Air Liquide社 1300 360 202
  • Supagas社 13 77 72

シンガポール

  • Air Liquide社 +65 6265 3788

ご利用になったボンベの返却はお客様の責任で行っていただきます。

各事業者への申請は、医師の診断書が必要になります。診断書には、吸入酸素量およびご自身でご利用が可能かどうかの記載が必要です。

持ち込み可能なボンベのサイズはCサイズまでです。ボンベは適切な運搬用の容器に収納してください。複数のボンベの持ち込みが可能ですが、座席もしくは前方の座席の下に適切に固定するか、収納棚に入れていただく必要があります。ボンベの固定に複数の座席が必要な場合、座席を追加で購入していただきます。

必要な付属品(調整器、カニューレ)などは、お客様ご自身でご用意ください。


ご利用に際しての注意事項

  • 携帯用酸素の操作は、お客様ご自身またはお客様の同伴者が行ってください。
  • 酸素ボンベは適切な運搬用の容器に収納してください。
  • 万が一の遅延や欠航、目的地変更などに備え、予備を携帯するなど、ご旅行中に十分な量の酸素をご準備ください。
  • 事前もしくはチェックインの際、トラベルクリアランスフォームを提出してください。
  • ジェットスターの定める、お一人で搭乗される場合の条件を満たす必要があります。
  • 乗継便がある場合は、それぞれの航空会社ごとに定められた手続きに従ってください。

CPAPのご利用について

CPAPは電源に接続するものとバッテリー式のものがあります。

  • 電源に接続するものはジェットスターのフライトではご利用いただけません。
  • バッテリー式のCPAPは機内でご利用いただけます。ただし、ご利用にはトラベルクリアランスフォームの提出が必要です。

電源に接続するCPAPは機内でご利用にならない場合、定められた持込手荷物の許容量の範囲であれば、機内にお持込みいただけます。この場合、トラベルクリアランスフォームの提出は必要ありません。