政府および空港当局は、機内持込手荷物やお手回り品に含めることのできる品目に制限を設けています。お客様のご予約便に適用される制限については、ご出発前にお客様ご自身でご確認いただくようお願いいたします。機内への持ち込みが制限されている品目は、受託手荷物の中に入れてお預けください。機内への持ち込みが制限されている品目がお客様の機内持込手荷物にあることが判明した場合は、その品目は没収され、返却されません。

機内持込手荷物および受託手荷物に入れることが制限される危険物の例(リストポスター
航空機による輸送が禁止されている品目についてはこちらをご確認ください。

オーストラリア国内線・国際線をご利用のお客様は、オーストラリア政府のTravel Secureウェブサイト(英語)で機内持込制限品の一覧をご確認ください。

オーストラリアでの出入国の際に、豪ドルまたは外貨で合計AUD$10,000相当以上を所持している場合には申告が必要です。入国カードをご記入のうえ、空港のオーストラリア税関・国境警備局の係員へお渡しください。詳細は、オーストラリア取引報告分析センター(AUTSRAC)のウェブサイト(英語)にてご確認ください。事前に入国カードのダウンロードをすることもできます。

ジェットスター・ジャパンが運航する国際線をご利用のお客様は、当局の規則により機内に持ち込める手荷物が規制される場合もあります。
特に下記の点にご注意ください。詳しくは各国・地域のウェブサイトをご確認ください。

  • フィリピン
    フィリピン当局の指示により、フィリピンから出発する全便に対し、航空機へのマッチ・ライターの持ち込みが禁止されています。また、スーツケースなどのお預けになる手荷物の中に入れることも禁止されております。マッチ・ライターは保安検査場で廃棄していただくことになりますのでご注意ください。
    なお、通常より保安検査に時間がかかることが予想されますので、空港へはお早めにお越しください。また、国際基準の機内への液体物持込み規制による検査を搭乗口においても、再度実施しております。空港保安検査後に購入された液体物等については、購入を証明できない物については、検査の際に廃棄をお願いする可能性がございますのでご注意ください。
    フィリピン航空局(英語)
  • 中国
    中国当局の指示により、中国本土から出発する全便に対し、航空機へのマッチ・ライターの持ち込みが禁止されています。また、スーツケースなどのお預けになる手荷物の中に入れることも禁止されております。マッチ・ライターは保安検査場で放棄していただくことになりますのでご注意ください。また、容器容積が100mlを超えるものは、その容器に液体が入っていなくても持ち込みが禁止されており、預け入れ荷物に入れなければなりません。
    なお、通常より保安検査に時間がかかることが予想されますので、空港へはお早めにお越しください。
    中国民用航空局(中国語)
  • 台湾
    台湾民用航空局(英語)
  • 香港
    香港民航局(英語)

動物の持ち込み

ジェットスターでは機内への動物の持ち込みはできません(補助犬を除く)。制限には、食用に供する生きた海産品(魚、ロブスターや貝類など)、また、容器に入れられた昆虫や魚なども対象となりますので、ご注意ください。


検疫について

国際線をご利用の場合、国によって、動植物および食料品の持ち込み規定は異なりますので、ご注意ください。検疫の規定については、事前にお客様ご自身の責任でご確認ください。