サーフィンと楽しみを求めるすべての人が集まる

「ゴールディ(Goldie)」はサーファーズパラダイス、そしてレストラン、ショッピング、カジノがあるブロードビーチ(Boardbeach)やリゾートのあるメインビーチ(Main Beach)が並ぶ、有名な観光の拠点である。それからグリーンマウント(Greenmount)、カルンビン(Currumbin)やバーリー(Burleigh)など、サーフブレイクもお忘れなく。ゴールドコーストは、シーワールド(Sea World)やホワイトウォーターワールド(WhiteWater World)、ワーナーブラザーズムービーワールド(Warner Bros Movie World)、ドリームワールド(Dreamworld)、オーストラリアンアウトバックスペクタキュラー(Australian Outback Spectacular)など、数多くのテーマパークを誇るファミリー向けの中心都市としても有名だ。でも一歩その町を出れば、「緑は黄金の後ろにある(the green behind the gold)」と言われているように、国立公園、岩や滝、タンボリン山(Tamborine Mountain)、スプリングブルック(Springbrook)やカランビンバレー(Currumbin Valley)のような大自然がある。年中太陽の光を浴びた人気の行楽地ゴールドコーストでは、テンポは早い、あるいはゆっくりした気分の両方を切り替えながら楽しむことができるところなのだ。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • Life’s a beach

    人生はビーチだ

    ホテル・ペッパーズブロードビーチ(Peppers Broadbeach opens in new window)はその名の通り、ブロードビーチの中心にある。豊富なメニューを取り揃えた100以上のレストランが建ち並ぶここにいれば、お腹が空く暇もなさそうだ。ファミリー向けのホテル・パラダイスリゾート(Zagames Paradise Resort opens in new window)はサーファーズパラダイスのど真ん中。キッズクラブに子供達を預ければ、両親達もまた自分だけの時間に浸って大いに楽しめるに違いない。ホテル・ニルヴァーナバイザシー(Nirvana by the Sea opens in new window)はキラービーチ(Kirra Beach)のゴールドコースト北にあり、カップル向けのぜいたくな宿泊施設を提供しており、生活空間をテーマにした各部屋からは、クイーンズランドの最も有名なビーチの全景が見渡せる造りとなっている。

  • Natural high

    自然の高み

    ゴールドコーストにはすべてが揃っているのだが、中でも特筆すべきは、足を延ばせばいくらでも探索できる歩道が整った美しい国立公園だろう。スプリングブック国立公園のナチュラルブリッジレインフォレストサーキット(Springbook National Park opens in new window’s Natural Bridge Rainforest Circuit)、オライリーズレインフォレストリトリート(O’Reilly’s opens in new window)、ムーンライトクレイグルックアウト(Moonlight Craig Lookout)、タンボリン山(Tamborine Mountain)など、その数は非常に多い。ナチュラルブリッジレインフォレストサーキットはケイブクリークの上にアーチ状に掛かる見事な岩石層。夜には何千ものツチボタルが明かりを灯す光景は本当に素晴らしい。 オライリーズレインフォレストリトリート(O’Reilly’s Rainforest Retreat)は、ゴールドコーストの内陸部、世界遺産ラミントン国立公園(Lamington National Park)内にある。 500以上の滝、250種余りのオーストラリア野生動物など自然を探索する遊歩道は160kmに渡り、亜熱帯降雨林の魔法で迷子になってしまいそうだ。そして、クレイグ(Craig) 展望台から眺める月はここでのハイライトにふさわしい感動をもたらしてくれるだろう。ブティック、レストランやワイナリーを楽しみたい人にも、タンボリンレインフォレストスカイウォーク(Tamborine Rainforest Skywalk)で空中散歩を楽しみたい人にも「緑は黄金の後ろにある」で知られるタンボリン山(Tamborine Mountain)は、もってこい。手つかずの自然に取り囲まれているサウスイーストクイーンズランド州で最も長い林冠歩道である。巧みの技で架けられた全長300mの橋が熱帯雨林の林冠を横切っており、40mのスカイウォーク・カンチレバーは小川の頭上30mにある。他では味わうことのできない熱帯雨林ならではの体験になるだろう。

  • Park life

    公園ライフ

    ゴールディは、オーストラリアのテーマパークの中心地。ドリームワールド(Dreamworld opens in new window)、ムービーワールド(Movie World opens in new window)、シーワールド(Sea World opens in new window)、ウエットンワイルド(Wet ‘n’ Wild opens in new window)、ホワイトウォーターワールド(Whitewater World)がある。時間とお金を用意したら、オンラインでお得な無制限パス(Unlimited Pass)を購入しよう。そして、渋滞や駐車場の心配をすることなく、ローカルバスに乗って公園へ行ってみるのはどうだろう。3つの公園用パスで節約ができればムービーワールド、ウエットンワイルドとシーワールドにも行けるぞ。

  • Shore thing

    海、海、海

    57kmの海岸線が続くゴールドコーストには無数のサーフブレイクがある。砂はきれいな黄金色、ほとんどのビーチには水難救助員が常駐監視している。そして、最近人気急上昇中のスタンドアップパドル(Stand Up Paddle boarding /SUP)はここで体験出来るぞ。初心者はまずJMスタンドアップパドルカンパニー(JM Stand up Paddle Company opens in new window)やサーファーズパラダイススタンドアップパドル(Surfers Paradise Standa Up Paddle opens in new window)で手ほどきを受けよう。最高の波に乗りたいからどこかもっとのどかな場所で練習したい? それならゲットウェットサーフスクール(Get Wet Surf School opens in new window)やブラッドホルムスサーフコーチ(Brad Holmes Surf Coaching opens in new window)まで問い合わせを。グループやファミリー、気の合った仲間達とストラドブローク島(Stradbroke Island)へ行き、日常を離れた所で、新しいスキルを学びながらビーチでリラックス。というのはどうかな。

  • Whale of a time

    気分は最高

    世界最大の哺乳類、ザトウクジラがハンプバック・ハイウェイ(Humpback Highway)沿いの沖合を毎年群れで移動する、壮大なる自然の驚異をその目で確かめよう。6月~11月の多い時なら最大25,000回以上もクジラに出逢えるチャンスがある。

    ホエールウォッチング ゴールドコースト(Whale Watching Gold Coast opens in new window

    ホエールズ イン パラダイス(Whales in Paradise opens in new window

Topへ戻る

空港情報

サーファーパラダイス(Surfers Paradise)まで 20km
所要時間 約30分
タクシー 約A$65
スカイバスSkyBus)空港とゴールドコースト市内の500以上のホテルを結ぶ路線を運行。片道A$18~。無料WiFi完備。
バス702 サーファーズパラダイス行きのバスは、30分おきに運行している。片道 A$7~。

Topへ戻る

気候とシーズン

ゴールドコーストは年間を通じて天候に恵まれ、四季の差もあまりなく、年間 245日が平均的に晴れると言われている。亜熱帯性気候は屋外でのアクティビティを楽しむには理想的。夏(12月~2月)の日中の平均気温は25℃前後だが、冬になると、内陸部では16℃くらいの涼しい気温になる。降雨量が多いのは1月~3月で暑い日もあり、熱帯性スコールが降る。夏はゴールドコーストの美しいビーチとスリル満点の乗り物が楽しめるテーマパークで遊ぶには最適な時期。ホエールウォッチングならツアーボートが運行される6月~10月がおすすめ。

Topへ戻る

アクセス

バス会社トランスリンク(TransLink opens in new window)とサーフサイド(Surfside opens in new window)が海岸に沿ったルートを走っている。深夜に運行するサービス ナイトリンク(NightLink)、Gリンク(G:link opens in new window)など新型路面電車が2014年中旬までに完成予定。ゴールドコースト大学病院(Gold Coast University Hospital)からブロードビーチサウス(Broadbeach South)までは16駅。ただし、内陸部のヒンターランド(Hinterland)へ行くにはレンタカーもしくはタクシーを利用しよう。

Topへ戻る