太陽、風景、アート、文化遺産の急成長都市

マッカイはさとうきび産業が盛んなことから「オーストラリアのシュガーキャピタル(Australia’s sugar capital)」と言われており、30以上の静かなビーチと11の国立公園にアクセスしやすい、のんびりとした海岸沿いの街である。ブルーウォータートレイル(Bluewater Trail)にはブルーウォーターラグーン、ブルーウォーターキー、マッカイ植物園(Mackay Regional Botanic Gardens)などの観光スポットを結ぶ20km以上に及ぶ遊歩道や自転車専用道がある。市内中心部は、数多くのアールデコ調の建築様式を誇っており、クイーンズランド州で最大規模のアートフェスティバル(Mackay Festival of Arts)の発信地。また、車で1時間のユンゲラ(Eungella)まで足を延ばして西部を探索するのもいい。夜明けや夕暮れにカモノハシの食事を見学したり、日の出時に人懐こいカンガルーやワラビーと一緒に過ごしたり。そして、ケープヒルズバラ国立公園(Cape Hillsborough)で時期も運も良ければ、ハリモグラ、ポッサム、七面鳥やカメが見られることもある。そして、アンドリュースポイント(Andrews Point)では自然のままの海岸線を望む素晴らしい景色が楽しめることをお忘れなく。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • Away from it all

    日常から離れて

    ケズウィック島(Keswick Island opens in new window)で、澄んだ海と大自然の中でダイビングやシュノーケリングをして静かな週末を過ごしてみるのはどうだろう。日帰りでも良いし、島のゲストハウスに泊まるのもあり。選択はご自由に。

  • Gone fishin’

    釣り好き派には

    マッカイから車で約40分の所にあるキンカントダム(Kinchant Dam opens in new window)とTeemburra Damsをおすすめしよう。ここには、幻の魚と言われるバラマンディ(Barramundi)とスーティグランタ(Sooty Grunder)がいることで知られている。そして、オーストラリアフィッシングチャンピオンシップは最近、キンカントダムを幻の魚の釣り場所として国内のベストロケーションに指定した。

  • In the swim

    プール大好き派には

    マッカイ市内中心に位置するブルーウォーターラグーン(Bluewater Lagoon opens in new window)はファミリー向けのスポット。浅いプール、深いプールが3つと、メインのラグーン2つにつながる滝や子ども向けの遊び場がある。屋根付のバーベキューエリア、更衣室、トイレなどの施設も整っている。入場は無料。

  • Something wild

    野生動物との出会い

    オーストラリアでもめったに見られない有袋類のひとつ、カモノハシが必ず見られるのが、マッカイの西、車で約1時間のところにあるユンゲラ国立公園(Engella National Park)。もし、カモノハシが恥ずかしがって出てこなければ、パイオニアバレー(Pioneer Valley)の息を飲むような素晴らしい景色を楽いんでほしい。オーシャンブリーズトランスファー社(Ocean Breeze Transfers)が催行するユンゲラ日帰りツアーがおすすめ(要予約)。

  • Sweet tooth

    スイーツ大好き派には

    スイーツが欲しくなったら、オーストラリアで唯一の対話型のミニチュアミルと蒸留所のあるサリナシュガーシェード(Sarina Sugar Shed opens in new window)に行ってみよう。サトウキビが、アイスクリームやリキュール、ラム酒、ソースに変身していくのかを学べる。

Topへ戻る

空港情報

マッカイ
CBD(中央ビ���ネス地区)まで 6km
所要時間 約15分
タクシー 約A$22

エアリービーチ
CBD(中央ビジネス地区)まで 160km
所要時間 約2時間
ウィットサンデーからエアリービーチへの移動 電話+61(7)4947 4940へ事前予約が望ましい。片道/大人A$60、子供(4~15歳)A$35、往復/大人 A$120、子供 A$60

Topへ戻る

気候とシーズン

マッカイのベストシーズンは気温が20℃半ばの1月から4月。涼しい時の気温は10℃~20℃の範囲。冬は晴天が多く乾燥する。12月になると雨季が始まる。

クジラの季節は7月から9月だが、それ以外の時期で見られることもある。ザトウクジラやパイロットクジラはウィットサンデー諸島(Whitsunday)では良く見られる光景だ。7月に行われるマッカイ・フェスティバル・オブ・アート(Mackay Festival of Arts)では、ワインやチーズのテイスティング、ジャズの生演奏、スタンドアップルーチン、美術展やその他のパフォーマンスが開催される。

Topへ戻る

アクセス

マッカイトランジットコーチ社(Mackay Transit Coaches)が運行するローカルバスを使えば市街地内外へ安く簡単にアクセスできる。主要なバス停はケインランズショッピングセンター(Canelands Shopping Centre)の後ろとビクトリア通りとグレゴリー通りの角の2ケ所。大手レンタルカー会社は空港にカウンターがあり、マッカイタクシーは電話13 10 08で呼び出しが出来る。

Topへ戻る