文化の混ざり合うメルボルンは、芸術とスポーツを愛する人々のメッカ

ヤラ川(Yarra River)をまたいでいるメルボルンは、スポーツアリーナや芸術施設、素晴らしいダイニングやバー、コーヒーショップなどが至る所にひしめいている。

2つのフットボール競技場にテニスの試合や有名アーティストのライブ会場にもなるロッドレーバーアリーナ(Rod Laver Arena)。そして、アート特区(芸術指定地区)のセントキルダ(St.Kilda)には、ビクトリア国立美術館(National Gallery of Victoria)にアートセンター、そして、フェデレーションスクエア(Federation Square)には、南半球最大のオーストラリア映像博物館(ACMI/Australian Center for the Moving Image)がある。

また、郊外にトレッキングに出るのもいい。もちろん市内でブティックやバーがひしめくコリングウッド地区(Collingwood)やフィッツロイ地区(Fitzroy)、チャペル通りのサウスヤラ(Chapel Street South Yarra)や海辺のリゾート地、セントキルダ(St.Kilda)周辺もおすすめ。ブランズウィック(Brunswick)、 ノースコート(Northcote) と コバーグ(Coburg)辺りには屋台系の食べ物やパブ、おしゃれなショップが並んでいる。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • 音楽シーンへ

    メルボルンの音楽シーンの歴史は長く、当地の文化の一部となっている。小さなパブから大規模な会場まで、毎晩多くのバンド演奏を聴くことができる。ストリートマガジンBeatを見ればその情報が満載。ロックにどっぷりつかるならコリングウッド地区(Collingwood)にあるトートホテル(Tote Hotel)のパブやリッチモンド地区にあるコーナーホテル(Corner Hotel)を訪れよう。もちろん、このほかにもロックを聴ける場所は多くある。

  • Market wisdom

    マーケットへ繰り出そう

    ホテルの部屋の冷蔵庫に新鮮な地元食材を詰め込んだり、ワードローブをビンテージファッション(The best Vintage Market in Melbourne)の服で埋め尽くしたり、ぶらぶらとお店をのぞいてみたり。メルボルンのマーケットには何でもある。感動的なグルメを経験したければ歴史あるクイーンビクトリアマーケット(Queen Victoria Market)はお見逃しなく。手作りチーズ、直送野菜や見るからに美味しそうなデリカテッセンがいっぱい。メルボルン名物のフードトラック(日曜定休)も楽しめる。

  • Meals on wheels

    トラムカーでのディナー

    少し時代をさかのぼった気分で、メルボン名物の路面電車を改装したコロニアルトラムカーレストラン(The Colonial Tramcar Restaurant)を予約しよう。ランチではコースをチョイスできるし、早い時間帯、遅い時間帯でもディナーを味わえる。カンガルーのフィレなどの当地の名物料理と地元ワインを楽しんでいる間、トラムカーは都心部を抜けメルボルン郊外を走る。

  • Stage front

    世界の舞台

    メルボルンはライブやミュージカルを楽しむにはもってこい。リージェントシアター(Regent Theatre)などの歴史的なものから近代的なアートセンターまで音楽シーンの会場は市内各所にある。タイムアウトメルボルン(Time Out Melbourne)などの地元情報誌で情報をチェックしよう。

  • What's in store

    モール巡り

    メルボルンはオーストラリア随一のショッピングのメッカとなりつつある。フィッツロイやコリングウッドなどの郊外にはユニークなデザイナーズブティックショップがひしめき合うが、中心部にはグルメフードコートの入ったショッピングモールに国際的なブランドショップが存在する。その中でもエンポリウムメルボルン(Emporium Melbourne)には、ユニクロのオーストラリア1号店、MUJI、当地のデザイナーショップや職人が作る靴屋などが集結している。

Topへ戻る

空港情報

タラマリン(Tullamarine)
CBD(中央ビジネス地区)まで 23km
所要時間 約40分
タクシー 約A$75
スカイバス 10分毎に運行。片道A$19.5(大人)、A$9(子供、4~16歳)、往復A$37(大人)、A$18(子供)。所要時間は約40分。

アバロン(Avalon)
ギーロン(Geelong)まで 20km
所要時間 約20分
タクシー 約A$50
スカイバスシャトル 発着便に合わせて運行。片道A$18(大人)、往復A$34(大人)。所要時間は約40分。

メルボルン(Melbourne)まで 55km
所要時間 約50分
タクシー 約A$130
スカイバス 発着便に合わせて運行。片道A$22(大人)、A$10(子供、4~16歳)。往復A$42(大人)、A$20(子供)。所要時間は約50分。

 

Topへ戻る

気候とシーズン

メルボルンは温暖な気候だが、寒い冬の時期(6~10月の最低平均気温は6~7℃)もある。が、訪問シーズンを外す必要はないだろう。パブやバーには暖炉が設置されているので快適に過ごせるし、公共交通機関も暖房が効いている。一方夏は暑く、気温が30℃を越えることもある。

そしてここはイベント盛りだくさんの街。3月にはムーンバフェスティバル(Moomba Festiva)l、4月には世界三大コメディフェスティバルの一つと言われるメルボルン国際コメディフェスティバル(Melbourne International Comedy Festival)、5月にはグッドビールウィーク(Good Beer Week)と国際コーヒーエキスポ(International Coffee Expo)、6月はグッドフード&ワインフェスティバル(Good Food and Wine Festival)、8月にはメルボルン国際映画祭(Melbourne International Film Festival)と、世界中から著名な作家が集合するメルボルンライターフェスティバル(Melbourne Writers Festival)など目白押し。

スポーツ好きのあなたには、1月に全豪オープン​​テニス(Australian Open Tennis)、3月にF1オーストラリアグランプリ(Formula 1 Australian Grand Prix)、9月にはオーストラリアフットボールリーグ(Australian Football League)決勝戦、11月には、オーストラリで最も権威のある競馬メルボルンカップ(Emirates Melbourne Cup)と、12月にはボクシングデー(年に一度の大バーゲンの日/Boxing Day)の日にクリケットのテストマッチ(Test cricket)が開かれ盛り上がる。

Topへ戻る

アクセス

無料の歴史観光トラム(35番)のシティサークル(City Circle)は、都心部周辺を走っている。トラム、電車やバスなどの公共交通手段を使うなら、旅行者向けのマイキビジターパック(myki Visitor Pack)を購入しておこう。マイキビジターパックは連邦広場のメルボルンビジターセンター(観光案内所)、メルボルン空港のSkyBusターミナル、サザンクロス駅やPTV Hubで購入できる。ただしマイキカードは空港を発着する民間経営のスカイバス(Skybus)では使用できないから要注意。トラム、バスや電車の時刻表、旅のプランニングやチケット情報は、パブリックトランスポートビクトリア(PTV Hub Public Transport Victoria)でチェック。

Topへ戻る