芸術とスポーツを愛する人々のメッカ

ヤラ川(Yarra River)をまたいでいるメルボルンは、スポーツアリーナや芸術施設、素晴らしいダイニングやバー、コーヒーショップなどが至る所にひしめいている。

CBDは、コンパクトながらも絶え間なく進化を続ける都市。碁盤の目のような構造の中にはビクトリア朝様式の建築物やストリートアート、高層マンションが立ち並び、狭い路地には隠れ家のようなギャラリーや劇場、商店、カフェが軒を連ねます。

近郊のメルボルン・クリケット・グラウンドやロッド・レーバー・アリーナ、ビクトリア国立美術館、アート・センター・メルボルン、フェデレーション・スクエア、オーストラリア近代映像センターなどのスポットでは、素晴らしい感動体験も味わえます。レストランがブレスレットのように川沿いに連なるサウスバンクは、カルチャー満載の夜のおでかけの締めくくりのスポットとして、昔も今も愛され続けています。

碁盤の目の外側にあるコリングウッド、フィッツロイ、ノースコート、ブランズウィックなどは、おしゃれな高級エリアへと変貌しつつありますが、未だに自由奔放さを残していて、散策におすすめのスポットです。ウィンザーのチャペル・ストリート沿いにある愉快なバーや、ちょっと風変わりだけど潮風が心地良いビーチサイドのセント・キルダも要チェックです。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • Close up of a guitar being played and a girl singing into a microphone in the background.

    ライブミュージック

    活気あふれるミュージックシーンは、メルボルンのカルチャーとナイトライフにとって欠かせないパーツのひとつ。都市化の波に抗うように、ますます盛り上がりを見せています。小さなパブから大きなステージまで、毎晩どこかで、様々なバンドの演奏を楽しむことができます。詳細なリストは、伝説的なストリートマガジンBeat(またはウェブサイト)をご覧ください。メルボルンのクラシックなパブロックを体感したいなら、コリングウッドのTote Hotelや、リッチモンドのCorner Hotelがおすすめですが、他にも数え切れないほどたくさんのパブがあります。

  • A young man serving customers at a deli in the Queen Victoria Market.

    メルボルンのマーケット

    メルボルンには数多くのマーケットがあります。ピクニックのために新鮮な食材が欲しい時、ビンテージもののファッションやおみやげ用に地元のクラフト作品を探したい時、あるいはちょっと散策するだけでも、とても楽しい時間が過ごせます。長い歴史を持つクイーン・ビクトリア・マーケットサウス・メルボルン・マーケット、それにプラーラン・マーケットなどは外せません。気前のいいデリや山積みの農産物、おいしいシーフード、カリスマ的な人気の食堂などが並び、調理器具や衣類、その他様々な商品を扱う店舗も揃っています。

  • People walking through Centre Place, a narrow laneway lined with cafes.

    路地&ストリートアート

    メルボルンの小さな路地(レーンウェイ)は隠れた宝石箱。大通りからそれて小さな脇道に入ると、壁という壁にはグラフィティ(落書き)がいっぱい。路地沿いのそこかしこに、受賞歴のあるレストランや地下劇場、ルーフトップバーやミニチュアギャラリー、立ち飲みのカクテルバーなどが隠れています。ホイザー・レーンは、常に変化し続けるストリートアートが観光客の人気を集めている路地。カフェが立ち並ぶデグレイブ・ストリートや、レストランで有名なハードウェア・レーンもステキですが、何よりも自分の足の向くまま、内なる冒険心に身を任せて歩き回ってみることをおすすめします。

  • The cast of a musical theatre production on stage.

    メルボルンの劇場

    メルボルンは演劇愛好家にとっても魅力満載の街。メジャーなミュージカル作品が上演されるプリンセス・シアターやハー・マジェスティーズ・シアター、リージェントなど、歴史豊かで壮大な劇場はまさに圧巻。アート・センター・メルボルンのパフォーマンススペースはスマートな雰囲気が魅力です。もう少し規模の小さいステージをお望みという向きには、親しみやすいパフォーマンススペースも数多くあります。ラ・ママ、ザ・バタフライ・クラブ、45ダウンステアーズなどでは、スポークン・ワード(言葉のパフォーマンス)からキャバレー、小規模な演劇作品にいたるまで、幅広い演目を楽しむことができます。詳細な上演リストは、Time Out などの現地のエンターテインメントガイドをご覧ください。

  • Looking down into the historic Royal Arcade, with elegant shops on either side.

    市内のショッピング

    メルボルンはオーストラリアの人気ショッピングスポットとして急成長を遂げつつある街です。CBDにはエンポーリアム、メルボルン・セントラル、GPOといった魅力的なショッピングモールが立ち並び、MUJI、ユニクロ、H&Mなどの国際ブランドから、地元オーストラリアの高級デザイナーズブランド、靴職人が手がけるシューズメーカーまで、ありとあらゆる商品が揃っています。モールの中にあるフードコートでは、グルメな食事も楽しめます。もっとローカルな雰囲気でショッピングを満喫したいという方には、カールトンやノースコート、ブランズウィック、コリングウッド、フィッツロイなどがおすすめです。

Topへ戻る

空港情報

タラマリン(Tullamarine)
CBD(中央ビジネス地区)まで 23km
所要時間 約40分
タクシー 約A$75
スカイバス 10分毎に運行。片道A$19.5(大人)、A$9(子供、4~16歳)、往復A$37(大人)、A$18(子供)。所要時間は約40分。

アバロン(Avalon)
ギーロン(Geelong)まで 20km
所要時間 約20分
タクシー 約A$50
スカイバスシャトル 発着便に合わせて運行。片道A$18(大人)、往復A$34(大人)。所要時間は約40分。

メルボルン(Melbourne)まで 55km
所要時間 約50分
タクシー 約A$130
スカイバス 発着便に合わせて運行。片道A$22(大人)、A$10(子供、4~16歳)。往復A$42(大人)、A$20(子供)。所要時間は約50分。

 

Topへ戻る

気候とシーズン

メルボルンは温暖な気候だが、寒い冬の時期(6~10月の最低平均気温は6~7℃)もある。が、訪問シーズンを外す必要はないだろう。パブやバーには暖炉が設置されているので快適に過ごせるし、公共交通機関も暖房が効いている。一方夏は暑く、気温が30℃を越えることもある。

そしてここはイベント盛りだくさんの街。3月にはムーンバフェスティバル(Moomba Festiva)l、4月には世界三大コメディフェスティバルの一つと言われるメルボルン国際コメディフェスティバル(Melbourne International Comedy Festival)、5月にはグッドビールウィーク(Good Beer Week)と国際コーヒーエキスポ(International Coffee Expo)、6月はグッドフード&ワインフェスティバル(Good Food and Wine Festival)、8月にはメルボルン国際映画祭(Melbourne International Film Festival)と、世界中から著名な作家が集合するメルボルンライターフェスティバル(Melbourne Writers Festival)など目白押し。

スポーツ好きのあなたには、1月に全豪オープン​​テニス(Australian Open Tennis)、3月にF1オーストラリアグランプリ(Formula 1 Australian Grand Prix)、9月にはオーストラリアフットボールリーグ(Australian Football League)決勝戦、11月には、オーストラリで最も権威のある競馬メルボルンカップ(Emirates Melbourne Cup)と、12月にはボクシングデー(年に一度の大バーゲンの日/Boxing Day)の日にクリケットのテストマッチ(Test cricket)が開かれ盛り上がる。

Topへ戻る

アクセス

無料の歴史観光トラム(35番)のシティサークル(City Circle)は、都心部周辺を走っている。トラム、電車やバスなどの公共交通手段を使うなら、旅行者向けのマイキビジターパック(myki Visitor Pack)を購入しておこう。マイキビジターパックは連邦広場のメルボルンビジターセンター(観光案内所)、メルボルン空港のSkyBusターミナル、サザンクロス駅やPTV Hubで購入できる。ただしマイキカードは空港を発着する民間経営のスカイバス(Skybus)では使用できないから要注意。トラム、バスや電車の時刻表、旅のプランニングやチケット情報は、パブリックトランスポートビクトリア(PTV Hub Public Transport Victoria)でチェック。

Topへ戻る