活気のあるパースは、常に驚きがある街

パースは西オーストラリア州の州都。美しいスワン川(Swan River)のほとりにあるこの活気ある街は、文字通り大自然の上に成り立っていてアクテビティーやイベントが満載。スワン川沿いをサイクリング、キングストリートでショッピング、州立劇場でショーの鑑賞、バラックスクエアからリバークルーズ、コテスロービーチの美しいサンセットなどなど、アクティビティーは目白押し。

市内から車・電車でわずか30分のところに港町フリーマントルがある。西オーストラリア海洋博物館(Western Australian Maritime Museum)、フリーマントル刑務所(Fremantle Prison)やラウンドハウス(Roundhouse)で街の豊かな文化と歴史を探索してみよう。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • Cott in a moment

    コテスロービーチ

    市内にある400haのキングスパーク(Kings Park)の散策や、きれいで透明な水と感動的なサンセットを通称コット(Cott)のコテスロービーチ(Cottesloe Beach opens in new window)で眺めよう。ここではスイミングは元より、シュノーケル、サーフィン、サンセットを楽しむにはぴったりの場所。行き方は市内からは車、バス、電車で。車で15分、もしくはトランスパースバスかフリーマントルトレインライン(Fremantle Train Line)に乗ろう。コテスロー駅からビーチまで、快適な道を600mも歩けばもうそこはビーチだ。

  • Isle of right

    島へ脱出

    ロットネスト島(Rottnest Island opens in new window)は、その穏やかな海と人里離れて静かな湾が人気で、どこへ行くにもアクセスが良く、市内からたったの19km、パース、フリーマントル、ヒラリーからはフェリーで行ける。現地ではバイクをレンタルしたり島内を気楽に探索。見事なオーシャンビューと共にランチを取った後は、美しくクリスタルにきらめく入り江をぶらつく。ロットネストは都会の喧騒を離れてスイミング、シュノーケル、釣り、リラックスするのに最適な場所だ。

  • Live it up

    期待に応えよう

    最高の食、ワイン、アート、カルチャーそしてナイトライフを求めるなら迷わずノースブリッジ(Northbridge opens in new window)へ。パースCBDから徒歩5分で、バー、クラブ、レストラン、ショッピングと、数多くの店が集まっている。西オーストラリア美術館(Art Gallery Of Western Australia)、西オーストラリア博物館(WA Museum Perth)、西オーストラリアオペラ(WA Opera)や西オーストラリアバレエ(WA Ballet)にも足を運ぶのもいい。そして、アルフレスコダイニングも充実している。インド、タイ、中国、ギリシャ、エジプト、イタリア、ベトナム、日本など、世界各国の料理が堪能できる。

  • Roll into Rock

    ロッキンハム

    海岸を40分、約47km行くとそこはロッキンハム(Rockingham opens in new window)、野生のイルカもいる海洋生物の宝庫。そこからもう少し先へ行けばマンジャー湾(Mandjar Bay)があり、車で1時間も走れば(もしくは鍛えるために走る)ビーチ。かつては小さな漁村だったマンジャー湾の海岸は今やモダンなシーサイドハブとなり、ボードウォークカフェ、レストラン、バーやショップが軒を連ねている。アート好きが集まるマンドゥーラパフォーミングアートセンター(Mandurah Performing Arts Centre opens in new window)からは、市内の景色が望める。

  • The valley road

    スワンバレーの道

    市内の喧騒から東に20分行ったところにあるスワンバレー(Swan Valley opens in new window)とダーリングレンジ(Darling Range)は西オーストラリア州最古のワイン産地。当地の歴史について学び、ゆったりとした時間を過ごそう。パースのバラックストリート桟橋(Perth's Barrack Street Jetty)からスワンリバークルーズ(Swan River Cruise)に乗るか、風光明媚な道をドライブで。

    ワイナリーをはしごするなら、荷��車の後ろや運転手付きのクラシックカーで廻るのもいいだろう。

    70ほどもあるレストランやカフェで食事をするのもいいし、ピクニックという手も。ファミリーへのおすすめは、キャバーシャムワイルドライフパーク(Caversham Wildlife Park opens in new window)。オーストラリアに生息するコアラ、ウォンバットやカンガルーなどの野生動物は西オーストラリア最大。

Topへ戻る

空港情報

CBD(中央ビジネス地区)まで 12km (国内線ターミナル), 19km (国際線ターミナル)
所要時間 約30分
タクシー 約A$38
バス パース空港コネクト社(Perth Airport Connect)は毎時間運行。片道A$15(大人)、往復A$30(大人)。所要時間は約35分。
トランスパースバス(Transperth Bus) 37番のバスでターミナル3(T3)と4(T4)からキングスパーク(Kings Park)経由で市内まで運行。所要時間は約55分。

Topへ戻る

気候とシーズン

パースは温暖な地中海型気候である。夏は暑くて乾燥し、冬は雨が多く温暖。11月~4月の夏の平均気温は30°C(86°F)。夏の一番暑い時には40°C(104°F)まで上がる。ただし、暑い日は比較的雨が少ないので、条件としては悪くないかもしれない。

暑いシーズン、寒いシーズン、好みの時期に訪れよう。快適で心地良い天気と花が咲いて澄んだ空がお望みなら、春と夏の間(9月初め~2月終わり)がベストシーズンだ。

Topへ戻る

アクセス

市内への移動は、宿泊ホテルへも行くことができるパース空港のシャトルバス(A$20ドル前後)が最も安価な方法だろう。もちろんレンタカーやタクシーも利用できる。トランスパースネットワーク(Transperth Network opens in new window)を利用して、パース市内を見て廻ろう。スマートリーダーカードは事前に購入することで、市内のバス、電車やフェリーで利用できる割引付のカードで、一部のパーストラムにも利用できる。また、キャットバス(CAT Bus opens in new window)は市内の主要スポットを廻るバスで料金は無料。時刻表はサイトをチェック。

Topへ戻る