多文化主義と食のパラダイスであるシンガポールは東洋と西洋、新しいものと古いもの、 そして大自然と人工物が融合した街。そして、何をおいても特筆すべきは食文化

シンガポールに多様性があることから、食に関する幅広い選択肢は他と比べようもなく卓越している。人々の期待と高まる味覚センスによって屋台料理から豪華ダイニングに至る無数のバラエティが当地に生まれた。

シンガポールを訪れる旅行者には課外のアクティビティーだけでなく、当地の文化のるつぼが体験できる、シンガポール・フード・トレイルも是非組み合わせてみて欲しい。

シンガポールは動き廻りやすい街だから旅行者は道に迷う心配もなく広範囲に活動することができるだろう。世界的にも有名なガーデンズ・バイ・ザ・ベイ(Gardens by the Bay)、マリーナベイサンズ(Marina Bay Sands)やリゾートワールド・セントーサ(Resorts World Sentosa)以外に、チャイナタウン、カンポングラムやリトルインディアといったエスニック地区で、各国の食べ物を味わってみよう。

ガーデンシティと言われるシンガポールの豊富な緑を満喫するなら、島の北部へ足を延ばしてみては。スンゲイブロウ湿地保護区(Sungei Buloh Wetland Reserve)では、モニターリザード(オオトカゲ)や渡り鳥に出くわすかもしれない。それから近くのクランジ(Kranji)の田園地区にある農場や自然食レストランを見つけてみよう。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

Topへ戻る

空港情報

CBD(中央ビジネス地区)まで 20km
所要時間 約20分
タクシー 約S$22
バス チャンギ空港から市内へは、ターミナル2から36番のバスが7~10分おきに運行。料金はS$1.80(大人)、S$0.60(子供)所要時間は約1時間。
電車 5~10分おきに運行。料金はS$1.75(大人)、S$0.60(子供)。市内までは約50分。

Topへ戻る

気候とシーズン

シンガポールは熱帯雨林気候。一般に雨期と呼ばれるモンスーンの時期は12月~3月、最も暑い季節は4月~7月。年間を通じてあまり気温の変化はないが、降雨量は異なる。

シンガポールでは誰でも参加できるフェスティバルやイベントがたくさん開催される。春節を祝うリバー・ホンバオでは中国旧正月のランタンが飾られたり、色とりどりのヒンズー教の宗教行事や奇祭と言われるタイプーサム(Thaipusam)を見学したり、メッカ巡礼者を祝うイスラム教の祝日・ハリラヤハジ(Hari Raya Haji)にはカンポングラム(Kampong Gelam)が活気付く。

その他にも世界に知られるイベントやお祭りが開催されており、中でもシンガポールF1グランプリでは、朝から晩までダンスミュージックのイベント、ズークアウト(ZoukOut)で盛り上がる。

Topへ戻る

アクセス

シンガポールのバス(Bus) opens in new window電車(Train) opens in new windowの運行は高頻度で周辺地域のネットワークを広範囲に網羅している。シンガポールツーリストパス(Singapore Tourist Pass) opens in new windowを購入すれば、バスや電車を効率的に乗り放題で利用できる。パスは1日券(S$20)、2日券(S$26)、3日券(S$30)がある。

Topへ戻る