sustainable development goals

「ジェットスター・ジャパンの事業
そのものから貢献できるSDGsの取組み」

「ジェットスター・ジャパンの事業を
行う上で貢献できるSDGsの取組み」

この2つに軸をおき、SDGsが掲げる
ゴールを目指します。

LCCならではの
気軽に利用できるネットワークを生かして、
人口交流による地域活性化で
経済・生活・教育などに貢献します。
また、みなさんの世界の幅を
広げることにより
健康・文化・社会などにも貢献します。

一方、事業を行う上で、
環境や人への思いやりに向けた
SDGsの取組みや、
みなさんと共にSDGsへ気軽に参加できる
仕組みの創出を目指します。

「サステナブルなミライに、
ドキドキワクワク」の
実現のために、
みなさんとチカラをひとつに、
できることからコツコツと
共創していきたいと思います。

地球

サステナブルな
ミライへの取組み

ジェットスターでは、
サステナブルなミライをめざして、
重点テーマとして
以下の3つの項目を設定しました。
それぞれのテーマについて目標を設け、
具体的なアクションにつなげていきます。

ー重点テーマー

重点テーマ1

地域社会への思いやり

(地域活性化、地域交流、次世代育成)

13、12、7
重点テーマ2

環境への思いやり

(気候変動への対応、資源の有効活用)

13、12、7
重点テーマ3

チームへの思いやり

(D&I、人材育成、ワークスタイル変革)

13、12、7

StarHeritage
旅の文化・自然を次世代に

ジェットスター・ジャパンは、100年後の子どもたちの笑顔のために、日本の素晴らしい文化や自然が末永く受け継がれていくことを願い、「StarHeritage」プログラムを通じて(公社)日本ユネスコ協会連盟が展開する「未来遺産運動」への寄付を募っています。

ピンクリボン啓発活動

乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の推進などを目的に世界規模で実施する啓発キャンペーン「ピンクリボン運動」に賛同し、ジェットスター オリジナル ピンクリボンピンバッジを着用して乳がん啓発活動を実施しました。

ジェットスターで学ぶ・知る・楽しむ

ジェットスターでは、学生や親子が楽しみながら学べる様々なプログラムを実施しています。飛行機や空の魅力に触れる体験プログラムやコンテンツを通して、将来の夢や未来を考えるきっかけ作りを応援しています。

2050カーボン・ニュートラル

サステナブルなミライのため、航空業界で一丸となってカーボン・ニュートラルの実現を目指します。