ジェットスターの旅行会社として登録するには、本約款を熟読し、ページの最後にあるボタンを用いて本約款を承諾してください。

旅行会社契約約款

総則

1. 指定代理店申請を行うには、本旅行会社契約約款(以下「約款」)を読み、同意することが必要です。

2. https://book.jetstar.com/RegisterTradeAgency.aspx上の「上記の内容に同意します。」のチェックボックスにチェックするか、または該当するGSAもしくはジェットスター販売代理人があなたの申請に着手した時点で、あなた自身、あなたの会社およびあなたのスタッフの代わりに、本約款を受諾したものとみなされます。

3. ジェットスターは、指定代理店になるための申請を承諾する義務を負いません。ジェットスターは、指定代理店になるためのあらゆる要請を任意に承諾または拒絶することができます。ジェットスターは、電子メールで結果を通知します。ジェットスターが申請を承諾した場合に限り、あなたは指定代理店となります。

4. 指定代理店申請を希望しない方は、https://book.jetstar.com/RegisterTradeAgency.aspx上の「上記の内容に同意します。」のチェックボックスにチェックしないでください。

5. 本サイトまたはAPIにログインする毎に、17.7項に基づいて本サイトに加えられる更新を含めて、本約款に同意することになります。

6. 本サイトまたはAPIを使用できるのは指定代理店のみです。APIの使用に対する承認は、本約款の総則10および11条に従います。

7. 指定代理店のみが報酬の支払いを受ける資格を有します。報酬は、以下の指定代理店に対してのみ支払われます。
(a) 報酬支払い可能な経路を介して報酬支払い可能な運賃を予約し、
(b) 予約を開始した指定代理店の営業所が報酬支払い可能な市場に存在すること。

8. 指定代理店は、以下の場合にのみ、報酬支払い可能な運賃を利用することができます。
(a) 予約を処理する指定代理店の営業所がオーストラリアもしくは台湾(中国)に存在し、当航空会社によって、報酬支払い可能な運賃の利用を選択し、それが許可されている場合、または
(b) 予約を処理する指定代理店の営業所がインドネシアに存在し、報酬支払い可能なチャンネルを通じて予約をする場合(この場合、指定代理店は報酬支払い可能な運賃以外の運賃を一切利用できません。)。

9. 指定代理店によって、オンラインで顧客に直接配布された運賃については、報酬は支払われません。オンラインで顧客に直接料金を配布することについての許諾は、本約款の条件12に従います。

10. 指定代理店は、sales@jetstar.comへ連絡すると、APIへの直接接続を申し込むことができます。ジェットスターは、専らその裁量により、指定代理店によるAPIへの直接接続の申し込みを承諾または拒否することができます。APIを通じたジェットスターデータへのアクセスは、本約款に従います。承諾を得た指定代理店は、その後、APIアクセスが提供される前に、以下の工程を完了する必要があります。
(a) ジェットスターのITサービス契約(API)に署名すること。
(b) ジェットスターが試験的なAPIアカウントを確立するために、ジェットスターに営業窓口および技術担当の連絡先ならびにシステム情報を提供すること。
(c) ジェットスターの担当サポート窓口と共同して、APIの開発と検査を完了すること。
(d) ジェットスターデータを表示する承認を得るために、指定代理店の試験的予約システムまたはウェブサイトへのアクセスを航空会社に提供するなど、稼働中のブラッシュテストを完了すること。

11. 指定代理店がAPIへの直接接続以外の方法で、APIを通じてジェットスターデータにアクセスすることを希望する場合は、ジェットスターが権限を付与したAPIコンテンツアグリゲータを通じて、ジェットスターデータにアクセスすることができます。あなたのコンテンツアグリゲータがジェットスターデータを供給する権限を有しているかどうかを確認するには、sales@jetstar.comまでご連絡ください。

12. 指定代理店が最終消費者に当航空会社の運賃をオンラインで直接配布することを希望する場合は、以下の条件に従って配布することができます。
(a) 指定代理店は、一切のオンライン配布に関して、APIを介した場合に限り、ジェットスターデータにアクセスし、予約を行うことができます(2.1項に応じる)。
(b) 指定代理店は、本約款の別紙B(オンライン約款)を順守しなければなりません。
(c) 指定代理店がジェットスターの運賃をオンラインで配布する各ウェブサイト(指定代理店のサイト)がAPIと行う全てのやり取りにおいて、各ウェブサイトの正しい団体番号がジェットスターに伝達されるように、指定代理店の各サイトは、別々に、ジェットスターに登録することが必要です。
(d) 指定代理店は、sales@jetstar.comへ電子メールを送信して、12(c)に基づく新規サイトの登録またはジェットスターデータを配布する指定代理店サイトの中止をジェットスターに通知することが必要です。

13. 当社からの主要な連絡手段は電子メールとなります。月次報告書(希望した場合)、重要な発表その他の情報を送信するために、当社ではあなたの電子メールアドレスを使用します。指定代理店になると直ちに、あなたは、ジェットスターがこれらの登録の存続期間中この情報を指定代理店に送信することに同意するものとし、ジェットスターは、指定代理店に送信されたこれらのメッセージに関して配信停止機能を付けないことができます。

14. 指定代理店になると直ちに、あなたは、ジェットスターが電子メールによって、あなたおよびそのスタッフに宣伝資料およびその他の情報を送ることを許可することになります。ただし、ジェットスターは、このような宣伝資料を含む各メッセージに配信停止機能を設けるものとし、あなたはいつでも配信を停止することができます。

15. 有料受託手荷物許容量(または、該当する場合には、有料受託手荷物がないこと)、運賃条件および旅客運送約款、料金と付随的商品の包括および予約確認ページの一方または両方に記載された、ジェットスターが指定代理店に提供するその他の情報および/または指定代理店が顧客に提供する旅程表を、全ての顧客に対して明確に表示しなければなりません。

16. 指定代理店は、全ての広告が、オーストラリア、米国運輸省およびその他の準拠法規を完全に順守するようにしなければなりません。適用される準拠法規が要求する場合、指定代理店による航空会社の運賃またはその他の商品の広告は、第三者および政府のサーチャージ、手数料および税金を含めた各料金または商品について、単一の価格を提示しなければなりません。

17. 指定代理店は、広告、手数料、料金、運航状況、運航条件、価格その他の事項に関して指定代理店が顧客に行う連絡に関して、ジェットスターが与えた全ての法的指示を順守しなければなりません。

条件

1. 解釈

本契約において、別段の意図がなければ、
(a) 本約款という用語には全て、オンライン約款を含みます(該当する場合)。
(b) 見出しは単に容易に参照できるように付されたものであり、本約款の意味に影響を与えるものではありません。
(c) 単数形は複数形を含み、逆も同様とします。
(d) 定義された単語または表現の他の文法形は対応する意味を有します。
(e) 項、パラグラフ、別紙または付属書類という表記は、本約款の条項もしくはパラグラフまたは本約款の別紙もしくは付属書類を指し、本約款という表記には、全ての別紙または付属書類を含みます。
(f) 条項、文書または契約(本約款を含む。)という表記には、随時更新または修正された条項、文書または契約を含みます。
(g) 制定法、法規または内規というときは、それに基づく規則およびその他の指示、ならびにそれらを統合、修正、再制定または差し替えたものを含みます。
(h) 当事者という用語は、当該当事者の執行者、管理者、許可された受託者および承継人を含みます
(i) 「含む」とは、「限定せずに含む」ことを意味します。

「アジャストメントノート」とは、適宜のGST法によって定義されるアジャストメントノートまたはデビット/クレジットノートを意味し、適用されるGST法が存在しない場合には、デビットまたはクレジットノートを意味します。

「代理店」とは、旅行会社として業務を行い、(必要な場合には)適用法の下で旅行会社としての営業許可を受けている者を意味します。

「航空会社」とは、4.18項に記載された航空会社のことを意味するものであり、予約設備を使用しているとき、またはフライトを予約しもしくはフライトの予約サービスを提供するときに、指定代理店がどの航空会社の代理店となっているのかに応じて異なります。

「付随的商品」には、航空会社がその時々に購入可能な食事、座席の割り当て、「しっかりMax」、「ちゃっかりPlus」、「フレックスBiz」、手荷物、機内エンターテインメント、機内快適グッズその他の商品が含まれますが、これらに限定されるものではありません。

「API」とは、航空会社のフライト一覧表に直接アクセスすることができるジェットスター・アプリケーション・プログラム・インターフェースを意味します。

「オーストラリアの指定代理店」とは、オーストラリアで業務を行っている指定代理店を意味します。

「予約設備」とは、指定代理店が、本サイト、GDSまたはAPIのいずれかを通じて、空席を検索し、予約を行うことができる設備を意味します。

「BSP」とは、国際航空運送協会によってまたは同協会を代理して運営されている課金決済プランを意味します。

「カード所持者データ」とは、口座番号、カード所持者の氏名、有効期限およびセキュリティコードを含む、クレジットカードに関する全ての情報を意味します。

「運送約款」とは、乗客の航空券の中に参照することにより組み込まれた適用可能な運送料金表および運航規則であり、これらの乗客の輸送について定めたものを意味します。

「機密情報」とは、機密であると特定される、あるいは指定代理店が機密であることを知りもしくは合理的に知り得る、航空会社により指定代理店に開示された全ての情報(口頭であるか、書面であるか、またはその他いずれの形式であるかを問わない。)であり、これらの開示に基づいて、またはこれらの開示に起因して得られた全ての写し、覚え書および記録であり、以下に該当しないものを意味します。
a) 公知であり(指定代理店または任意の第三者の機密保持義務の不履行によって公知となった場合を除く。)、または
b) 指定代理店によって、独立に開発されまたは知られた情報。

「間接的損害」とは、本約款の不履行の結果として生じた損害であって、本約款の不履行から通常発生すると合理的に考えられないものを意味します。

「消費者サイト」とは、消費者が利用可能な航空会社のウェブサイトであって、www.jetstar.comに存在するものを意味し、これらのウェブサイトの変形(例として、www.jetstar.co.nz)が全て含まれます。

「クレジットカード」とは、アメリカンエキスプレス、UATP、ダイナースクラブ・インターナショナル、マスターカード、チャイナ・ユニオンペイ、ジェーシービー、Visa、バンクカードが発行し、もしくはこれらのマークを有するクレジットカードまたはチャージカード、航空会社によって随時指定されるその他すべてのカードを意味します。

「損害」とは、負債、支出、損失、損害および費用(全額保証条件での訴訟費用を含み、当事者が負担したか、または当事者が取得したかを問わない)を意味します。

「支払い期日」とは、保留条件に基づいて保留された航空会社PNRについて支払いが必要な日および時刻を意味します。

「最終消費者」とは、本人が購入するか否かに関わらず、かつ本人が直接出向くか、または電話もしくはインターネットもしくは他の連絡手段によって情報を求めるか否かに関わらず、ジェットスターグループの商品に関する情報を求める者を意味します。

「運賃」とは、適用可能な航空会社の公表済みの料金を意味し、航空旅行に対して課され、当該航空会社によって徴収される全てのサーチャージ、手数料および税金(GSTおよび発券税など)を含みます。

「フレックスBiz」とは、「フレックスBiz」としてまとめて販売される複数の付随的商品を含有するジェットスターグループの料金商品または名称変更が行われた場合はこれと同等の商品を意味します。

「GDS」とは、当該航空会社からその航空会社の運賃を配布する権限を付与されたグローバル配布システムを意味します。

「GSA」とは、総合販売代理店、すなわち、所定の市場において、ジェットスターの代理店として機能し、専らジェットスターの裁量によって指定されるジェットスターの販売代理店を意味します。GSAは、ジェットスターに代わって、代理店登録の要請を受諾し、新たな予約を創出し、予約への限定された変更を処理し、および支払請求をすることができます。

「GST」とは、物品サービス税、付加価値税、売上税、商業税、サービス税およびいずれかの課税管轄区域の法律によって、商品、サービスおよび権利の販売または供給に対して課されるその他一切の類似の税金を意味します。

「GST法」とは、本約款に関連して、指定代理店及および航空会社に対して適用されるGST法、法規、税務当局の規則またはその他の関連する下位法令を意味します。

「保留条件」とは、支払期日の前に指定された期間に、指定代理店が航空会社PNRを保留できることを意味します。

「知的財産権」とは、オーストラリアおよび全世界のあらゆる知的財産権を意味し、以下のものを含みます。
(a) 特許権、著作権、回路配置権、登録意匠、商標またはサービスマーク、商号、商号または社名、出所の表示または出所の呼称および機密情報の機密性を維持する権利、
(b) パラグラフ(a)に記載された権利の出願もしくは登録を出願する権利、またはパラグラフ(a)に記載された権利の主張もしくは放棄、
(c) 人格権、営業秘密、アイデア、コンセプト、資料、ノウハウおよび技術。

「ジェットスター航空」とは、ジェットスター・エアウェイズ・ピーティーワイ・リミテッド(オーストラリア事業者番号33 069 720 243およびニュージーランドGST登録番号91 233 487)を意味します。

「ジェットスター・アジア航空」とは、シンガポールの法律に基づいて登記された法人であるジェットスター・アジア・エアウェイズ・ピーティーイー・リミテッド(登記番号200403570D)を意味します。

「ジェットスターデータ」とは、以下に該当するあらゆる情報またはデータを意味します。
(a) 適用される航空会社の料金設定、運賃、(公衆が一般的な方法で購入することができない運賃を含む)、一覧表、付随的商品、運航計画および座席(空席状況を含む)の情報を含むもの
(b) 当該航空会社とその顧客間の関係についての情報(例として会員またはポイント制度)を含有するもの
(c) 顧客に関する予約および支払いデータを含有するもの
(d) 料金決定および空席状況を含む付随的商品に関連する情報
(e) 航空会社の商品を説明または表示するリッチコンテント(写真、動画および付随する記述など)、または
(f) ジェットスターが所有するデータとして、ジェットスターが書面で特定したその他のデータ。

「ジェットスターグループ」とは、ジェットスター航空、ジェットスター・アジア航空、ジェットスター・ジャパンおよびジェットスター・パシフィック航空を意味し、随時書面で指定代理店に通知される企業であり、乗客に航空サービスを提供し、カンタスまたはジェットスターが発行済み株式資本金の15%以上を(直接または間接に)保有しまたは支配するその他一切の企業を含みます。

「ジェットスターグループ企業」とは、ジェットスターグループに属する企業を意味します。

「ジェットスターIP」とは、いずれかのジェットスターグループ企業によって所有されまたは(実施許諾その他に基づいて)管理される知的財産権を意味します。

「ジェットスター・ジャパン」とは、日本国の法律に基づいて登記された法人であるジェットスター・ジャパン・カンパニー・リミテッド(登記番号0100-01-143108)を意味します。

「ジェットスターの標章」とは、ジェットスターグループ企業のいずれかと通例関連付けられる商標(登録されているか否かは問わない)およびブランドを意味します。

「ジェットスター・パシフィック航空」とは、ベトナムの法律に基づいて設立された法人であるジェットスター・パシフィック・エアラインズ・ジョイントストック・アビエーション・カンパニーを意味します。

「ジェットスター販売代理店」とは、とりわけ、いずれかの代理店と取り引きを行い、その予約を管理する責任を負う者として、ジェットスターが指定した個人を意味します。

「実施許諾」とは、2.1で示した意味を持ちます。

「閲覧対予約比率��とは、指定代理店が取り扱った実際の航空会社飛行区域の数を、指定代理店がAPIを用いて行った航空会社区域の空席照会要請の数と比較した比率を意味します。

「しっかりMax」とは、「しっかりMax」としてまとめて販売されている複数の付随的商品を含むジェットスターグループの料金商品または名称変更が行われた際はこれと同等の商品を意味します。

「団体番号」とは、ジェットスターに対して提供された指定代理店のIATAもしくはTIDS番号またはIATAもしくはTIDS番号を持たない指定代理店に対してジェットスターが提供した固有の団体番号を意味します。

「PCI-DSS」とは、随時発効するペイメントカード業界データセキュリティ基準を意味します。

「個人情報」とは、その身元が明らかである個人またはその情報もしくは意見から合理的にその身元を確認することができる個人に関する情報または意見(データベースの一部を構成する情報または意見を含みます。)を意味し、正しいか否か、あるいは有体物の形態で記録されているか否かを問いません。

当事者の「職員」とは、以下のものを意味します。
(a) 当該当事者の役員、従業員、代理店および請負人(これらの従業員および請負人を含む)、ならびに
(b) ジェットスターの場合には、カンタスおよびジェットスターグループ企業の役員、従業員、代理店および請負人を含みます(指定代理店とその職員は除く)。

「ちゃっかりPlus」とは、「ちゃっかりPlus」としてまとめて販売されている複数の付随的商品を含むジェットスターグループの料金商品または名称変更が行われた際にはこれと同等の商品を意味します。

「プライバシー通知」とは、関連する航空会社が表明したプライバシーの取り扱い方針を意味します。

「PNR」とは、「人名記録(person name record)」を意味し、航空会社の予約システムにおける予約の一意的識別子です。

「指定代理店」(「あなた」および「あなたの」と表記されることもある)とは、本サイト、申し込み可能なGSAまたはジェットスター販売代理店を通じて登録の申し込みをした代理店であり、これらの申し込みがジェットスターによって書面で承認され、その承認を維持しているものを意味します。

条件12に基づいてオンラインで運賃を配布する権限を与えられた指定代理店に関して使用される「指定代理店のサイト」とは、指定代理店、あるいはこれを代表して所有および運営する消費者旅行サイトであり、条件12に基づいてジェットスターに通知され、固有の団体番号を持つものを意味します。

「カンタス航空」とは、カンタス・エアウェイズ・リミテッド(ABN 16 009 661 901)を意味します。

「カンタスフリークエントフライヤー」とは、カンタスグループ企業によって運営されるフリークエントフライヤープログラムを意味します。

「カンタスグループ企業」とは、カンタスまたはその時点でのカンタスのあらゆる関連法人(Corporations Act 2001 (Cth)において定義される)を意味します。

「カンタスグループの商標」とは、カンタスグループ企業によって所有されている一切の商標(登録されているか否かは問わない)を意味します。

「報酬」とは、該当する航空会社によって、本約款に基づき、指定代理店に支払われる報酬を意味します。

「報酬請求可能なチャンネル」とは、本サイト、APIまたは関連するGSAもしくはジェットスター販売代理店のみを意味します。予約を処理する指定代理店の販売事務所がインドネシアに存在する場合、「報酬請求可能なチャンネル」にはGDSも含まれます。

「報酬請求可能な運賃」とは、ジェットスターによって報酬請求可能なものとして指定され、かつ7.1項に従う場合に限り取得可能な運賃総額です。

「報酬請求可能な市場」とは、オーストラリア、インドネシアおよび台湾(中国)を意味します。この定義は、専らジェットスターの裁量により、ジェットスターによっていつでも修正されます。

「RCTI」は、関連するGST法によって定義される、オーストラリア国内の購入者が作成する税額票を意味します。

「サイト」とは、jetstar.com/agentsに存在する航空会社の旅行会社ウェブサイトを意味します。

「スタッフ」とは、当事者の役員、従業員、請負人、下請負人および代理店を意味します。

「税額票」とは、関連するGST法が定義した税額票であり、供給に関して支払われるGSTに関して、当該供給の受領者が税額控除を請求することができるものを意味しますが、適用されるGST法が存在しない場合には、インボイスを意味します。

「税金」とは、総所得金額に対して課される税金を除く、政府当局によって徴収されまたは課される、現在ある、または将来発生する全ての税金、公課、賦課金、控除、手数料、関税、強制借入金または源泉徴収(これらのいずれかと関連する利子、罰則、罰金または費用を含む)を意味します。

「期間」とは、「期間および終了」の表題で13.1項によって定められた、指定代理店が本約款に服する期間を意味します。

「発券税」とは、航空券の購入者によって支払われる全ての税金、料金、課金および手数料を意味し、運賃がこれらの航空券に対して支払われているかどうかを問わず、空港および課税当局によって課される金額ならびに燃料、保険および環境サーチャージなど航空会社によって課される手数料を含みます。

2. 使用許可

2.1. 当航空会社への予約を調査し、実施し、変更し、および提供するために当サイトを使用するためにならびに本約款に従って予約を実施および提供するのに必要な限度でジェットスターデータを使用するために、ジェットスターは非独占的使用許可(「使用許可」)を指定代理店に付与します。

2.2. 指定代理店は、使用許可が独占的でないことおよび航空会社が任意の者(当該指定代理店の競合者を含む)に当サイトを使用し、航空会社の予約を実施するための使用許可を与え得ることを承認します。

3. 指定代理店の義務

3.1. 旅行会社の業務を遂行するために、法律、何らかの規制当局または業界団体によって営業許可を保有することが求められている管轄区域においては、指定代理店は、期間全体を通じて、これらの営業許可を保有しなければならず、営業許可が無効になり、取り消され、または更新されなかった場合には、直ちにジェットスターに通知しなければなりません。

3.2. 指定代理店は、
a) 本約款によって明示的に権限が付与されている場合を除いては、ジェットスターの書面による同意を得ずに、ジェットスターデータをコピー、複製、翻訳、翻案、変更、修正、または複製してはなりません。
b) 必要とされる登録の詳細の全てを記入し、更新し、保有しなければなりません。
c) 予約設備を通じて行われた予約が全て、本約款および該当する航空会社の運送約款に従って支払われるようにしなければなりません。
d) 予約設備へのアクセス権限を与えられたそのスタッフに対して、本約款を周知させ、これを順守させなければなりません。
e) 予約設備の使用に関して、そのスタッフに十分な訓練を受けさせなければなりません。
f) 本約款によって明示的に権限が付与されている場合を除いては、ジェットスターの書面による事前の同意を得ずに、いかなる形態であれ、どのような者にも、予約設備またはジェットスターデータを提供したり、またはその他の方法で利用させてはなりません。
g) 該当する航空会社に供給された全ての情報が正確で、誤解を招かないようにしなければならず、このような情報に対して行った一切の変更を該当する航空会社へ直ちに通知しなければなりません。
h) 遅滞なく、ユーザプロフィールを完成させ、最新の状態に保たなければなりません。
i) 予約設備へのアクセスを、予約設備にアクセスする権限が付与されたスタッフに限定するために必要なあらゆる措置(ログオンおよびパスワードを安全な状態に保つことを含むが、これに限定されない)を講じなければなりません。
j) 予約設備にアクセスする権限を付与されなくなったスタッフによるアクセスを防ぐために、パスワードおよび代理店のプロフィールを更新しなければなりません。
k) 指定代理店の顧客に本サイトに直接アクセスさせないようにしなければなりません。
l) ジェットスターが書面で別段の同意をした場合を除き、指定代理店のウェブサイトから予約設備へのハイパーリンクを作成してはいけません。
m) GDSを通じて航空会社の運航便への予約を行う場合には、GDSまたはGDS予約に関連する航空会社の該当する条件を順守しなければなりません。
n) クレジットカード取引を受諾し、処理する場合において、指定代理店が、航空会社が有するカード所持者のデータを業者として取得、処理または転送するときは、常にPCI-DSSを順守しなければなりません。

3.3. 指定代理店は、適用される消費者法(誤解を招く詐欺的行為を対象とする法を含み、該当する場合には、オーストラリア消費者法の18項および29項(本約款の付属書類Aに記載)を含む)を順守しなければならず、航空会社の航空券または商品を販売している職員全員に遵守させなければなりません。

4. 予約をする

4.1. ジェットスターは、指定代理店が本サイトへアクセスできるようにし、ジェットスターによって権限が付与される場合には、APIにアクセスできるようにします。指定代理店は本サイトおよび/またはAPIのログイン認証情報およびパスワードの安全性を十分に保ち、パスワードの機密性を維持することを約束します。

4.2. 指定代理店は、運航停止・運航遅延の際に乗客に連絡するための電話番号および電子メールアドレスを含む、予約過程中にジェットスターから要請された全ての情報を提供しなければなりません。さらに、該当する航空会社は、合理的に必要であると考えられる一切の情報を指定代理店に求めることがあります。要請を受けたら、指定代理店は、2日以内に要請された全ての情報を該当する航空会社に提供しなければなりません。

4.3. 登録完了の通知を受け取ったら、指定代理店は本サイトを通じて予約を行うことができます。

4.4. 指定代理店は、予約設備を通じて該当する航空会社に提供された全ての情報が完全かつ正確であることを確認しなければなりません。

4.5. 指定代理店が本約款に違反していると、ジェットスターが合理的に考える場合、ジェットスターは、指定代理店の本サイトおよび/またはAPIへのアクセスならびにGDS内の航空会社のコンテントへのアクセスを一時停止することがあります。

4.6. 4.5項に従って、期間中、ジェットスターは、
a) 予約設備において指定代理店によって行われた該当する航空会社のフライトの予約を受け付け、
b) 本約款に基づいて支払い可能な場合には、かかる予約が本約款に従って行われる限り、以下の「報酬の支払い」規定に従って、報酬支払い可能な運賃に対する予約について、指定代理店に報酬を支払います。

4.7. 指定代理店は、これらの予約を行う前に、各顧客に、当該航空会社が発行した予約に関する約款を提供しなければなりません。これには、当該航空会社の運送約款および購入されている運賃の種類に関する一切の約款が含まれます。

4.8. 4.10項に従って、当該航空会社は、当該航空会社の代理店として指定代理店により行われた全ての予約に関する旅程表/税額票を顧客に発行します。旅程表/税額票は、指定代理店が指定した電子メールアドレスへ送信されます。

4.9. 4.10項に従って、当該航空会社は、当該航空会社の代理店として、指定代理店が処理したすべての払い戻しまたは指定代理店が既存の予約に対して行った一切の変更に関する旅程表/アジャストメントノートを顧客に発行します。旅程表/アジャストメントノートは、指定代理店によって指定された電子メールアドレスへ送信されます。

4.10. 4.8項または4.9項に従って指定代理店が指定した電子メールアドレスが指定代理店の電子メールアドレスである場合には、条項に従って、指定代理店が自身の旅程表/税額票および旅程表/アジャストメントノート(存在する場合)の一切を顧客に発行していなければ、指定代理店は、当該航空会社の代理店として、旅程表/税額票および旅程表/アジ��ストメントノート(存在する場合)の一切を顧客に提供しなければなりません。

4.11. 指定代理店は、その裁量において、当該航空会社の代理店として指定代理店を通じて行った一切の予約に関する自身の旅程表および税額票/アジャストメントノートを顧客に発行することができます。これらの場合には、
a) 指定代理店は、当該予約が当該航空会社の運送約款に適合していると確認された場合でなければ、旅程表および税額票/アジャストメントノートを顧客に発行してはなりません。
b) 指定代理店は、税額票またはアジャストメントノートが正確であり、適用されるGST法を全て順守していることを必ず確認しなければなりません。
c) 指定代理店は、税額票またはアジャストメントノートに少なくとも以下の事項が記載されていることを必ず確認しなければなりません。
(i) 航空会社PNRの詳細事項
(ii) 当該航空会社のフライト番号ならびに現地の出発日および時刻を含むフライトの詳細事項
(iii) 当該航空会社のフライトの出発および到着空港(ターミナル情報を含む)
(iv) 当該航空会社の搭乗時刻
(v) 当該航空会社の機内持ち込み手荷物および受託手荷物に関する規則
(vi) 当該予約に適用される運賃規則
(vii) 運送約款の全文を閲覧できる場所

指定代理店は、指定代理店が本条項によって求められる税額票およびアジャストメントノートを発行しなかった結果として(故意によるか否かは問わず)いずれかのジェットスターグループ企業が被った一切の費用(罰金または罰則を含む)、損失または支出を各ジェットスターグループ企業に賠償します。

4.12. 最終消費者のクレジットカードで支払いが行われる場合、指定代理店はクレジットカードデータが安全に取り扱われるようにしなければなりません。指定代理店は、ペイメントカード業界データセキュリティ基準に従って顧客のクレジットカード情報を取り扱い、処理、保存、転送されるように、適切な人材、手順、規約および技術を配備しなければなりません。

4.13. 指定代理店は、当該航空会社による書面による承認を別途得た場合に限り、BSPを使用して決済することができます。これらの決済は適用されるBSP規則に従います。当該航空会社は、BSPを通じた決済を承認する前に、決済の適切性を判断するための財務調査を実施する権利を留保します。当該航空会社は、任意の時点でまたは継続的に、指定代理店に対する信用調査を実施する権利および指定代理店がBSPを介してその勘定を決済する許可をいつでも、専らその裁量において取り消す権利も留保します。

4.14. 4.16項に関わらず、以下の各予約については、指定代理店は、適用される通貨で運賃全額が当該航空会社へ直ちに支払われるようにしなければなりません。
a) 指定代理店のクレジットカードまたは顧客のクレジットカードによるもの、
b) 4.13項に基づいて承認された場合には、次回のBSP支払い請求サイクルでBSPを通じて為されるもの、または
c) 当該航空会社が、専らその裁量によって利用可能としたその他一切の支払い経路によるもの。

4.15. 航空会社は、指定代理店に対する保留条件を延長することができます。ジェットスターは、いつでも当該保留条件を修正する権利(指定代理店が当該保留条件を利用できなくすることを含む)を留保します。4.16項が適用される場合を除き、支払い期日の前に全額を完全に支払わなければなりません。指定代理店は責任をもって、支払い期日の前に支払いが行われるようにし、保留条件のその他のあらゆる条件を順守しなければなりません。

4.16. 当該航空会社が本約款に適合する完全な支払いを受領していない場合には、その航空会社は予約を取り消すことができます。この場合には、指定代理店は取り消しに関連して生じた全損害(当該航空会社が適切と考える、顧客と行った一切の妥当な和解を含む)について責任を負い、当該航空会社を免責しなければなりません。当該航空会社は、本条項に基づいて当該航空会社に支払われるべき一切の金額を、本約款または他のいずれかの契約に基づいて指定代理店に支払われるべき一切の支払いと相殺することができます。

4.17. 航空会社は、予約設備上で指定代理店が行う予約に対する支払方法を変更または修正することができます。

4.18. 2018年7月30日の時点で、航空会社とは、ジェットスター、ジェットスター・パシフィック、ジェットスター・アジアおよびジェットスター・ジャパンです。ジェットスターは、本約款を更新することによって、いつでも、本約款に航空会社を追加または削除することができます。

4.19. APIを通じて接続する指定代理店は、
(a) 予約設備に寄せられた各問い合わせに関して、以下の事項が実施されていることを確認しなければなりません。
i) 問い合わせを行っている者がその問い合わせに関連する情報を奪われないように、これらの問い合わせに適用される利用可能な全ての航空会社運賃(運賃のバンドルを含む)が表示されていること、
ii) 問い合わせを行っている者によって他の表示基準または並べ替え基準が指定されている場合を除き、当航空会社の運賃が公平な方法で他の航空会社の運賃と比較して表示されており、全ての運賃が昇順で掲載されていること、
iii) 適格運賃に対して、カンタスフリークエントフライヤーその他の該当するポイント制度の会員がポイントおよびステータスクレジットを獲得できることが具体的に表記されていること、
iv) 受託手荷物が有料で利用できること。
(b) 本約款で認められている場合を除いて、ジェットスターのあらゆるデータまたは航空会社のその他の資料とリンクしたり、複製したり、表示することを試みてはなりません。
(c) APIの使用に関するジェットスターによるあらゆる技術的指示(閲覧対予約比率に関するものを含むが、これに限定されない)を順守しなければなりません。

4.20. 指定代理店の団体番号を使用することによって予約設備上で行われた全ての予約については、専ら当該指定代理店が責任を負います。これには、4.8項および4.9項に従って、予定の変更または運航中止・運航遅延に関する連絡を遅滞なく乗客に手配することが含まれます。

4.21. 指定代理店は、指定代理店が4項に違反した結果としてジェットスターグループ企業が被った一切の費用(罰金または罰則を含む)、損失または支出を各ジェットスターグループ企業に賠償します。

5. 予約の制限

5.1. 特別な補助が必要な顧客について、指定代理店は、当該航空会社のお客様相談センターに通知せずに本サイト、APIまたはGDSを通じて予約を提供し、または提供しようと試みてはいけません。

5.2. チャーター予約の申し込みは、予約設備を通じてすることはできず、groupreservations@jetstar.comに電子メールを送信することによって、当該航空会社の販売チームへ直接行わなければなりません。

5.3. 10人以上の乗客に対する団体予約は、予約設備を通じてすることはできず、groupreservations@jetstar.comに電子メールを送信すること、またはwww.jetstar.com/groups上のオンラインフォームに必要事項を記入することによって当該航空会社の販売チームへ直接行わなければなりません。

6. 予約の変更

6.1. 本サイト上で行われた予約に対して、指定代理店によって行われる一切の変更は、本サイト、消費者サイト上で、または当該航空会社のお客様相談センターを通じて行わなければなりません。

6.2. GDSを通じて行われた予約に対して、指定代理店が加える一切の変更は、当該GDS、本サイト上、または当該航空会社のお客様相談センターを通じて行わなければなりません。

6.3. いずれかの予約設備を通じた予約の払い戻しの要求は、当該航空会社のお客様相談センターに連絡して行わなければなりません。

6.4. APIを通じて行われた予約に対して、指定代理店が加える一切の変更は、当該航空会社のお客様相談センター、本サイトまたは消費者サイトを介して行わなければなりません。

6.5. 適用可能な場合、変更に対して変更料金および運賃差額が課されます。指定代理店は、これらの手数料をその顧客に転嫁することができます。ただし、指定代理店が当該航空会社の変更料金や運賃差額を上回る料金を顧客に課すことを選択した場合には、指定代理店は、追加額が指定代理店によって課された手数料である旨を顧客に知らせ、この追加額が指定代理店の手数料であることを明確に開示しなければなりません。

6.6. 予約の変更に関連する一切の金額に対して、報酬は支払われません。

7. 報酬の支払い

7.1. 該当する航空会社のフライトに関して指定代理店によって行われた報酬支払い可能な運賃の各予約に対して、該当する航空会社は当該報酬(該当する場合、GSTを含む)の全てを指定代理店に支払います。

7.2. BSPを通じて支払いを受領した予約について、当該航空会社は当該報酬の金額を指定代理店のBSPに入金します。BSPへの入金に際して、当該航空会社に対して指定代理店が負担する金額は指定代理店に支払うべき金額と相殺することができます。支払いがクレジットカードによって行われ、且つ指定代理店がBSPについて承認を受けていない予約については、当該航空会社は、銀行預金を介して一切の報酬を指定代理店に支払います。

7.3. ジェットスターにBSPを登録した指定代理店には、当初の支払い方法に関わらず、支払うべき一切の報酬をBSPを介して支払います。

7.4. BSPを登録していない指定代理店には、以下の方法によって、一切の報酬を支払います。
(a) 指定の時点で指定代理店が指名した銀行口座、または指定代理店がオーストラリアに存在する場合には、指定代理店が当該航空会社に通知した銀行口座へ直接入金するか、または電子資金振替(EFT)を通じて電信送金します。小切手による支払いは行いません。
(b) 指定代理店がインドネシアまたは台湾(中国)に存在する場合には、指定代理店の関連GSAを通じて支払います。

7.5. 直接入金またはEFTを通じた電信送金が、当該航空会社の支配が及ばない何らかの理由で失敗した場合には、当該航空会社は、当該取引の支払いを完了するようにさらに試みますが、これが失敗したときには、支払いは次の支払日に行われます。当該航空会社は、このような直接入金が失敗した結果、指定代理店が被った一切の損害について責任を負いません。

7.6. 全ての報酬は、当該航空会社によって随時指定されるレートで行われ、本サイトに掲載されます。

7.7. キャンセルされた予約に対しては、報酬は支払われません。事後にキャンセルされた予約に関して、支払い可能な報酬が既に支払われていた場合には、当該航空会社は、次回の報酬支払から既に支払われた金額を差し引きます。

7.8. 本サイトに掲載して30日前に指定代理店に通知することによって、当該航空会社は、以下の事項を変更または修正することができます。
(a) 支払い可能な報酬のレート(レートをゼロに減少することを含む)
(b) 支払い可能な報酬の支払いを実施する頻度、または
(c) 当該航空会社が支払い可能な報酬を指定代理店に支払う方式、
(d) 本サイト上でまたは(該当する場合)他のいずれかの方法を通じて指定代理店によって行われた予約に関して支払い可能な報酬の種類。

8. GSTおよび税金

8.1. GSTを含むことが明示的に記載されていなければ、(8.3項によって要求されるものを除き)本約款に基づく変更料金および供給に対するその他のあらゆる対価(「ベース価格」)は、GSTを除外して計算されています。

8.2. 該当する場合、一切の支払い可能な報酬の支払いはGSTを含みます。

8.3. 本約款に従って、供給に対してGSTが課された場合、これらの供給を受けた者は、関連GST法に準拠する税額票またはその他の文書を受領することを条件として、ベース価格に加えて、この供給に関してこの供給者が支払うべきGSTと同額を支払わなければなりません。

8.4. 対価がGSTを含むことが明示的に表示されており、かつ適用法がGSTの税率を増加または減少させる場合は、GSTの税率の変化を考慮に入れるために、(GSTを含む)対価は増額または減額されます。

8.5. 本約款に基づいて供給に関連して支払われた、または支払われるべきGSTに関して、他方当事者が税額控除、相殺、割引または払い戻しを請求もしくは主張できるようにするため、または補助するため、各当事者は、関連するGST法規によって求められるあらゆる事柄を実施するように合理的な努力を払うものとします。

8.6. 一方当事者が損失、費用または支出について他方当事者に弁償または賠償しなければならない場合には、その損失、費用または支出について他方当事者が権利を有する税額控除を、弁償または賠償される金額からまず差し引き、次いで、8.3.項に従って(該当する場合)増額されます。

8.7. 本約款に基づく航空輸送またはその他の輸送契約の販売に対するGST(該当する場合)および発券税の支払いに対処するために、指定代理店がBSPを通じた決済について航空会社の承認を得ている場合、航空会社は、運賃(GSTおよび発券税を含む)をBSPシステムから引き落とします。

8.8. 指定代理店がBSPでない場合、本約款に基づいて指定代理店によって販売された航空輸送またはその他の輸送契約に対して支払われるべきGST(該当する場合)および発券税の支払いに対処するために、指定代理店は以下を行います。
(a) 顧客が支払った実際の運賃(GSTおよび発券税を含む)の詳細を航空会社に提供し、その金額を航空会社に送金するか、または
(b) 運賃全体(GSTを含まず、発券税を含む)の詳細を航空会社に提供し、その金額を航空会社に送金し、また当該運賃に対して適用されるGST債務に等しい額を航空会社に送金します。

指定代理店は、指定代理店が本条項に従ってGSTの正確な額を計算し、これを航空会社に送金しなかった結果として(故意によるか否かは問わない)、当該航空会社が被った一切の費用(罰金または罰則を含む)、損失または支出を当該航空会社に賠償します。

8.9. オーストラリアの指定代理店については、ジェットスターと指定代理店は、一切の支払い可能な報酬の支払いに関する税額票を提供するために、オーストラリアのGST法に従い、以下のことに同意します。
(a) 関連するGST法に従い、ジェットスターは、本約款に従って指定代理店がジェットスターに供給した全ての物品およびサービスに対する購入者作成税額票(「RCTI」)およびアジャストメントノートを発行します。
(b) 指定代理店は、8.9(a)項に記載された供給に関する税額票を発行しません。
(c) 指定代理店は、GSTの登録を行っていることをジェットスターに保証し、GSTの登録が終了した場合または物品サービス税に関する規則(Goods and Services Tax Ruling 2000/10)(以下、「GSTR 2000/10」)の要件を充たさなくなった場合には、ジェットスターに通知します。
(d) ジェットスターは、GSTの登録を行っていることを指定代理店に保証し、GSTの登録が終了した場合またはGSTR 2000/10の要件を充たさなくなった場合には、指定代理店に通知します。
(e) ジェットスターが以下のことを知るに至った日以降、ジェットスターは、通常ではRCTIとなる文書を発行しません。
(i) 当該文書がGSTR 2000/10の要件を順守していないこと、
(ii) 指定代理店がGSTR 2000/10の要件を順守していないこと、または、
(iii) いずれかの当事者がGSTの登録を行っていないこと。
(f) 課税可能な供給の実施またはその価格の決定から28日以内に、ジェットスターは、指定代理店にRCTIの原本または写しを発行し、原本または写しを保管します。
(g) ジェットスターは、指定代理店によってジェットスターに提供されたABNがRCTIに記載されていることを確認します。

8.10. 本約款または本約款に従って行われたサービスに関連して課され、査定され、課金され、または集金されたあらゆる種類の税金(発券税を含む)、手数料、料金およびその他の賦課金(あらゆる罰金または罰則を含む)について(本約款に基づいて行われた一切の報酬の支払いを含む)、指定代理店は航空会社を免責し、かつ防御し、これらについて責任を負い、航空会社に支払いまたは払い戻しをします。

8.11. 何らかの税金のために控除または源泉徴収をすること(指定代理店のオーストラリア事業者番号(ABN)が表示されていないために、ジェットスターによってオーストラリアの指定代理店に対して行われるものを含む)が関連の税法または租税規則によって要求されている場合には、指定代理店が、オーストラリアの関係税務当局によって発行されたこれらの税金の免除または税率変更の証拠(ABNを表示していない理由についてオーストラリアの税務当局によって承認された書面を含む)を提出できる場合を除いて、航空会社は本約款が適用される供給に対して提供された一切の対価から、関連する税金を控除または源泉徴収します。何れかの税金が控除された場合、航空会社は、これらの税金に関して指定代理店に追加額を支払う義務を負いません。指定代理店の書面による要請があれば、航空会社は、これらの税金の支払いの証拠を指定代理店に提供します。

9. 責任および免責

9.1. 指定代理店は、予約設備およびジェットスターデータに誤りが存在しないことを保証できないことを認め、このような誤りの存在がジェットスターまたは当該航空会社による本約款の違反に該当するものではないことをさらに認めます。

9.2. 指定代理店は、以下のいずれかに関連し、これらに起因し、またはこれらに関して被った限度まで、あらゆる損害について、各ジェットスターグループ企業、各カンタスグループ企業およびそれぞれの職員を免責し、かつ防御します。
(a) 指定代理店またはその職員による本約款の違反(指定代理店が、代理権の範囲を超えて、もしくはジェットスターの具体的な指示、運賃規則、運送約款もしくはその他の約款に従わずに代理した場合を含むが、これに限定されない)、
(b) 本約款に関連した指定代理店またはその職員の作為もしくは不作為に起因する、第三者による請求、要求、訴訟、訴えもしくは法的手続き(過失があるか否かを問わない)、
(c) 本約款に関連した指定代理店もしくはその職員による何らかの知的財産権の現実の侵害または申し立てられた侵害、
(d) 指定代理店またはその職員による適用される法律、法的義務、法的債務もしくはその他一切の契約の違反、または
(e) ジェットスターの予約システム(APIを通じたものを含むが、これに限定されない)からデータにアクセスしている、もしくは使用している指定代理店またはその職員と接続されたデータへの損失もしくは損害。

9.3. ジェットスターは、法律によって許容される限度まで、本約款に起因し、または本約款に関連して代理店に負担し得る一切の責任を免れます。

9.4. いかなる場合であれ、ジェットスターは、間接的損害の責任を指定代理店に対して負いません。

9.5. 指定代理店は、本サイトへのアクセスを得る際に独立した判断を実施したこと、および本約款に明示的に記載されない、航空会社もしくはそのスタッフが行った表明に依拠しなかったこと、あるいは当該航空会社もしくはジェットスターグループ企業が作成したカタログもしくは宣伝資料を含む文書に含まれた記述、イラストもしくは仕様に依拠しなかったことを認めます。

9.6. 本約款に基づく航空会社の責任は個別責任であり、連帯責任ではなく、関連する予約のみに関するものです。

10. 保険

10.1. 指定代理店は、以下に指定された種類および担保範囲の有効であり、かつ法的執行が可能な保険証券を取得および保有しなければなりません。
(a) 指定代理店の事業活動を担保するのに十分な額で、本約款から生じたまたは本約款に関連する当事者に対するあらゆる責任に対して、指定代理店およびその職員を担保する一般賠償および製造物責任保険
(b) 一保険事故当たり100万米ドルの保険額で、本約款に基づく指定代理店の義務を履行する際に指定代理店およびその職員による現実のまたは申し立てられた過失または怠慢のために、いずれかの者(ジェットスターを含む)によって行われた指定代理店およびその職員に対する請求に関して指定代理店およびその職員を担保する専門職業賠償保険、
(c) 成文法または慣習法に基づいて問われる可能性がある一切の責任を担保するために必要な額で、本約款に関するサービスを提供する指定代理店により雇用された者により行われた指定代理店およびその職員に対する請求に関して指定代理店およびその職員を担保する労災補償またはこれと同等のもの。

10.2. 指定代理店は、保険証券が定評ある保険業者のものであり、かつ第一次保険であり、かつジェットスターグループ企業による求償権がないこと、またはジェットスターグループ企業もしくはカンタスグループ企業によってかけられた保険であることを確保しなければなりません。

10.3. 要求があれば、指定代理店は、これらの保険条件の順守を、ジェットスターに証明しなければなりません。

10.4. 指定代理店は、本契約の終了または期間満了後少なくとも1年間、上記の専門業務賠償責任保険証券を保有しなければなりません。

11. ジェットスターデータの要件

11.1. ジェットスターは、専らその裁量で、指定代理店がどのジェットスターデータを利用できるようにするかを決定することができます。

11.2. 指定代理店は、全てのジェットスターデータが以下のとおりであることを理解し、同意します。
(a) ジェットスターによって所有され、将来所有されること
(b) 指定代理店によるジェットスターグループ商品のマーケティングおよび販売に関連して、指定代理店のみによって使用され得ること

11.3. 指定代理店は、ジェットスターの書面による事前の同意なしに、以下のことを行ってはなりません。
(a) 本サイト、GDSもしくは(ジェットスターによって承認された場合には)API以外を通じてジェットスターデータを取得すること
(b) Jetstar.comもしくはその他一切の該当するジェットスターのウェブサイトをスクリーンスクレ―ピングすることを含む任意の方法を介して、ジェットスターデータにアクセスすること
(c) 第三者の検索エンジン上で、ジェットスターIPをキーワード、検索用語、スポンサー付きリンクもしくは類似のものとして使用すること
(d) 第三者の利益のために、ジェットスターデータを使用し、もしくは使用を容易にし、もしくはジェットスターデータを配布するための仲介人として行動すること
(e) 顧客向けである場合でも、第三者に向けて、もしくは第三者を介してジェットスターデータを再配布、販売、もしくは表示すること
(f) ジェットスターデータにアクセスすることができるソフトウェアもしくは商品を開発し、使用許諾し、もしくは販売すること
(g) 運賃の変更を予測し、もしくは他の商品を開発するなど、いかなる理由であれ、ジェットスターデータをリバースエンジニアリング、加工、統合、操作、もしくはその他の方法で使用すること

12. 知的財産権

12.1. 指定代理店は、ジェットスターの書面による事前の同意(ジェットスターの完全な裁量で許可を与えないことができる)を得ずに、二重の航空会社または二重の卸売販売業者のブランドで(当航空会社が航空会社の一つである場合)、広告または販売促進資料を発行してはなりません。

12.2. 専ら当該指定代理店がジェットスターグループの商品を宣伝および販売する権限を与えられた代理店であることを特定する目的で、ジェットスターは、ジェットスターの標章を使用する限定された、使用料なしの、譲渡できない、非独占的な許可を指定代理店に付与します。ジェットスターの標章は、ジェットスターを紛争に巻き込む可能性がある方法で、改変、変更または使用してはなりません。指定代理店は、本約款中に明示的に記載されていない目的のために、ジェットスターの標章を使用する権利または許可を有しません。ジェットスターの商標を無権限で使用することは、ジェットスターの権利の侵害に当たります。

12.3. いかなるジェットスターIPを使用する際においても、指定代理店は、ジェットスターによって随時指定代理店に通知される全ての方針または条件を順守しなければなりません。

13. 期間および終了

13.1. 本約款は、指定代理店の登録の申し込みを承認した後、ジェットスターが指定代理店に本サイトへのアクセスを許可した時点で、指定代理店に関して開始します。本約款は、本約款に従って終了するまで(「期間」といいます。)、指定代理店���関して適用を継続します。

13.2. 本約款は、
(a) 他方当事者への書面による通知から30日を経た任意の時点で、ジェットスターまたは指定代理店によって解除することができます。
(b) 指定代理店に以下の事由が生じた場合には、ジェットスターによって直ちに解除することができます。
i. 本約款に従って航空会社に支払うべき金額を支払わない場合
ii. 本約款または何れかの適用法に違反している場合
iii. ジェットスターの意見により、航空会社またはジェットスターグループの利益を最優先する代理店として行動していないとされる場合
iv. 指定代理店の管轄区域内で旅行会社の業務を行うために旅行会社の営業許可が必要な場合、その旅行会社の営業許可が取り消し、もしくは無効にされ、またはその他営業許可の期限が徒過、もしくは失効した場合
v. 通常の業務過程以外で、その資産、営業または事業の全部または一部を譲渡する場合
vi. 支払期日が到来した時点で、その負債を支払えなくなった場合
vii. 営業を中止した場合
viii. 法人については、更生手続きの対象となり、またはその資産の何れかに対して清算人、管財人、管理人、その他これらに類する者が指名された場合
ix. 会社もしくは組合については、破産宣告の対象となり、もしくは解散した場合
x. 予約設備もしくはジェットスターデータを損傷し、不正に使用し、もしくは不正使用を許可した場合
xi. 航空会社のフライトを予約するためのGDSの使用に関連する航空会社による指示に違反した場合
xii. 6ヶ月以上本サイトにログインしておらず、航空会社に対して将来の日付の運送予約を一切行っていない場合
xiii. ジェットスターグループ企業、商品、サービスの信用を低下させ、もしくは名誉を棄損した場合
(c) 本約款に違反して、指定代理店が最終消費者に直接オンラインで運賃を配布している場合は、前記の意味を限定することなく、ジェットスターによって解除することができます。この場合には、ジェットスターは、本約款を終了させたり、または最終消費者に直接オンラインでジェットスターデータを配布する指定代理店の能力を終了させることができます。

13.3. 指定代理店に関する本約款の終了後には、指定代理店は以下のことを行います。
(a) ジェットスターデータおよびジェットスターIPを使用すること、複製することおよび表示することを直ちに停止しなければならず、本サイトまたはAPI(該当する場合)にアクセスしてはなりません。
(b) その所有または管理に係るジェットスターデータの写しの全てを、該当する航空会社によって指示された方式で、各航空会社に直ちに返却または破壊しなければなりません。
(c) 終了後に行われた予約に対する報酬についての権利を失います。
(d) 期間中に、最終消費者が購入するジェットスターの商品およびサービスを提供するために、ジェットスターが必要とするあらゆる合理的な支援を提供します。

13.4. 本約款が終了しても、航空会社が本約款または法律に基づいて有し得る一切の発生した権利または救済に影響を与えません。

14. クッキー

14.1. クッキーとは、あなたのコンピュータ上のウェブブラウザに保存された小さなデータです。いずれのウェブサーバも、以下のようになります。
a) ブラウザ中に1つ以上のクッキーを保存することがあり、または
b) このデータをウェブサーバへ返送するようにあなたのブラウザに要求することがあり、または
c) 同じインターネットドメイン内の別のサイトによってブラウザ上に保存されているクッキーを転送するようにブラウザに要求することがあります。

14.2. 本サイトは、後に本サイトを訪問した際に、サービスを改善するために、ウェブブラウザまたはコンピュータ上にクッキーを保存することがあります。

14.3. クッキーを使用することによって、ウェブサイトは、訪問者による本サイトの使用についての情報を追跡して、カスタマイズされたコンテントを提供すること、またはパスワード保護の使用に関する情報をも追跡することができます。多くのウェブサーバは、クッキーを受け取ったときにユーザに知らせるものであり、クッキーを承認または拒否できるように設定することができます。あなたは、ウェブブラウザによって保存されたクッキーをいつでも検査し、望まないクッキーを除去することができます。

14.4. ウェブブラウザ上のクッキーを使用できないようにし、または本サイトもしくはリンクされたサイトから特定のクッキーを除去もしくは拒否した場合は、本サイトの全てのコンテントおよび設備へアクセスできなくなることがあります。

15. 個人情報および機密情報の使用

15.1. 指定代理店は、予約設備上に入力されたデータの所有権を一切取得しないことを認めます。

15.2. 航空会社は、プライバシー通知に従って、指定代理店もしくはスタッフによって、または指定代理店もしくはスタッフの代わりに、航空会社に対して提供された情報を使用および開示することができます。

15.3. 指定代理店は、航空会社によって供給される商品またはサービスに関連して個人についての個人情報を収集する前、収集する時、または収集前もしくは収集時に不可能な場合には、収集後可能な限り早期に、各顧客へプライバシー通知の写しを提供しなければなりません。

15.4. 指定代理店は、以下に該当する場合を除いては、ジェットスターグループ企業の機密情報を何人にも開示してはなりません。
a) 指定代理店が、何人に対する機密保持義務にも違反することなく、当該情報を独立に取得した場合、または
b) 指定代理店が、当該開示について、該当するジェットスターグループ企業の書面による事前の同意を得ている場合、
c) 指定代理店が機密情報を開示する法的義務を負う場合。指定代理店が何らかの機密情報を開示することが法律によって求められている場合、指定代理店は、(事前に)以下のことをしなければなりません。
I. 航空会社に通知し、求められた開示の詳細を提供すること、
II. 航空会社が当該情報の機密性を保護するために必要と考えるあらゆる措置を講じる合理的機会を航空会社に与えること、
III. 当該情報の機密性を保護するために、航空会社が合理的に必要とする一切の支援を提供すること、
IV. 当該第三者に、当該情報が航空会社の機密情報であることを通知すること。

15.5. 指定代理店は、予約設備中に含まれる情報およびジェットスターデータが機密情報であることを認めます。指定代理店は、予約設備およびジェットスターデータに対する航空会社の所有権およびこれらの機密性を保護するために、あらゆる合理的措置を講じなければなりません。

15.6. 本約款の終了後直ちにまたは航空会社から合理的な要求が為された場合は、本約款の終了より前に、指定代理店は、航空会社の機密情報のあらゆる写しを航空会社へ直ちに返却、または破壊しなければなりません。この場合には、当該機密情報を使用、複写、または開示する一切の権利が終了します。

15.7. 指定代理店は、
(a) 機密情報の機密性を保持しなければなりません。
(b) 本約款に関連する場合に限り機密情報を使用することができます。
(c) 本約款に基づく指定代理店の義務の履行を可能にするために、指定代理店の許可された職員に、当該職員が知る必要がある限度で機密情報を開示することができます。
(d) 本約款の適用上、本当に必要な場合を除いては、機密情報またはその任意の一部を複写してはならず、航空会社から要求があった場合には、これらの写しの一切に「極秘-[開示当事者]」という表記を付さなければなりません。
(e) 受領者が自己の機密情報を保護する方法と少なくとも同じ方法で、機密情報を保護しなければなりません。
(f) 無許可の複製、使用、開示(当該開示が口頭であるか、書面であるか、またはその他の何らかの形態であるかを問わない)、アクセスおよび損傷または破壊を防ぐためのセキュリティ対策を講じなければなりません。
(g) 受領者が無許可の複製、使用またはあらゆる形態の開示があると思う場合、またはこれらに気づいた場合には、直ちに開示当事者に通知しなければなりません。
(h) 機密情報に関する開示当事者のあらゆる合理的指示を順守しなければなりません。

16. プライバシー

16.1. 指定代理店が本約款に関連して個人情報を収集する場合、指定代理店は、
(a) 悪用および紛失ならびに無許可のアクセス、改変または開示から当該個人情報が保護されるように、あらゆる合理的な措置を講じなければなりません。
(b) ジェットスターまたは当該個人情報が関係する個人によって許可された場合を除き、個人情報を直接的または間接的に使用してはなりません。
(c) 直接的であるか間接的であるかを問わず、何人に対してであれ、ジェットスターの書面による事前の同意を得ずに個人情報を開示してはなりません。
(d) 本約款に基づく代理店の義務を順守するために知る必要がある限り、指定代理店の権限を有する職員に個人情報を開示することができます。
(e) 偶発的なセキュリティ違反のリスクを最小限に抑えるために、個人情報の正確な取り扱いに関する適切な訓練を、権限を有する職員に実施しなければなりません。
(f) 指定代理店の内部オペレーティングシステムによって、権限を有する職員のみが個人情報にアクセスできるようにしなければなりません。
(g) 法律によって、または法律に基づいて、個人情報の使用または開示が求められ、または許可されたことに気付いた場合は、ジェットスターに直ちに通知しなければなりません。
(h) 1988年プライバシー条例(Privacy Act 1988 (Cth))および一般データ保護規則(General Data Protection Regulation)(Regulation (EU) 2016/679)など、適用され得る全てのプライバシー法規を順守しなければなりません。

17. 総則

17.1. いかなる航空会社も、その合理的な支配が及ばないこと(第三者によって引き起こされた遅延または不能を含むが、これに限定されない)から生じた一切の履行遅滞または履行不能に対して責任を負いません。

17.2. ジェットスターの書面による事前の同意を得ずに、指定代理店は、使用許諾または本約款を譲渡または取引しようと試みてはなりません。

17.3. 一方当事者が本約款の規定の何れかを何れかの時点で実施しなかったことを、本約款に基づく当該当事者の権利を放棄したものと解釈または推測してはなりません。

17.4. 本約款は何れも、航空会社と指定代理店との間で、または航空会社と指定代理店のスタッフとの間でジョイントベンチャー、組合または雇用者・被用者関係を生じさせるものではありません。

17.5. 指定代理店は以下のものを順守し、およびそのスタッフに順守させなければなりません。
a) 指定代理店が事業を営む管轄区域で適用できる旅行サービスの規定に関連または関係がある全ての適用可能な法律、規則および指針(プライバシー、取引慣行および公正な取引に関するものを含むが、これらに限定されない)、
b) 本サイトの使用および本約款に基づく指定代理店の義務に何らかの関連または関係がある、該当する航空会社が発行した指示または指図。

17.6. 乗客、手荷物および貨物の運搬は、関連する航空会社の運送約款および規則に服します。航空会社の運送約款の写しは、jetstar.com/termsから入手できます。

17.7. ジェットスターは、あなたに通知せずに本サイトを変更することがあります。ジェットスターは、本約款中の別の個所に記載されている変更の種類に加えて、随時本約款を変更することがあります。更新された約款は、本サイトに掲載された時点から指定代理店に対して法的拘束力を持ちます��

17.8. 本約款は、
a) 両当事者の主題について両当事者間で完全な合意が為されたことを証明しますが、GDSの使用に関する一切の具体的な条件に優先するものではありません。
b) 当該主題に関して、航空会社と指定代理店の間で行われたあらゆる従前の理解または同意に優先します。

17.9. 本約款を解釈する際には、その当事者が本約款または本約款の何れかの規定を提案または起草したことを根拠として、一方当事者の不利益になるように解釈の規則が適用されることはありません。

17.10. 以下の規定は、終了後(何らかの理由で、指定代理店がジェットスターのサイト上でジェットスターの販売を中止することを含むが、これに限定されない)も適用されます。7、9、10、11、12、15、16項ならびに各責任および免責に関する規定。

17.11. 本約款は、オーストラリアのニューサウスウェールズ州の法律に準拠し、これに従って解釈されます。各当事者は、同州の非専属的裁判管轄に服します。

別紙A

オーストラリア消費者法、2010年競争・消費者法の別表2

18. 誤解を招く行為または詐欺的行為
(1) 人は、商取引または商行為において、誤解を招きもしくは詐欺的である行為、または誤解を招きもしくは詐欺的となる可能性がある行為に従事してはならない。
(2)(不公正な慣行についての定めである)3-1編の規定は、(1)款を黙示的に制限するものではない。

29. 商品またはサービスに関する虚偽または誤解を招く表示
(1) 人は、商品もしくはサービスの供給もしくは供給の可能性に関して、または何れかの手段による商品もしくはサービスの供給もしくは使用の宣伝に関して、商取引または商行為において以下の行為をしてはならない。
(a) 商品が特定の水準、品質、価値、等級、組成、スタイルもしくはモデルのものであり、もしくは特定の歴史もしくは特定の使用歴を有していたという虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(b) サービスが特定の標準、品質、価値もしくは等級のものであるという虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(c) 商品が新しいという虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(d) 特定の者が商品もしくはサービスを購入することに同意したという虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(e) 商品もしくはサービスに関する何れかの者による推奨意見と称する虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(f) 以下に関する虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(i) いずれかの者による推奨意見
(ii) 商品もしくはサービスに関連して、このような推奨意見と称する表示
(g) 商品もしくはサービスが後援、認証、性能特性、付属品、用途もしくは特典を有しているという虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(h) 当該表示を行っている者が後援、認証もしくは提携しているという虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(i) 商品またはサービスの価格に関して虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(j) 商品を修理するための施設または商品のスペアパーツの利用可能性に関して虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(k) 商品の原産地に関して虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(l) いずれかの商品もしくはサービスの必要性に関して虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(m) 何らかの条件、担保責任、保証、権利もしくは救済(3-2編の第1目に基づく保証を含む。)の存在、除外もしくは効力に関して虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(n) 以下に該当する契約上の権利に対して支払いをする必要性に関して虚偽もしくは誤解を招く表示をすること
(i) 何らかの条件、担保責任、保証、権利もしくは救済(3-2編の第1目に基づく保証を含む。)と完全にもしくは部分的に同等であり、
(ii) 連邦法、州法もしくはテリトリー法(不文法を除く。)に基づいて、ある者が有する権利
注意1: この款の違反に対しては、金銭的罰則が科せられることがあります。
注意2: 商品の原産国についての表示に関する規則については、5 3編を参照してください。
(2) (1)款(e)または(f)に記載されている種類の表示に関する手続きに関して(1)款を適用する上で、反対の証拠が提示されなければ、表示は誤解を招くものとみなされます。
(3) 誤解を避けるために、(2)款は、
(a) 単に反対の証拠が示されているという理由で、当該表示が誤解を招かないものになるという効果を有さず、または
(b) 表示が誤解を招かないという証明責任をいずれかの者に負担させる効果を有しません。

別紙B

オンライン販売代理店約款

総則

A. 別紙Bに記載されているこれらのオンライン販売代理店約款 (「オンライン約款」)は、本約款の一部を構成します。

B. 本オンライン約款は、条件12に従って、最終顧客に航空会社の運賃をオンラインで販売する権限を有する指定代理店に適用されます。

1. 定義

以下で別段の定義がされていなければ、本オンライン約款中で使用される定義された用語は、約款中でそれらに与えられた意味を有します。

「API NDA」とは、APIに関するジェットスターの守秘契約を意味します。

「料金コード」とは、最終消費者によって要求された何らかの特別サービスを含む、特定の予約に関して支払われるべき総額を計算するためにジェットスターが必要とするコードを意味します。本契約に適用され得る料金コードは、ジェットスターのAPI技術仕様書(API NDAに署名後、ジェットスターのAPIに直接接続している代理店は利用可能となる)中に記載されています。

「SSRコード」とは、最終消費者が追加または特別サービスに対する必要な支払いを要求し、および(必要な場合には)供給することをジェットスターに明らかにする、ジェットスターが随時書面で通知する特別サービス要求コードを意味します。本契約に適用され得るSSRコードは、ジェットスターのAPI技術仕様書(ジェットスターのAPI NDAに署名すると、指名代理店は利用可能となる)中に記載されています。

2. 代理権の範囲

2.1. 約款に従い、ジェットスターは、指定代理店の費用で、以下のことをする権限を代理店に付与します。
(a) ジェットスターデータを指定代理店のサイトに表示させること
(b) 本オンライン約款の5.1項に従ってジェットスターにより承認されたとおりに、APIへのリンクを通じて指定代理店のサイトを使用して最終消費者に航空会社のフライトを検索し、予約を行わせること。

2.2. 指定代理店が航空会社の予約に関して最終消費者に対する手数料を変更した場合、指定代理店は以下のことを確認しなければなりません。
(a) 予約を行うに先立って、最終消費者が手数料について承知していること、
(b) 手数料が代理店の手数料であって、ジェットスターグループの手数料でなく、ジェットスターグループの運賃とは別個に指定代理店へ直接支払われることが明確に開示されていること
(c) ジェットスターグループの予約に対して課される手数料の金額は、別の航空会社への予約に対する指定代理店の手数料に過ぎないこと

2.3. 本オンライン約款に基づいて行われた予約に関して、報酬の支払いがないことを除き、本オンライン約款中の規定は、約款の運用に影響を及ぼしません。

3. 指定代理店の義務

3.1. 指定代理店は、指定代理店のサイト上に表示されたジェットスターのデータが、以下を確保しなければなりません。
(a) 随時ジェットスターが通知したとおりに、ジェットスターが各ジェットスターグループ航空会社に関して提供した正しい名称および/または商標を使用することによって、ジェットスターのデータであると明確に特定されること
(b) いかなる点でも改変または変形されていないこと
(c) 最終消費者の問い合わせに適用され得る利用可能な全てのジェットスターグループの運賃を最終消費者に見えるようにし、最終消費者がその運賃によって受託手荷物を購入できるようにすること
(d) 最終消費者がその問い合わせに関連する情報を剥奪されないように、検索に応答して全部が表示されること
(e) 最終消費者によって他の表示基準または並べ替え基準が指定されている場合を除き、ジェットスターグループの運賃が公平な方法で他の航空会社の運賃と比較して表示されており、全ての運賃が昇順で掲載されていること
(f) カンタスフリークエントフライヤー、日本航空マイレージバンク、ベトナム航空ロータスマイルズおよびエミレーツスカイワードのメンバーが、(随時ジェットスターによって通知される)適格運賃に対して、ポイントおよび/またはステータスクレジットを獲得できる旨が具体的に表記されていること

3.2. 指定代理店のサイトを通じて行われた各ジェットスターグループの予約に関して、指定代理店は以下のことをしなければなりません。
(a) 最終消費者から正確な顧客情報と予約情報を収集して、APIを通じてジェットスターへ安全に伝達することにより、当該運賃および手数料の支払いとともにこれらを直ちに提供すること
(b) ジェットスターが予約について最終消費者へ問い合わせできるようにするため、予約に最終消費者の電話番号と電子メールアドレスが含まれていることを確保すること
(c) この情報を収集した時点で、当該情報がジェットスターによって収集されていることを最終消費者に知らせ、消費者サイト上にあるジェットスターのプライバシーポリシーへのリンクを提供すること
(d) 当該予約が適用されるジェットスターの運賃規則に服すること、および全ての輸送がジェットスターグループ航空会社の適用される運送約款に服することを最終消費者に知らせること
(e) 当該予約が、ジェットスターによって随時通知される、カンタスフリークエントフライヤー、日本航空マイレージバンク、ベトナム航空ロータスマイルズおよびエミレーツスカイワーズのロイヤルティプログラムの特典を発生させる適格運賃に対するものである場合、最終消費者が、消費者サイト上の手続きと類似の方法で、該当する航空会社ロイヤルティ会員番号をその予約簿に入力できるようにすること、
(f)(指定代理店のサイトの確認ページ上および最終消費者の旅程表上を含む)全ての通信文上に、予約情報を提供するために顧客がジェットスターに直接連絡すべきこと(ジェットスターが通知したように連絡先をジェットスターに提供することを含む)を最終消費者に知らせること、
(g) ジェットスターにより書面で別段の同意がなされなければ、指定代理店は、本オンライン約款で認められた以外に、ジェットスターデータまたはその他一切のジェットスターの資料とリンク、複製、または表示することを試みてはなりません。

3.3. 指定代理店は、以下のことをしてはなりません。
(a) ジェットスターの書面による事前の同意なしに、ジェットスターグループが所有または管理している予約設備に含まれるジェットスターのデータを構築すること
(b) 書面によるジェットスターの事前の承認を得ずに、何らかの自動化された質問ツールを使用し、またはジェットスターのデータもしくはその他航空会社の資料を含む形態のデータベースを確立もしくは維持すること
(c) 自分自身のために検索もしくは問い合わせを開始し、または最終消費者からの問い合わせに応じる以外にジェットスターのデータを使用すること
(d) ジェットスターの事前の承認を得た場合を除き、最終消費者に指定代理店のサイト上でジェットスターグループの予約を変更させること
(e) ���約が首尾よく行われており、正しい指定代理店のサイトから予約されていることがジェットスターのシステムで認識できるという確認および承認をジェットスタートから事前に書面で得ることなく、指定代理店のサイト上でジェットスターのデータの販売を開始すること。テストシステムおよびプロダクションシステム中の予約の正確性を確認するために、sales@jetstar.comに連絡して、連絡担当者を見つけてください。

3.4. 指定代理店は、以下のことをしなければなりません。
(a) 指定代理店のサイトを通じて行われたジェットスターグループに対する全ての検索および問い合わせが、リアルタイムで対応されたことを確認すること
(b) 全ての適用法ならびにジェットスターグループの運賃の供給およびジェットスターグループの運賃を供給する申し出に関してジェットスターが書面で行った指示を順守すること
(c) 指定代理店のサイトが、名誉棄損表現、ポルノ表現、違法な表現またはその他公序良俗に反する表現を含まないようにすること
(d) APIが本約款およびオンライン約款に基づいて許可された方法に限り使用されるようにすること

3.5. 最終消費者がSSRコードおよび/または料金コードを必要とする航空運賃またはサービスを選択した場合、指定代理店は、予約の時点で、APIを介してジェットスターに正しいコードを転送しなければなりません。

3.6. コードが必要とされる場合に、指定代理店が3.5項に記載されているコードを転送できなかったときには、ジェットスターは、書き落とした料金コードまたはSSRコードの価額に等しい金額のインボイスを指定代理店に送付します。

3.7. 指定代理店のサイトが、フライトのみの予約経路とフライトおよび宿泊予約経路を通じてジェットスターの運賃を販売する場合、この2つの予約経路は、別個の指定代理店として設定しなければならず、それぞれの指定代理店のサイトから行われた予約に対応する正しい団体番号を航空会社に提供しなければなりません。

4. 閲覧対予約比率

4.1. ジェットスターは、指定代理店の閲覧対予約比率を監視する権利を留保します。閲覧対予約比率は300:1(300の空席照会要請当たり1つの予約)を超えてはなりません。指定代理店の閲覧対予約比率が300:1を超えた場合には、
(a) ジェットスターは、閲覧対予約比率が300:1を超えたことを指定代理店に伝える書面による通知を提供し、
(b) ジェットスターの書面による通知を受け取ってから7日以内に、指定代理店が同意した閲覧対予約比率を超えた理由の詳細な説明をジェットスターに行わなければならず、
(c) ジェットスターの書面による通知を受け取ってから4週以内に、指定代理店は、閲覧対予約比率を低下させるための改変を行わなければなりません。

4.2. 指定代理店が2ヶ月連続で閲覧対予約比率を超えた場合には、指定代理店は本オンライン約款に違反したことになり、ジェットスターは、APIアクセスを一時定し、本約款の13項の記載内容に従って、指定代理店に通知を提供することによって本約款を解除し、またはジェットスターの統制の及ぶ範囲で、代理店の閲覧対予約比率を低下させるための他の措置を講じることがあります。

5. ジェットスターIPの使用

5.1. 指定代理店は、
(a) ジェットスターによって要求された一切の知的財産権所有企業を表示しなければなりません。
(b) ジェットスターのロゴを改変または修正してはなりません(サイズ、形状、比率および色を含む)。
(c) ジェットスターの書面による事前の承諾を得ずに、Googleなどの第三者の検索エンジン上に、キーワード、検索用語、スポンサー付きリンクとして、ジェットスターのマークまたはカンタスグループの商標を使用してはなりません。
(d) 指定代理店のサイトに顧客を誘導するために、ジェットスターIPを使用してはなりません。

6. ジェットスターの承認権および調査権

6.1. ジェットスターが指定代理店のリンクを用いて予約プロセスを検査し、ジェットスターデータの表示を調査できるようにするために、指定代理店は、指定代理店のテストサイトへのアクセスをジェットスターに提供します。指定代理店は、ジェットスターによって合理的に求められた一切の変更を行います。

6.2. 指定代理店が本オンライン約款を順守していることを調査するために、指定代理店は、いつでも指定代理店のサイトへジェットスターをアクセスすることを許可します(かつジェットスターが随時全ての必要なアクセスコードを最新のものとして有するようにすべきである)。

7. 支払いおよび決済

7.1. 指定代理店のサイトを通じて行われたジェットスターグループの予約は、以下の選択肢を介して、ジェットスターの運賃、税金、サーチャージ、手数料および付随的収入を含む予約全額について決済されなければなりません。
(a) ジェットスターのマーチャントアカウントを用いる最終消費者のクレジットもしくはデビットカードまたは
(b) 指定代理店が最終消費者との取引を決済する指定代理店のサイト上に、指定代理店が提供する支払い形態。

7.2. 7.1(a)項に基づいて、指定代理店が最終消費者とジェットスターの予約を直接決済する場合、ジェットスターは、指定代理店がジェットスターに負担する金額を、BSPを通じて決済します。

7.3. 指定代理店は、7.2項の例外を提案することができます。但し、このような例外は、ジェットスターからの書面による事前の同意(専らジェットスターの裁量において不許可とすることができる)が得られた場合にのみ効力を発します。

7.4. 指定代理店のサイトを介して処理された取引に対する支払いカードのセキュリティを強化するために、ジェットスターは、全てのデビットおよびクレジットカードによる支払いに対してCVV(セキュリティコード)を求めます。7.1項の選択肢に基づいて、支払いカードがジェットスターのマーチャントアカウントを用いて処理されたときには、CVVが求められます。ビザ、マスターカードおよびダイナースクラブについては、CVV番号は、カードの裏側の署名欄の上に印刷された下3ケタの数字です。アメリカンエキスプレスについては、CVV番号は、カードの左側または右側、カード番号の上または下に印刷された3ケタの数字(浮き上がりまたは隆起していません。)です。支払いカード取引を承認および処理する際に、3.2項に基づくPCI DSSの順守を維持する義務に従うために、指定代理店は、一切の顧客のカードのCVVを保存してはいけません。


承諾して登録する