補助器具とは、ご自身の歩行、視覚、聴覚、発話、呼吸、その他、日常生活に支障をきたす障がいをお持ちのご搭乗者が、その機能を支援することを目的として使用する器具を指します。

一般的な補助器具には、歩行用の杖や歩行器、松葉杖、キャスター付き歩行器、呼吸補助装置(CPAP、BiPAPなど)、医療機器(人工呼吸器、酸素吸入器など)、ホイスト、入浴用椅子、ポータブルトイレ、空気注入式クッション、医薬品などがあります。

機内には、歩行用の杖や松葉杖など、特定の補助器具のみお持ち込みいただけます。

一部の補助器具につきましては、機内へのお持ち込みを一切お断りしております。こうした器具には、車いす、折りたためない歩行器やキャスター付き歩行器、ハイキング用の杖やポールなどがあります。

お持ち込みいただけない器具は、受託手荷物としてお預けいただきます。ハイキング用の杖やポールを補助器具としてお使いの場合には、歩行用の杖など、機内にお持ち込みいただける別の補助器具または代替となる補助器具を携行していただく必要があります。

詳しくは、携帯用酸素濃縮器/医療用酸素ボトルのご利用についてのページをご確認ください。


ご予約とご計画

補助器具の預け入れ

補助器具には、お手荷物のサイズや重量等が規定を超えた場合の追加料金は適用されません。従って、個人でご使用の補助器具は数に制限なく無料でお預けいただけます。

ご予約時に個人使用の補助器具のために受託手荷物枠をご購入いただく必要や、サイズの大きな手荷物の追加料金をお支払いいただく必要はありませんが、補助器具が運航会社・使用機材により定められた受託可能な寸法に収まっている必要があります。

補助器具を受託手荷物の中に収納している場合は、手荷物受取所でお受け取りいただけます。


補助器具の機内持ち込み

機内にお持ち込みいただける手荷物許容量は、ご購入の運賃によって異なります。補助器具は機内持込手荷物許容量には含まれず、機内持込手荷物とは別に計量されます。

サイズ要件を満たさない器具等は機内にお持ち込みいただけません。従って、場合により、機内に持ち込みできる補助器具または代替の補助器具を別途携行しての渡航が必要となります。特定の補助器具についてのご質問は、コンタクトセンター/ライブチャットまでお問い合わせください。

医薬品をお持ちになって渡航される場合、不慮に受託手荷物が受け取れなかった状況に備えて、少なくとも1週間分の必要な医薬品を機内持込手荷物としてお持ちください。

歩行用の杖などの補助器具を機内にお持ち込みの場合は、以下を条件として機内持込手荷物許容量の対象外で無料で機内にお持ち込みいただけます。

  • 補助器具は個人使用を目的としている。
  • 適切に梱包・収納され、スタッフが個別に計量を行うために、機内持込手荷物から簡単に取り出すことができる。
  • ご自身または同伴者によって運ぶことができ、頭上のロッカーに収納できる。

機内で補助器具の使用が必要かどうかによって、適用される制限が異なります。以下の点にご留意ください。


フライト中

フライト中、松葉杖と歩行用の杖は、シートベルト着用サインが消えた後からお使いいただけます。

ジェットスターからメディカルクリアランスの承認を得ている場合には、フライト中にバッテリー式の補助器具をお使いいただけます。

ジェットスターからバッテリー式の補助器具使用について承認を得ていない場合、フライト中は、その補助器具を頭上のロッカーまたは前の座席の下のスペースに収納していただきます。


米国発着便でのご渡航

米国発着のフライトでは、障がいをお持ちのお客様が持ち込みいただける補助器具の数に制限はなく、補助器具は受託手荷物および機内持込手荷物許容量には含まれません。


ジェットスター・パシフィック航空(BL)での渡航 ― ジェットスター ベトナム

ジェットスター・パシフィック航空(BL)では、危険物持ち込み許可を必要とする移動補助具や補助器具は一切機内にお持ち込みいただけません。これらの器具には、携帯用酸素濃縮器/医療用酸素ボトルなどが含まれます。


メディカルクリアランス(医師の診断)

フライト中に、医療用酸素が必要となる場合、必ずその旨をメディカルクリアランスフォームに記入してください。ジェットスター・ジャパン(GK)のフライトをご利用の場合を除き、フライト中にバッテリー式のCPAP機器を使用する場合も、メディカルクリアランスフォームへの記入が必要となります。

メディカルクリアランスは、フォームに記載の締め切り日前に承認を受ける必要があります。また、ジェットスター・ジャパン(GK)のフライトで、医療用酸素ボトルをご利用の場合は、メディカルクリアランスフォームとは別に、医療用酸素ボトル仕様確認書の提出が必要です。詳しくは、携帯用酸素濃縮器/医療用酸素ボトルのご利用についてのページをご確認ください。

補助器具の携行につきましては、その器具をお客様が単独で使用できる、またはお客様を介助する同伴者と渡航することとしてください。


保険

当社では、移動補助具や補助器具に対して、あらゆる細心の注意を払いますが、輸送中に発生した損害に対する賠償責任には限りがありますのでご了承ください。器具の損害に備え、ご自身で適切な保険に加入していただきますようお願いいたします。詳しくは、当社の運送約款のページをご確認ください。