インドネシア経済の中心地で、美食とパーティーで知られる 活力あるメガシティー「ビッグドリアン」

ジャカルタは世界で2番目に大きな都市で、国の経済にとっての柱となっている。毎日、周辺地域から通勤してくる人たちで人口が2倍近くに膨れ上がる。そのため、ジャカルタは道路事情の悪さで知られることとなったが、そのカラフルなダイナミックさから、悪名高い交通渋滞にもかかわらず人々は訪れることをやめようとはしない。「黄金の三角地帯」と呼ばれるスディルマン(Sudirman)、クニンガン(Kuningan)、タムリン(Thamrin)の各地区にはショッピングモールが集中しており、隣国シンガポールで見つかるのと同じ国際ブランド商品が並ぶ。またクラパガディン(Kelapa Gading)では様々なインドネシア料理が楽しめる。ライブバンドやDJを揃えたバー、カフェ、レストランが多いクマン地区も見逃したくない。

Topへ戻る

おすすめ&見どころ

  • Eat of the moment

    食の中心地

    北部クラパガディン(Kelapa Gading)には飲食店が集中しており、インドネシア各地の美味に出会える。大通りに面する「ペンペ161(Pempek 161 opens in new window)」でペンペ・カパルセラム(Pempek Kapal Selam : 卵入りのかまぼこ/kapal selamとはインドネシア語で潜水艦の意)をビネガーソースで試してみたい。

  • クラブで朝まで

    ジャカルタに来たからには、朝までクラブで飲み明かす日もほしい。ジャカルタは、ダンス用のシューズをはいて夜明けまで踊れる東南アジアの「パーティー都市」とも呼ばれている。プラザ・スナヤン(Plaza Senayan)の X2 opens in new window、ジャラン・ガトー・スブロート(Jln Gatot Subroto)のドラゴンフライ(Dragonfly opens in new window)、またクマン地区にあるSHYルーフトップ(SHY rooftop opens in new window)なら、早朝まで楽しめる。

  • 豊富なショッピングオプション

    ジャカルタ市内、特にその「黄金の三角地帯」には数多くのショッピングモールが存在する。タムリン地区にあるグランド・インドネシア・ショッピングタウン(Grand Indonesia Shopping Town)は64万㎡の広さを誇り、東南アジア最大のH&M旗艦店など、国際ブランドが出店している。

  • ミニ・インドネシア

    インドネシアの多様な文化を知りたければ、国内33州の伝統衣装と住居が展示されているタマン・ミニ・インドネシア・インダー(Taman Mini Indonesia Indah opens in new window : Beautiful Miniature Indonesia Park : ビューティフル・ミニチュア・インドネシア・パーク)に足を運べばいい。スカイリフトに乗れば、湖に浮かぶインドネシア列島が一望できる。

  • The old guard

    旧市街地

    コタ・トゥア(Kota Tua:旧市街地)には、かつてのジャカルタの雰囲気が残る。ジャカルタ歴史博物館(Fatahillah Museum)では地元の歴史を学ぶことができ、その周辺にはよく保全された古い建物が立ち並んでいる。また、バジャイ(三輪タクシー)でスンダ・クラパ港(Sunda Kelapa)まで行けば、漁師や商人が使った「ピニシ(Phinisi)」と呼ばれる木造船が見られる。

Topへ戻る

空港情報

CBD(中央ビジネス地区)まで 20km
所要時間 約45分
タクシー 約100,000~200,000ルピア
バス 30,000ルピア、所要時間は約70分
プライベートハイヤードライバー付きで180,000~500,000ルピア

Topへ戻る

気候とシーズン

年間を通してほぼ夏が続く。屋外にいるのもいいが、冷房完備のビルやショッピングモールで過ごす方がいいかもしれない。雨季は10月~3月で、雨は数時間集中して降ることが多く、渋滞悪化に拍車をかける結果となっている。

毎年3月にはジャワ・ジャズフェスティバル(Java Jazz Festival)が3日間開かれる。また、ダンスミュージック・フェスティバルのジャカルタ・ウェアハウス・プロジェクト(Djakarta Warehouse Project (DWP))は12月で、シンガポールで有名な「ズークアウト」のビーチパーティーとほぼ同時期の開催となる。

Topへ戻る

アクセス

料金メーター付きのタクシーはどこでも見つかる。固定の運賃を提示するドライバーもいるが、そのような料金システムにはなっていないので気をつけた方が良い。タクシーを選ぶなら「ブルーバードかシルバーバード(Blue Bird or Silver Bird opens in new window)」が無難で、電話予約が可能だ。路線バス「トランスジャカルタ(Transjakarta Bus opens in new window)」でも市内を巡ることができる。

Topへ戻る