ジェットスター・ジャパンについて

「日本の空、世界の空を、もっと身近に。」をビジョンとして掲げ、2012年7月より日本国内線、2015年2月からは国際線の運航を開始しました。現在、25機のエアバスA320型機(180席)を保有し国内15都市・16路線を運航。就航から3,500万人以上のお客様にご利用いただいています。ジェットスター・ジャパンには豪カンタスグループ、日本航空株式会社、東京センチュリー株式会社が出資しています。


会社名 ジェットスター・ジャパン株式会社/Jetstar Japan Co., Ltd.
本社所在地 〒282-0006 千葉県成田市成田国際空港 第3ターミナル内
事業内容 定期航空運送事業、航空機使用事業、その他附帯事業
設立年月日 2011年9月5日
代表取締役社長 片岡 優(かたおか まさる)
社員数 約1,000名(2019年8月1日現在)
資本金 120億円
株主構成比率 日本航空(50%)、豪カンタスグループ(33.3%)、東京センチュリー(16.7%)

安全情報

ジェットスター・ジャパンの安全に対する姿勢や取り組みを、詳しく報告しています。

2019年度 ジェットスター・ジャパン 安全報告書 opens in new window
*ジェットスター・ジャパンの事業年度は7月1日から6月30日までとなります。 業務改善勧告に対する報告書 opens in new window
*国土交通省からの業務改善勧告に対して当社が提出した報告書です。

移動等の円滑化の促進への取り組み

ジェットスター・ジャパンの高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に対する取り組みを、詳しく報告しています。

ジェットスター・ジャパン 移動等円滑化取組計画書および計画書

ジェットスター・ジャパン受賞歴およびランキング

  • 国内長距離交通業種「知覚価値」1位(日本版顧客満足度指数/JCSI 2013、2014)