2020年夏よりジェットスター・ジャパンは、日本で初めてエアバス A321 (LR)を3機、順次導入予定です。A321 LRでは、最新の客室デザインに、人間工学を駆使して設計された座席を採用するなど、より快適な機内空間を実現。より多くのお客様に低運賃での空の旅を提供できるとともに、ネットワーク拡大の可能性が広がります。


エアバス A321neo (LR)の特徴

※掲載画像はすべてイメージです。実際の仕様とは異なる場合があります。

よりよい機内体験

  • 心地よいシート
    座席には、2019年レッド・ドット・デザイン賞において「最優秀エコノミークラスシート」を受賞したRecaro社 BL3710を使用しています。軽量で、かつ人間工学に基づいたスリムな背もたれと座面デザインで、安定した座り心地で快適にお過ごしいただけます。
    • RECARO社 BL3710(前面) Recaro社 BL3710(前面)
    • RECARO社 BL3710(背面) Recaro社 BL3710(背面)
  • USBポート&モバイル端末ホルダー
    モバイル端末ホルダー*やUSBポートを座席に設置。フライト中に充電しながらご自身のモバイル端末をご利用いただけます。
    *1列目など、一部設置されていない座席があります。
    • USBポート クローズアップ ※座席の仕様は変更となる場合があります。
  • LED照明
    フライト中のさまざまなシーンに合わせて調光できるLED照明を設置。

環境に優しい

  • 燃費効率の向上
    新型エンジン(neo)が搭載されることで、現行のA321ceoよりも燃費効率が15%向上します。
    結果、費用効率を向上させ、引き続き低運賃を継続し、おトクで快適な空の旅を提供します。

新しいルートへの就航

  • 追加燃料タンク搭載
    追加燃料タンクが搭載されることで、現行のA320ceoよりも航続距離が83%延び、約3,000kmから約5,500kmまで航行可能になります。それにより現行の航空機では就航できなかった、中・長距離のエリアまで飛ぶことができるようになります。
ジェットスター・ジャパンA321 LRのスペック
発注機材数 3機
座席数 238席
座席クラス 全席エコノミークラス
座席仕様 Recaro BL37010
座席奥行き:17.2インチ(44cm)
座席幅(肘掛け間):16.65インチ(42cm)
シートピッチ:28~39インチ(71~99cm)
※座席仕様は変更となる場合がございます
最大離陸重量 93,500kg
全幅 35.8m
全長 44.5m
全高 11.7m
客室全幅 3.9m
翼面積 122.6m2
平均巡航速度 マッハ 0.82
巡航高度 29~39,000フィート
航続距離 約5,500km
搭載エンジン 2 x CFM Leap 1A Engines
  • 全長
  • ファン直径
  • バイパス比
  • 最大離陸推力
  • 332cm
  • 198cm
  • 11:01
  • 142.8kN / 32,100lbf
  • 機内シートクローズアップ
  • 機内ギャレー
  • 機内客室

注目トピックス&キャンペーン

おかげさまでLCC No.1

空の旅をかしこく、ちゃっかり。ジェットスターを知るにはまずここから。

Good Travel, No Trouble

事前準備でより快適な旅を♪スムーズな旅のコツをご紹介。新たなムービー公開!

ジェットスター プロフェッショナルズ

安心を守る最前線、そのリアルを切り取ったドキュメンタリー

キャンペーンで、ちゃっかり

空の旅がさらに楽しく。おトクなキャンペーンをお見逃しなく♪