「より多くのお客様に、より気軽に空の旅を楽しんでもらいたい」それがジェットスターグループの経営理念です。お客様がいつでもおトクな運賃で飛行機を利用できるよう、常に徹底したコストダウンを行っています。


ジェットスターグループは、下記の運航会社で構成されています。

ジェットスター航空
オーストラリアとニュージーランドを拠点とするジェットスター航空は、カンタス航空の完全出資会社です。

ジェットスター・アジア航空
シンガポールを拠点とするジェットスター・アジア航空は、ニュースター・ホールディングスにより経営管理されています。シンガポール系企業ウェストブルック・インベストメント(51%保有)を筆頭株主とし、株式の残り49%をカンタスグループが保有しています。

ジェットスター・パシフィック航空
ベトナムを拠点とするジェットスター・パシフィック航空は、株式の30%をカンタスグループが保有し、残りを筆頭株主である国家資本投資経営総公社(SCIC)をはじめベトナムの投資家が保有しています。

ジェットスター・ジャパン
日本を拠点とするジェットスター・ジャパンは、日本航空株式会社、豪カンタスグループ、東京センチュリー株式会社が出資しています。


ジェットスターグループは、アジア太平洋地域において最も急成長している航空会社ブランドの一つで、同地域で最大級の路線網を展開しています。ジェットスターグループは、オーストラリアおよびニュージーランドのジェットスター航空(カンタスグループの子会社)、シンガポールのジェットスター・アジア航空、ベトナムのジェットスター・パシフィック航空、日本のジェットスター・ジャパンから構成されています。ジェットスターグループは、アジア太平洋地域の87都市以上に就航し週5,000便以上を運航しています。FY2019(2019年6月期)には、ジェットスターグループ全体で3,800万人以上のお客様にご利用いただきました。


ジェットスターグループおよび各運航会社のCEO(最高経営責任者)は以下の通りです。

  • ジェットスターグループおよびジェットスター航空(オーストラリア/ニュージーランド):ギャレス・エバンズ(Gareth Evans
  • ジェットスター・アジア航空:バラタン・パスパティ(Barathan Pasupathi
  • ジェットスター・ジャパン:片岡優(代表取締役社長)(Masaru Kataoka
  • ジェットスター・パシフィック航空:グエン・クオック・フォン(Nguyen Quoc Phuong

掲載情報は2019年10月9日現在のものです。