ご予約

お客様に円滑なご旅行をお楽しみいただくため、車椅子をご利用のお客様はご搭乗やお座席の移動などにお手伝いが必要な場合は、必ずご予約の際に当社までお知らせください。ご予約方法(ジェットスターのウェブサイト、コンタクトセンター、旅行会社)を問わず、必要とされるお手伝いの内容および移動補助具の有無をお知らせください。

車椅子でのお手伝いに関するリクエスト

必要なお手伝いの程度をお知らせください。お客様のご予約にIATAコード(WCHR、WCHSまたはWCHC)を適用して、ご旅行を通じお客様が必要とされる車椅子での移動のお手伝いをチームで把握させていただきます。どの介助レベルをお選びいただいても、到着地の手荷物受取エリアまでの移動のお手伝いが含まれます。空港内をご自身でご移動いただくことも可能です。混雑時には、車椅子での移動のお手伝いまでにお待ちいただく場合がございますので、あらかじめご了承のうえ、ご予約の際にお客様ご自身で時間に余裕のあるフライトをお選びください。


お持ちになる車椅子または移動補助具のご連絡

以下の点についてコンタクトセンター/ライブチャットまでお知らせください。

  • 手動式/電動式
  • 重量
  • 電動式の場合、電池の種類(乾電池、湿式電池、リチウム電池など)

車椅子または移動補助具の重量が32kgを超え、直立の状態を保持できず、かつフリーホイールモードで操作できない場合、当社では当該器具を運ぶことができません。

ジェットスター・アジア航空(3K)が運航するフライトをご利用のお客様が、ご自身の車椅子をお預けにならず、空港で車椅子での移動のお手伝いをリクエストした場合、車椅子料金を別途お支払いいただきます。詳しくは、ジェットスター・アジア航空(3K)の車椅子料金のページをご確認ください。


同伴者を連れてのご搭乗

移動の補助のために同伴者と一緒に搭乗される場合は、事前にお知らせください。お座席が一緒になるよう手配いたします。


チェックリスト

オーストラリアまたはニュージーランド発着便にご搭乗の場合は、以下のチェックリストにご記入の上、当日お持ちください。
車椅子/移動補助具をお使いのお客様、身体の不自由なお客様用搭乗チェックリスト


車椅子のチェックイン

移動補助具の取扱については細心の注意を払いますが、輸送中に発生した損害に対して賠償責任限度が設定されている点にご注意ください。移動補助具の損害に備え、ご自身で適切な保険に加入していただきますようお願いいたします。詳しくは、当社の運送約款をご確認ください。移動補助具を再度組み立てる必要がある場合には、スタッフはお手伝いできないため、お客様ご自身または同伴者に組み立てていただく必要があります。車椅子の損傷リスクを減らすため、車椅子のカスタマイズ装置は取り外し固定することをご検討ください。


お座席

特別なお手伝いを希望されるお客様には、可能な限り客室前方のお座席を手配いたします。車椅子での移動のお手伝いが必要なお客様は、安全上の理由から非常口座席はご利用いただけませんのでご了承ください。エクストラ・レッグルーム・シートおよび非常口座席はご利用いただけないため、フライト中に足を伸ばす必要がある場合は、追加のお座席を購入していただく必要があります。必要な場合は、コンタクトセンター/ライブチャットまでご連絡ください。詳しくは、介助および移動介助に関する制限のページをご確認ください。


出発空港にて

事前に車椅子での移動のお手伝いのリクエストがあった場合、当社でお手伝いできるのは、空港のチェックインカウンターから搭乗ゲートまでとなります。車椅子をご利用で介助が必要なお客様のご搭乗人数には運航上の制約および制限が適用されます。事前に車椅子での移動のお手伝いのリクエストがなかった場合、運航上の制約および制限により、ご予約のフライトにご搭乗いただけない場合もございます。車椅子から機内座席への移動については、スタッフがスライドボードを使ってお手伝いいたします。ジェットスターは、お客様の移動にイーグルリフト、昇降機を使用しません。また、ジェットスターのスタッフが人力により持ち上げることもできません。同程度以上の介助を必要とされる場合、または希望される場合は、介助者とご一緒にご搭乗いただくか、ご希望の介助が提供可能な航空会社をご利用いただく必要があります。詳しくは、ジェットスターの車椅子とスライドボードを使った移乗をご確認ください。混雑時には、補助をさせていただくジェットスターのスタッフが到着するまで、お待ちいただく場合もありますので、ご了承ください。

フライト中

特別なお手伝いが必要な場合、チェックイン時にジェットスターのスタッフまでお知らせください。通常は最初にご搭乗いただき、乗務員が機内で個別に、安全についてのご説明をいたします。ジェットスターのスタッフが実施できるのは、スライドボードを使用した移乗のみとなります。お客様が必要なお手伝いの程度を満たしていることをご確認ください。詳しくは、ジェットスターの車椅子とスライドボードを使った移乗のページをご確認ください。

機内通路用車椅子

ボーイング787型機はすべて、フライト中にご使用いただける通路用車椅子をご用意しています。通常この機種は、長距離国際線で使用されます。スライドボードは、フライト中はご利用いただけません。そのため、機内座席と通路用車椅子の間は、お客様ご自身でご移動いただく必要があります。搭乗員は化粧室のドアまで、通路用車椅子を使った介助が可能です。ただし、化粧室内でのお手伝いはいたしかねますので、ご了承ください。エアバスA320/A321型機については、通路用車椅子はご利用いただけません。お客様は、ジェットスターのお一人でご搭乗可能なお客様要件を満たしていることが必要となります。ご予約の際、お客様を介助する同伴者をお連れいただく必要があるかをご確認ください。ご搭乗便の機種は旅程表または「予約の確認/変更」からご確認いただけます。

機内でご利用いただけるトイレ

ボーイング787型機には、42列目後方に車椅子用トイレを1つご用意しています。さらに同機種のトイレにはすべて、手すりが取り付けられています。機体幅の狭いジェットスター便(エアバスA320/A321型機)では、サイズ上の制約により、ご利用いただけるトイレはご用意しておりません。これらの機種にはご利用いただけるトイレや通路用車椅子がないため、必要に応じてご自分お一人で、または同伴者が付き添ってトイレに行っていただくか、若しくはご自分専用のトイレ(カテーテルなど)をご用意いただく必要があります。その点については、当日スタッフから確認させていただく場合があります。ご予約便の機種は旅程表または「予約の確認/変更」からご確認いただけます。


目的地にて

目的地に到着した時点で、手荷物受取エリアまでジェットスターの車椅子をご利用いただけます。手荷物受取エリアにてお客様ご自身の車椅子を含む移動補助具をお受け取りいただけます。必要に応じて、当社スタッフが手荷物受取エリアまでご案内し、スライドボードを使ってジェットスターの車椅子からお客様ご自身の移動補助具へ移乗するお手伝いをさせていただきます。可能な場合には、手荷物や移動補助具のお受け取りについてもお手伝いいたします。移動補助具を再度組み立てる必要がある場合には、ジェットスターのスタッフによるお手伝いできないため、お客様ご自身または同伴者に組み立てていただく必要があります。フライト後に、手荷物受取エリアで車椅子などの移動補助具をご返却いたします。当社は手荷物受取所までのお手伝いをいたします。到着地から先のご旅行(乗継便を含む)について、お手伝いを必要とされるお客様は、介助者の手配をお願いいたします。通常、乗継便への移動補助具を含む手荷物のスルーチェックは実施しないため、すべての手荷物をお客様ご自身で手荷物受取エリアにてお受け取りいただく必要があります。一部のフライトを対象に、最終目的地まで受託手荷物を一括してお預かりするスルーチェックインのサービスを提供している場合があります。詳しくは、乗継便の受託手荷物についてのページをご確認ください。

米国発着便でのご渡航 - 米国発着便の場合、手荷物受取エリアでの返却をリクエストしない限り、お持ちになった移動補助具は機体ドアからできるだけ近い場所で返却されます。