直行便で星3つがそろったオーストラリアの旅②
都市と自然が調和した楽園
「ゴールドコースト」へ

日本の約20倍の面積があり、独立した自治権を持つ計8つのエリアからなる連邦国家のオーストラリア。地域ごとに異なる魅力を誇る奥深い国の中でも、やっぱり体験したいのは日本にはない非日常的なリゾートライフ!というわけで今回は、年間を通して晴天の日が多く太陽に恵まれた楽園都市ゴールドコーストをPICK UP!コスパ・気軽さ・ワクワクの三拍子が揃った、ジェットスターで行く星3つの旅へ!!

さらに日本とオーストラリア両国間を結ぶ唯一のLCCとして、ジェットスターの直行便も再開!東京(成田)~ゴールドコースト線は片道42,000円~*週3~6便で運航中です。

ジェットスター公式キャラクターのジェッ太とお手頃&お手軽に行く、自然と都市が調和した世界屈指の人気リゾートを紹介します。

*エコノミークラス「Starter」片道運賃。機内持込手荷物は合計7kgまでとなります。支払手数料、空港使用料等が別途必要です。諸条件が適用されます。燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)は不要です。エコノミークラスには受託手荷物の料金は含まれません。ビジネスクラスは 30kg までの受託手荷物が含まれます。
※運賃、時刻は、2022年8月時点の2022年10月30日~2023年3月25日の運航予定スケジュールに基づきます。予告なく変更になる場合があります。

東京(成田)→ゴールドコースト便の
フライト検索はこちら

成田空港第3ターミナルからゴールドコーストへ

成田空港第3ターミナルからケアンズへフライト!
成田空港第3ターミナルからケアンズへフライト!

成田空港を21時に離陸して、約8時間40分の夜間フライト。有料オプションのエンターテインメントシステムやブランケットを利用すると、空の旅がもっと快適に。

日本との時差は+1時間。ゴールドコースト空港には朝6時40分に到着するから、年間平均気温24度、年間を通して晴天の日が多い極上のビーチリゾートで過ごす時間を、ゆとりを持ってスタートできるところも嬉しいポイントですね。

ケアンズ星3つの旅CONTENTS

ワクワク★★★
ビーチにグルメにショッピング…世界有数のリゾート
■サーファーズパラダイス(Surfers Paradise)

美しいビーチと都心部の高層ビル街が共存する「サーファーズパラダイス」。南北に約52km、広大なビーチがどこまでも続く世界屈指のリゾートです。

ビーチサイドには個性的なモニュメントが並び、SNS映え抜群なフォトスポットも充実。見て撮って歩いて楽しい、いいね!が増えること間違いなしのエリアですね。

ビーチと並行して道路を挟んだ通りには路面電車のトラムが行き交い、オシャレなショップやカフェ、雑貨店も揃っています。散策の休憩スポットとして、ビーチを眺めながらゆったりとくつろいでみては?

Surfers Paradise
サーファーズパラダイス
https://www.queensland.com/jp/ja/places-to-see/destinations/gold-coast/surfers-paradise


ワクワク★★★
クイーンズランドで最も高い展望タワーで感動の大パノラマ
■スカイ・ポイント(Sky Point)

ゴールドコーストを代表する海沿いの街「サーファーズパラダイス」の一角にあり、クイーンズランドで最も高い地上77階の展望タワー。高速エレベーターに乗って42.7秒で頂上へ。高さ235mから一望するゴールドコーストの海岸線や煌びやかな街並みは、まさに圧巻のひとこと!展望フロアには、中央にカフェスペースもあり、運河の街や広大な南太平洋の景色を、360度の大パノラマで楽しめます。

Sky Point
スカイ・ポイント
https://www.skypoint.com.au


ワクワク★★★
マイナスイオンに包まれて、洞窟に滝が流れ込む神秘の絶景
■ナチュラル・ブリッジ(Natural Bridge)

ゴールドコースト市街地から南西へ約60km。内陸に向けて車で1時間ほど走ると辿り着くネイチャースポットです。「スプリングブルック国立公園」内にあり、滝が流れ込む天然の洞窟というミステリアスな絶景を楽しめます。世界自然遺産に指定された地域でもあり、貴重な亜熱帯植物や野鳥を観察することもできます。また通称「土ボタル」と呼ばれる、世界的にも珍しい青白く輝く昆虫も生息しています。

樹齢約1000年!まさに手付かずの自然が多数!かつて先住民の人々は、大木の板根のカーブを生かしてブーメランを作っていたそうです。

駐車場から歩いて20分ほどの場所では、飛散する極上のマイナスイオンをたっぷりと浴びながら、岩の裂け目から神秘的な滝を眺めることができます。

洞窟内は先住民族の聖地と言われ、夜になると洞窟の天井に無数の「土ボタル」が青い光をほのかに放つ幻想的なシーンも。滝の上は溶岩層で、土台に穴が空いて洞窟内に流れています。果てしない年月を経て、川が堅い溶岩層を侵食してできた天然の橋で、残された天井部分の岩が橋のように見えることから「Natural Bridge」と名づけられたそうです。

Natural Bridge
ナチュラル・ブリッジ
https://www.queensland.com/jp/ja/things-to-do/attractions/p-56b25f942880253d74c479de-natural-bridge-springbrook-national-park


コスパ★★★
最高のロケーションを誇るオンザビーチのリラックスレストラン
■ザ・トロピック(The Tropic)

市街地から少し足を延ばして、眼前にビーチが広がる最高のロケーションとともに、NEWスタイルのオーストラリア料理を味わえるビーチレストランへ。ビーチとサーファーズパラダイスの景色の両方を楽しめる「バーレイヘッズ国立公園」の近くにあります。波乗りを楽しんだサーファーも気軽に立ち寄れるスポットです。

料理のジャンルは地中海スタイルで、地元のフレッシュな食材のみを使用しています。ゴールドコーストではオンザビーチのレストランは非常に数が限られており、多くの地元民もリピートする人気店です。

場所はトレンドを発信する街として注目のエリア。水曜~日曜の18時からは、人気DJによるイベントも開催。心地良い音楽とともに多くのゲストが盛り上がり、週末の夜は特に賑わいを見せています。

The Tropic
ザ・トロピック
https://thetropic.com.au


気軽さ★★★
開放感あふれる空間で味わう、焼きたてパンの魅力
■タルト・ベーカリー&カフェ(Tarte Bakery & Cafe)

「バーレイヘッズ」のメインストリートにある、タルトが魅力のパン屋さん。チーズやストロベリーのタルトをはじめ、クロワッサンやバゲット、ドーナツなど、ショーケースには美味しい焼き立てパンが並んでいます。白を基調とした店内と、木の温もりあふれるテーブル席や爽やかな風が気持ち良いテラスなど、開放感も抜群です。

黒い外壁もオシャレな店構えで、ちょっと小腹が空いたときに気軽に立ち寄れる、使い勝手の良いスポットです。写真は、人気商品のストロベリーカスタードタルトとシナモンスクロール。

Tarte Bakery & Cafe
タルト・ベーカリー&カフェ
https://www.tarte.com.au


ワクワク★★★
ブロードビーチの中心部にあるスタイリッシュホテル
■ドーセット・ゴールドコースト(Dorsett Gold Coast)

ゴールドコーストの中心地で、自動調光や自動温度管理など、環境負荷を減らすことも意識したサステナブルなホテル。全313部屋あり、高層階の眺望も最高!隣には大型ショッピングセンター「パシフィック・フェア・ショッピングセンター」があり、周辺にはセレクトショップも多数。新しいレストランやバーも徒歩圏内にあり、ゴールドコースト観光の拠点に最適なロケーションです。

超高層ビル群が目の前に迫るデラックスキングパノラミックルーム。

Dorsett Gold Coast Hotel
ドーセット・ゴールドコースト・ホテル
https://www.dorsetthotels.com/en/dorsett-gold-coast


気軽さ★★★
オシャレなカフェや雑貨店が勢揃い!
■ジェームズ・ストリート(James Street)

ゴールドコーストの中心部から車で約30分。「バーレイヘッズ」のメインストリートで、オシャレなカフェや可愛い雑貨店、最新のセレクトショップ等が軒を連ねるトレンド発信地。「レーンウェイ」なども合わせて、昔ながらの味わい深い路面店が並んでいるところも楽しい!

James Street
ジェームズ・ストリート


コスパ★★★
オーストラリアの現代美術を堪能する最新アートスポット
■ホタ(HOTA)

ゴールドコーストの中心部から徒歩圏内の場所にあるアートギャラリー。HOTA(=Home Of The Arts)は“芸術の本拠地”としてオーストラリア国内でも大注目!

常設展を含めて、全5フロアの現代美術館。ローカルアーティストによる作品をメインに、ゴールドコーストにゆかりのある世界中のアーティストによる作品も鑑賞できます。ギャラリーの作品は年に3~4回変わるので、いつ訪れても新たな気分でアートを楽しめます。

グランドフロアでは、ボディクリームやローションなどのスキンケア商品、Tシャツやバッグ、雑貨、アート性の高いグッズ等を販売するショップも併設。特設フロア以外、2~5階は無料で観賞できます。

最上階のカフェ&バー「エキシビショニスト・バー」でラテをお供に、チョコレートケーキとチーズケーキで至福のティータイムを。コーヒーやカクテル等のドリンクでリラックスしたり、バーフードをシェアして味わったり、色々な楽しみ方ができます。

ルーフトップだから、豊かな緑や運河などゴールドコーストの街並みも一望!

HOTA
ホタ
https://hota.com.au


ワクワク★★★
運河クルーズで、ゴールドコーストの魅力を異なる角度から
■hopoゴールドコースト・フェリー(hopo Gold Coast Ferry)

ゴールドコーストの運河を水上から優雅にめぐるクルーズ船。「サーファーズパラダイス」「ホタ」「マリーナミラージュ」「ブロードウォーター・パークランズ」「シーワールド」の5つの乗り場を行き交います。全周約2時間の船旅で、1日乗り放題の「ホップオン・ホップオフ」パスもあります(30ドル)。
「マリーナミラージュ」乗り場では、ジェットボート遊覧やベルサーチホテルのラウンジでアフタヌーンティーセットなども楽しめます。またマリーナミラージュ・ショッピングセンターでは、ハイブランドショップも注目です。

イタリア・ベネチアの9倍の長さを誇る運河で、ゴールドコーストの海の玄関口「ザ・スピット」にもつながる内海のウォーターフロント。波もあまり立たないから、快適な遊覧船の旅を楽しめます。運河沿いではウォーターフロントの豪邸を、内海ではヨットハーバーに停泊している豪華ヨットやクルーザーを間近に眺めることができます。

こちらは、ゴールドコーストを代表するテーマパークのひとつ「シーワールド」のすぐ近くにあるフェリー乗り場。

「ブロードウォーター・パークランズ」乗り場では、野生のペリカンなどを見て楽しめるローカルな散策も。帰りはゴールドコーストの街中を走るトラムを利用して、「サーファーズパラダイス」を含む都心部まで戻るコースもおススメです。

ゴールドコーストは運河が発達した街なので「サーファーズパラダイス」を中心に、ギャラリーのある「ホタ」や少しリッチなブレイクタイムを過ごせる「マリーナミラージュ」、海のアトラクションの豊富な「シーワールド」などフェリーを利用することで、各エリアをスムーズにめぐることができます。単なる移動手段としてだけではなく、クルージングを気持ち良く堪能することができるところが、ゴールドコースト運河クルーズの魅力ですね。

hopoゴールドコースト・フェリー
hopo Gold Coast Ferry
https://hopo.com.au


ワクワク★★★
極上のグリル料理とともに、ゴールドコーストの夜を満喫
■クリフォードズ・グリル&ラウンジ(Clifford’s Grill & Lounge)

都会を満喫できる最高級のグリルラウンジ。「サーファーズパラダイス」で最も人気のあるレストランのひとつで、ロマンチックな雰囲気のもと、ゴールドコーストの夜を彩る豪華ディナーを味わえます。店内はコンクリート打ちっぱなしの内壁やレンガ造りの間仕切り、壁にかかった複数のラジオ、天井からぶら下がるアンティークのミシン、テラコッタをあしらったフロアなど、ブルックリンスタイルのオシャレな空間です。

オープンキッチンがある店内では、ガラス越しにシェフが豪快にTボーンステーキを焼く姿など、ライブ感あふれる演出も楽しめます。

席間も広々とソーシャルディスタンスKEEP!落ち着いた雰囲気で、安心して食事を楽しめます。大きな窓からは、トラムが疾走する風景を眺めることもできます。特に夕暮れの街の雰囲気は最高です!

オーストラリア産ステーキなどの本格グリル料理を堪能できます。写真はTボーンステーキ、テイスティング・エクスペリエンス。タパスをはじめ、バルメニューも充実しています。

Clifford’s Grill & Lounge
クリフォードズ・グリル&ラウンジ
https://goldcoast.vocohotels.com/eatanddrink/cliffords-grill-lounge


気軽さ★★★
ビーチフロントのナイトマーケットでオーストラリアの屋台めぐり
■サーファーズパラダイス・ビーチフロント・マーケット(Surfers Paradise Beachfront Markets)

夕暮れ時からビーチ沿いにナイトマーケットが続々と登場。ナッツやはちみつなどのグルメからハンドメイド雑貨、アクセサリーショップまで屋台も数多く出店。夜の「サーファーズパラダイス」をのんびりと散歩しながら、一緒にお土産選びも楽しんで。水曜・金曜・土曜の週3回開催しています。

Surfers Paradise Beachfront Markets
サーファーズパラダイス・ビーチフロント・マーケット
https://www.surfersparadisemarkets.com.au/


コスパ★★★
絶対に外さない!オーストラリアのお土産おススメ①
■ティムタム(Tim Tam)

オーストラリアのお土産と言えば、人気のチョコ菓子「ティムタム」です。ビスケットに様々なフレーバーのクリームを挟み、チョコレートでコーティングしています。値段もお手頃で、オーストラリアでも世代・性別問わず大人気!

コスパ★★★
絶対に外さない!オーストラリアのお土産おススメ②
■T2(ティー・ツー)

1996年にメルボルンで誕生した、オーストラリア発祥の紅茶専門店「T2」。イギリスの植民地だったオーストラリアには、今もイギリス文化が色濃く残っていますが、紅茶もそのひとつです。「T2」のロゴが入ったボックスがカラフルで可愛いくて、お土産にほど良いサイズ感も嬉しい。独自にブレンドされたフレーバーティー、フルーツティーなどが人気です。


ジェットスターで行く星3つの旅でゴールドコーストを満喫しよう!

海外旅行を切望する人に今おススメのデスティネーションと言えば絶対オーストラリア!コロナ禍以前とほぼ変わらないの出入国も可能となり、またオーストラリア国内もほぼ制限なく旅行でき、観光エリアも徐々に活気を取り戻しているようです。美しいビーチや熱帯雨林、近代的な街並みなど、オーストラリアの魅力を凝縮したコロナ疲れを癒してくれるゴールドコーストへ。東京(成田)からジェットスターの直行便を利用して、コスパ・気軽さ・ワクワクの三拍子が揃った星3つの旅へ行こう!

東京(成田)→ゴールドコースト便の
フライト検索はこちら
※記事内容は全て2022年8月時点の情報です。
飛べ飛べオーストラリア!
Topへ

Good Travel, No Trouble

事前準備でより快適な旅を♪スムーズな旅のコツをご紹介。新たなムービー公開!

セール情報をいち早くGET!

セール情報をいち早くGETするなら、マイアカウントからメール登録!

スマホひとつで空の旅

スマホで搭乗!モバイル搭乗券を使えばペーパーレス♪ 預ける手荷物がなければ、チェックインカウンターに並ばずにそのまま保安検査場、搭乗ゲートへ。

バウチャー払い戻しオプション

旅行の急な日程変更や取りやめの際に便利。運賃の払い戻しに対応した「バウチャー払い戻しオプション」で安心をちょい足し♪