ジェットスターでは、お一人でのご搭乗がむずかしいお客様の介助や監督に対して責任を持って行うために必要な体制、スタッフ、設備などを備えていないため、原則として、お一人でのご搭乗が可能なお客様、すなわち介助や監督なしで安全にご旅行いただけるお客様を除いては、適切な同伴者なしでのご搭乗はご遠慮いただいております。ただし、歩行障がいのあるお客様認定された補助犬を連れてのご搭乗が必要なお客様(ジェットスター航空(JQ)、ジェットスター・アジア航空(3K)、ジェットスター・ジャパン(GK)のみ)、視覚障がいのあるお客様、聴覚障がいのあるお客様携帯用酸素濃縮器/医療用酸素ボンベの使用が必要なお客様については、特別介助をさせていただいております。

ご予約の際に医師の診断(メディカルクリアランス)お体の大きなお客様ジェットスターアクセス促進プランまたはアメリカ発着便などの該当項目もご確認ください。


医師の診断 — メディカルクリアランス

お客様の健康状態が理由でご搭乗いただけないことはほとんどありませんが、病気やけがの状態によっては、医師の診断を受けていただき、ご搭乗前にジェットスター指定のトラベルクリアランスフォームの提出をお願いする場合があります。

ジェットスターでご予約いただく前に、お客様の症状では、トラベルクリアランスフォームをご提出いただく必要があるのか、あるいは飛行機のご利用を控えていただいた方がよいのかをご判断いただくため、ご利用の運航会社別に用意されたトラベルクリアランスフォームをご確認くださるようお願いいたします。ご利用の運航会社によっては、事前にトラベルクリアランスフォームのご提出をお願いする場合があります。

ご利用になる運航会社のトラベルクリアランスフォームをご覧ください。

ジェットスター・パシフィック航空(BL)は、医師の診断(メディカルクリアランス)が必要なお客様にはご搭乗いただけませんので、ご注意ください。

お体の大きなお客様

お座席両側の肘掛けを下げることができない体格のお客様、またはお身体の一部が隣の席に触れてしまうお客様には、追加のお座席をご購入いただくか、ビジネスクラスの設定があるフライトではビジネスクラスのお座席をご購入いただくなど、ご搭乗前に必要に応じた数のお座席または客室クラスをご予約いただくことをお願いしております。

ジェットスターアクセス促進プラン —お身体の不自由なお客様へ—

ジェットスターでは、オーストラリア国内線に搭乗され、特別介助を必要とするお客様についての重要事項を記載した、「Disability Access Facilitation Plan(お身体の不自由なお客様のためのアクセス促進プラン)」を定めています。この「アクセス促進プラン」は、オーストラリア国内のジェットスターの運航(すなわち、オーストラリア国内の空港およびオーストラリアの国内線)に適用されます。

アメリカ発着便については、法規制要件が異なるため、対応が異なることにご注意ください。またジェットスター航空(JQ)が就航している空港でも、都市によってそれぞれ対応が異なります。「アクセス促進プラン」は、オーストラリア以外の空港には適用されません。

ジェットスターのお身体のご不自由なお客様のためのアクセス促進プラン(英語) opens in new window

アメリカ発着便

2008年5月13日に、米国運輸省の「Final Ruling on Non-discrimination on the Basis of Disability in Air Travel(航空機における障がいに対する差別の禁止に関する最終決定)」が発効しました。ジェットスターは、この最終決定の大半を遵守する義務を負う航空会社です。ACAA Final Ruling - DOT 14 CFR Part 382 Non discrimination on the Basis of Disability in Air Travel、Final Ruling - Federal Register / Vol 73. No.93 / Tuesday May 13 2008 Rules and Regulation(ACAA最終決定-米国運輸省14 CFRパート382航空機における障がいに対する差別の禁止、最終決定-連邦登録/第73巻第93号/2008年5月13日(火)規則および規制)の全文をご覧になるには、こちら opens in new windowをクリックしてください。ジェットスターは現在アメリカのホノルル行きを運航しております。ホノルル発着便につきましては、車椅子での介助を必要とされるお客様の人数に制限を設けておりません。